<<HOME
2007年エベレスト・トレッキング報告
報告者:山崎

写真 山崎氏

2007/10/27 『ネパールへ』

岡山駅前に5:00集合。
直行バスで関西国際空港へ向かう。
8:35に関空着。
直行バスはタイ航空のチェックインカウンター付近に着き、
一旦荷物を集めて人数確認。
思えば今回のトレッキングで
頻繁に行っていた人数確認の、
これが最初であった。

往復の航空券を配布し、
それぞれトイレや食事のためにしばし解散。

・・・7月の岡山県山岳連盟理事会に
出席していたときだったか、
今回のトレッキングを国体記念事業として
県岳連の公式行事とすることが決定された。
長年細々と山岳ガイドを業としてきた私としては、
大学山岳会の諸先輩や県下各山岳会の先輩方の
端っこに所属させていただき、
私などよりはるかに長く、
戦後アルピニズムの黎明期から
活躍されてきた先輩方の驥尾に
付させて頂いている。
そんな先輩方の1人である県岳連会長から、
このトレッキングの実行委員長として
現地まで同行するようにと言いつかったわけだ。
突然であった。
参加するにしても日常の仕事をどうするか、
それでなくとも最近慌しく
心乱れている自分を自覚している、
そんな状態で10日以上も
トレッキング隊をマネジメントできるのか・・・・、
そんなことを一瞬のうちに考えたが、
人間的にも尊敬する会長からの推薦でもある、
次の瞬間にはこの役割を引き受けていた。
自分自身を見詰めなおす機会を、
求めていた矢先だったのかもしれない・・・。

チェックインカウンターは
受付開始時間直ぐには込み合う。
30分ほどたって少し空いてきたところで、
戻ってきた人から数名毎にチェックイン。
その後直ぐにセキュリティと出国審査を済ませ、
出国ゲートにてタイ国際航空TG623便を待つ。

関空を発った飛行機は、
現地時間15:35にバンコクへついた。
今夜の宿泊先、グランドインカムホテルの
送迎バス2台に分譲して、
スワンナプーム新空港から
500Mくらいの近さのホテルへ15分。
初日は荷物の整理もあるので
シングルルームとした。
夕食はホテルから歩いて直ぐの
地元人専用の食堂へ行ったが、
口に合わない食べ物も多かったのではないだろうか?
思い切って食べれば安くて上手い。
しかし旅の初日には少し疲れる夕食だったかも知れない。

<<HOME

2007/10/28 『浮雲の思いの人々の国』
ホテルのビュッフェで朝食をいただき、
送迎バスで新空港へ。
タイ国際航空TG319便でバンコクをあとにする。
ここでは出国税が1人700バーツ(約2,450円)が必要だそうだが、
団体受付カウンターではじめてそれを知り、
早速集金して空港事務所で支払う。
セキュリティチェックはわりと簡単。
しかし新空港はとても広いので、
搭乗ゲートまではかなりの歩きを強いられる。

現地時間12:45、
日本とは3時間15分の時差があるので
日本時間では午後4時、
ネパール王国(今のところ・・・)の首都カトマンズに到着。
ボーイング777の後部タラップから地面に降りる。
空港内なのでコンクリートの地面ではあるが、
久しぶりにカトマンズ標高1,300mの
大地に足をつけることが出来た。
すぐに人数確認してイミグレーション(入国審査)へ。
今回はツアー会社に段取りを
依頼しての旅行ではないので、
ここで自分たちでビザの申請をしなければならない。
日本から用意してきた写真と、
県岳連事務局のFさんが
参加者1人づつに配布した30US$の
ビザ代金を申請書と共に提出。
イミグレーションの手前の
銀行カウンターでビザ代金を支払い、
入国審査を終えるのにかなりの時間がかかる。
係員はそれぞれ知り合いと雑談しながら
ノンビリと仕事を進めている。

空港を出ると、通訳のバイラジャ=シュレスタが出迎えてくれた。
そのままバスに乗り込んでマナスルホテルに向かう。
相変わらず、空港からバスに乗る間に
勝手に荷物を運んで賃金を要求するものが数名。
かわいそうだが、いまは遊んでいる暇がないので
『ホイナ!(NO!)』
と一蹴してしまった。
彼らも自分と家族が食べてゆくことに精一杯であろう。
集金を諦めた彼らの立ち去る姿は淋しそうだった。
またまた、旅行者である自分の無用の感傷にいらだつが、
それも自然の感情に任せようと思う。
とにかくマナスルホテルへ
参加者全員を無事に送り届けることだ。
皆さん長旅で疲れても要るだろう。
明日からはトレッキング本番。
今夜はゆっくり休んでもらわねばならない。

