ツゥーローシャブル村は平地が無く、斜面にへばり付くように家が建ち並んでいる。


 10月30日、私は家庭の事情で、ツゥーローシャブル村が今回の最終地点。ここから1人シャブルベンシを経由して下山した。7時30分のバスに乗るため、日本語ガイドのバイラジャ君、バルク村の現地ガイド・サムデン君、キッチンボーイ(シャブルベンシに到着後トレッキング隊を追いかけて行った)1人に荷物を担いでもらい、村人だけが通る悪路を朝4時サーダーやメンバーに見送られて下山した。


シャブルベンシの町並
シャブルベンシの町並みは、25年前と変わらないが、新しい建物が増えていた。


 前日、サーダーがシェルパ1人をシャブルベンシに行かせ、運転手のすぐあとの座席を確保してくれていたので、殺人バスにも座ることが出来た。ドンチェ村の先、道路崩壊ヶ所を40分歩くと、迎えのトヨタのランドクルーザーが待っていた。ここからは天国、ゆったりと帰路を楽しむ。


出迎えのランドクルーザー
出迎えのランドクルーザー。下は桜の大木。


桜の大木


 今日はトリスリバザールに宿泊の予定であったが、カトマンズまでとばすことにする。カトマンズに到着、シーガルトラベルの事務所に立ち寄り、カトマンズのホテルより景観の良いナガルコットのホテルを予約してもらい、日本語ガイドと2人でナガルコットに行く。ナガルコットに2泊し、のんびりガネッシュ、ランタンの山々を眺め堪能した。

ガネッシュ山群
左からW峰(7102m)、U峰(7150m)、T峰(7406m)ナガルコットにて


 10月26日岡山を出発、タイのバンコクを経由して27日カトマンズに入り、28日バスにてツゥーローバルク村に到着。こからトレッキング。ツゥーローシャブル村までのわずかなトレッキングでしたが、旧知の仲になったサーダー・アンプルバ君、カトマンズから同行してくれた日本語ガイドのバイラジャ君、バルク村で雇った現地ガイド・サムデン君は、本当によくサポートしてくれました。トレッキング隊のシェルパのラクバドルジェ君は、昨年定金氏に色々日本語を教えてもらったと、手帳にある定金氏のサインを見せてくれた。昨年武田氏のサポートをした、カレナ君もカトマンズのホテルで出会い、武田氏からのプレゼントに喜んでいました。昨年のシェルパ達の写真もサーダーに渡し配布をお願いしました。今回ティキャプサカルカで大村正行氏が高山病で倒れ、ヘリコプターで救出されましたが、シーガルトラベルのラム社長の懸命のお世話で、事なきを得ました。
 
 山登りも楽しいものですが、ネパールの人達との交流にこそ、現代の日本の生活で失ったものを思い出させてくれる、人の温かさを感じる旅でした。
 
 10月30日以降のトレッキングの模様は、5520mのヤラ・ピーク登頂に成功した大内基靖氏に後日報告してもらいます。


<<戻る

HOME