<<HOME
中国の黄河源流とアムネマチン山麓のたび
報告者:日覚俊輔

登山ではありませんが,
中国の青海省を,2340キロ走破した体験は,
登山と同様に,記憶にのこる旅でした,
以下に体験記

青海省の省都・西寧は,
高度2270米の快適な高原の大都市です
それから,トヨタの4輪駆動車で,
青海湖〜共和〜馬多とはしる
ここまでは,舗装した片側1車線の道路で,
約100キロで走行可能 ですが,
高度4000米をこえると,永久凍土がある,
道に「慢」の表示 車は約60キロに減速する,
これは凍土がとけて,波打っているので
100キロでは,車は空中にはねあがる,

馬多の町,高度4200米は
黄河の源流のオリン湖への探訪の基地の町,
ここからは,悪路です
砂利道,時るは泥道で車はスタッグして沈み,
小石をあつめて,道路にまいて脱出,
橋のない川を車で突破したりして,
馬多の町から,約160キロ 約6時間かかり,
オリン湖に到着,途中は荒野で,
野生のろば,鹿も散見

オリン湖は,国立公園で,関所があり,
料金をはらって入園する,
なかには 売店やトイレもなく,
自然がそのまま保存され,
青い湖面がひろがる
遠くに白銀の山もみえるが,
名前を現地の方も,知らないといわれる

翌日には,馬多〜馬心へ移動する,
距離約400キロ,約10時間の悪路
川には橋がなく,砂利道が主体,
悪路ですが,青海省の高度4000米の風土がよくわかる,
半分はやく牛の放牧地,あとは,荒野で,
時には車を とめて,高山植物をさがす,
写真の青い花ブルーポピーが,名花のようだ



この花は,大阪の万博の時に,
ヒマラヤの名花として,日本に紹介された
この花は,高度4000米以上の北側の
岩のおおい荒野に,凛と咲く名花だ

馬心の町高度3800米に宿泊して,
翌日は,アムネマチン6282米の山麓へ
氷河のみえる地点まで往復,
距離は240キロ,観光した時間もいれて約11時間を要した,
道路はあんがいよくて,
半分は,しっかりした砂利道 橋もかかっている,
周囲はやく牛と羊の放牧地帯,
羊の毛を刈る風景も 見学できた,
しかし,アムネマチン6282米のちかくは,荒野で,
川を車でわたり,落石の谷間,
高度4500米前後の峠を,約4ケはこえて,
山麓の氷河のみえる地点まで到着,
ここで道路はなくなり,前進はここまで
山の上部は,雲におおわれて,全貌は見えず残念,
氷河の山の姿は感動的だった,

青海省の奥地の風土もよいが,
遊牧する人達もすごい
印象的なのは,どんな奥地でも,
ラマ寺院があり,あつく信仰されてる
奥地にあるラマ寺院に参拝するが,
住職の奥様が,バターお茶で接待していだだき,
冷えた体にはおいしかった,
訪問したのは7月ですが
馬心・高度3800米では,朝は地面に霜がおりている,
昼間は気温25度 まで上昇する,
むろん,紫外線は強烈,空気は透明,
空は紫青がひろがる

以上,記憶をもとに,まとまりのない内容ですが,
価値のある黄河源流と アムネマチン6282米の山麓の花の旅でした。
貴殿の一読に感謝します。

1964年岡山大卒業,医師職は引退,
各地を旅し現地の方と握手が楽しみ

<<HOME