ホテルに向かうカトマンズの町は、
やはり交通渋滞と排気ガスと埃で
ひどい有様である。
王宮前を通過。
今この王宮には国王家族はいないはずだ。
曲がりなりにも機能していた民主制を
国王が強権で停止し親政を強いてから数年、
それらの動きと長年積み重なる
貧富差や地主制度に反発し、
最終的にはカトマンズ以外の地方を
中心に国土の7割以上を
自治区として実質武力支配した
毛沢東主義ゲリラグループ(マオバディ・マオイスト)の
活動が活発化した。
その数年間、登山やトレッキングで
ネパールを訪れる旅行者が激減し、
老舗のホテルシェルパなど
多くのホテルやエージェントが
体力を使い果たして破綻した。
この夏にネパール政府と
毛沢東主義ゲリラグループの和平交渉が実現し、
マオイストは議会に席を占めることとなった。
議会は武装解除をしていないマオイストの
瀬戸際交渉術(いつでも連立政権を離脱して
闘争に戻る覚悟)におされ気味。
王宮を国有財産とするとの決議を
議会採択したことに国王が反発、
というか半ば拗ねて王宮から出て行ってしまった。
今は王族のプライベートな
資産である別荘に滞在しているという。
国内の貧富さ、それを生み出す行政制度の腐敗は
確かにひどいものがある。
ヒンズー独特の混沌を
政治がそのまま反映している感じだ。
もっと救いがたいことは、
そのような貧富の差そのものは
結果として受け入れざるを得ないものの、
その是正を期待できるような
教育やビジネスの機会まで、
富める階層が独占していることだろう。
地方で児童労働を強いられている子供たちに
もっとよりよい教育と子供らしい子供時代を
保証することが政治の義務である。
しかし、そのような改善を標榜しているはずの
マオイストですら、指導者連中は本当の貧困からは
遠いところで、貧困を取り扱う政治ゲームに終始している。
そして貧しいものは、
他の貧しい同胞に対して厳しく闘争心をあらわにし、
富める者には愛想をする。
人間の自然状態は、
万人の万人による闘争であるのか、
その混乱を避けるために、
人間の天賦の権利を政府(または国王)に対して
譲渡する社会契約論も、
もはや王政を合理化する理論とはなり得ない。
悲しいことだが、
この国に公平が実現することは
もう無理なのだろうか、
国としてまとまってゆくことは
出来るのだろうか・・・
古京はすでに荒れて、
新都はいまだ成らず。
ありとしある人は
皆浮雲の思いをなせり。
というわけで自己防衛本能むき出しで
バラバラになっている。
すべてを決めるのは我々旅行者ではもちろんないし、
国連の監視団でもない。

夕食はマナスルホテル(小ぢんまりとして
庭園と赤レンガの建物が良い)のレストランで
ネパール料理をビュッフェ形式で頂く。
今夜限りでアルコールを控えてください。
とは言ってみたものの、
皆さん、いや何人かはかなりの上戸のようだ。
少し心配だが、上戸には上戸の自己管理方法がおありだろう。
ノンアルコールを強制はせず、
よく様子を見てゆこう。

<<HOME

2007/10/29 『歩き出し』
早朝、カトマンズのトリブバン空港へ。
順調にルクラフライト。
途中、ガウリシャンカールや
メルンツェなどを眺めながら、ルクラ着。
ルクラでサーダーの
ラクパ=テンジンらと合流。
昼食にネパール式ラーメン”チョウチョウ”を食べて、
ヤクの行き交う道をパグディンへ下る。
約2時間でパグディンのロッジ着。
Tさんはここからマイシェルパを
雇用することとなった。

パグディンではMさんの体調が悪く、
日本から持ってきたうどんと梅干で
何とか食事を取った。
SさんとDさんは同宿のドイツ人に
チーズするめを食べさせてしばし国際交流。

<<HOME

2007/10/30 『心配』
パクディンを出発し、
ナムチェバザールを目指す日。
Mさんは体調回復。
Tさんと相談し、馬を雇って
ナムチェまで行っていただき、
そこでステイしていただく方針とすることになった。
足の調子が悪く、
パグディンで待つという希望であったが、
ここパグディンでは
いざというときの医療施設も貧弱であったので、
何とかナムチェまで頑張っていただく。
谷沿いの道をジョサレへと辿り、
モンジョで昼食。
エベレスト(サガルマータ)国立公園の入園手続き後、
Tさんに体力的な無理が出始めた。
馬に乗るのもかなり体力的にきつく、
また勾配の強い部分では
徒歩になるためだ。
ナムチェへの高度差600mの
坂の手前のつり橋でTさんが
酸素ボンベを希望。
先行する本隊から、サーダーに
酸素ボンベを運んで降りてもらったが、
Tさんの症状は足の痛みと強度の疲労で、
ここからの登りを克服するために
酸素吸入は解決にならないようだ。
サーダー到着後、
無線でK会長と相談し、
無理をさせないことを最優先し、
シェルパ2名をつけて
Tさんをモンジョまで下ろすことに決定。
明日以降の体調により判断する必要があるが、
モンジョで1日ステイの後、
パグディン、ルクラを休みながら下降していただき、
最終的にはルクラで合流することとなる。
Tさん一行が吊橋を後にして出発、
私とサーダー、通訳のバイラジャとポーター1名で、
本隊に追いつくべくナムチェ(3,440m)へと登りを急ぐ。
体調は申し分なく、
サーダーと比べてもかなり速いスピードで登れる。
本隊から遅れること10分ほどで、
14:25にサーダーが経営する”さくらロッジ“に到着。
ロッジからモンジョのロッジに電話し、
Tさんが無事到着していることを確認。

<<HOME

2007/10/31 『初めて見る最高峰』
ナムチェからホテル・エベレストビューホテルを往復。
急な坂道をシャンボチェへゆっくり登り、
エベレスト、ローツェ、アマ・ダブラム、
タムセルクなどの大パノラマを楽しみ、
ナムチェへ戻った。



山々の素晴らしい眺めに感動。
エベレストには圧迫感を感じない。
登っていいと教えられている気がする。
ルートを目で追うと、
今年のポストモンスーンは雪が少ないように見えた。
ノーマルルート南東稜は
ずいぶん黒く見える。
夜半より、激しい下痢と腹痛。
私以外の皆さんは概ね健康。


写真 ナムチェ

<<HOME


2007/11/1 『ナムチェに足止め』
ナムチェを出発。
タンボチェを目指す。
見晴らしのよい水平道をテシンガへ。
山崎以外の本隊は、
一旦、谷底のプンキへ下り、
ここから高度差600mの坂をゆっくり登って、
山群有数のパノラマを誇るタンボチェ(3,870m)へ到着。
山崎は本隊より2時間遅れで出発するが、
下痢と嘔吐がおさまらず、
ナムチェを出るタルチョーまででロッジに引き返す。
ロッジでまた薬をもらって服用するが、
薬の飲みすぎ(胃腸薬・整腸剤・正露丸・
パンシロン・ネパールの薬)だろう、
2リットルほどの緑の液体を吐き出す。
ナムチェは断念。
オレンジジュースを三度の食事として寝て暮らす。

<<HOME

2007/11/2 『ナムチェの苦悩 その1』
本隊はタンボチェ滞在でタンボチェの
裏の小ピーク(4,198m)に登頂。
山崎はナムチェのさくらロッジで寝たきりであるが、
サーダーの娘さんにもらった薬が効いたのか
胃の辺りはGOOD。
まだ下痢はきついが、
水便にも少しづつ色が戻ってきた。
三度の食事はやはりオレンジジュースである。
まともに食べられないので体が芯から寒い。
ふと手を見て、しわしわに干からびていることに驚いた。
バイラジャとの電話打合せで、
本隊は小ピークと登頂の後、
ゴンパを訪問してロッジに帰ることとする。
皆さんは
『最高!』
と感想を言われていると聞いた。
今回の旅の目的は
何とか達成されただろうか。
夜頃からOさんの体調が悪化、
酸素吸入を行う。

<<HOME

2007/11/3前半 『ナムチェの苦悩 その2』
まだ下痢は続いているが、
少しづつは良くなっているようだ。
少なくとも透明の水便ではなくなった。
今日のランチには少しだけ固形物を食べてみようか。
ポットにまだ半分以上残っていたオレンジジュースを
ロッジのおばあさんが持っていってしまった。
そのかわり昼にダルバートをお願いした。
本隊とトランシーバーが繋がるかもしれないと、
ナムチェからタンボチェに向かう丘の上まで登った。
尾根越しにアマ・ダブラムが見える。
期待して登り続けると、
不意にエベレストが見えた。
タウチェもローツェもOK。
天気も良し。
シーバー交信を試みながら、
別れ難いエベレストをしばし眺める。
今回はもうこれで最後だろうと、
じっくりとエべレストを目に焼き付けて
丘の上を去った。
ナムチェに下る途中で
ドイツ人のグループに道を訊かれた。
タンボチェ方面に行きたいらしい。
ランチにダルバートを食べた。
久しぶりの固形食。
なかなか美味しかったが、
胃が小さくなり始めているのか、
食べていると苦しくなってきた。

<<HOME

2007/11/3後半 『高度障害』
本隊はタンボチェから往路をナムチェへ戻り、
16:00に全員ナムチェに到着、
山崎と合流した。
途中、Oさんの疲労はかなり強くなっているようだ。
シェルパやポーターに背負われて
ナムチェに降りたものの、
ロッジでは酸素吸入しながら寝ているしかない。
Mさんも少し疲れ気味で
酸素を使用するが、
こちらは短時間で回復。
Oさんには夜中も酸素吸入するように手配し、
食事もお粥を部屋まで運んで
食べていただくが、
かなり顔色が悪い。
K会長と相談して、
明日はOさんをヘリでカトマンズまで下ろし、
できる限り早く医師の診断を受けさせることに決定。
昨日のうちにナムチェに降ろすことも考えたが、
やはりそうしたほうが良かったのだろうか?
しかし、昨日はナムチェまで降りる時間が足りなかったことも事実だ。
直ぐにカトマンズのラムさんに電話して、
明日早朝のヘリを手配、
その後空港まで出迎えて
病院に行くまでの段取りを打合せ決定。
一切の費用はラムさんの会社で
一時立て替えていただき、
後日清算とする。
また、病院などで英語での会話が
必要なこともあり、MさんにOさんの付き添いをお願いする。
ところで、本隊と一緒に私を残したまま
タンボチェに行ってきた私個人の荷物バッグが
やっと戻ってきた。
待ち焦がれていたのはパンツだ。
履いていたものは汚れたので捨ててしまった。
それ以来3日間は尻に
トイレットペーパーをあてがってのノーパンである。
睡眠中に突然下痢に襲われ、
ズボンまでその被害にあった時などは、
ノーパンのトイレットペーパーに
直接レインウェアを着て寝た。
・・・人間こうなってしまえば、
実にたわいのないものだ。
オレンジジュースと薬とトイレットペーパーを
持ってきてくれるシェルパニだけが頼りなのだ。
大事なのは、
たわいのない自分を受け入れて
生かしてくれる人や自然に、
愛情を持って生かしてもらうことではないだろうか?
この晩、Fさんはロッジ内のゴンパ(寺院)部屋に
泊まることとなった。
K会長も同室だったが、
ゴンパ部屋の独特の居心地から
食堂で寝ることにされたらしい。
私はこのロッジの娘さんの部屋を
与えられたが、寝台が小さすぎるので
K会長と同じく食堂で寝ることとする。

<<HOME

2007/11/4 『救出と再会』
この日はOさん、MさんとTさん以外の本隊で
ナムチェを出発、ルクラに帰る。
5:00起床。
夜半からOさんの酸素ボンベ交換に
人が動いている。
シーガルトラベルのラムさんとの電話連絡で、
ヘリフライトは予定通りOK。
6:00に朝食を頂いて、
本隊はルクラへ出発。
Oさんにはサーダーのラクパ=テンジンと
Mさんが付き添って、
ナムチェ街区上部にあるヘリポートから
カトマンズへ飛ぶ。
Oさんは夜中に酸素マスクを外すと咳き込み、
のどの痛みなど風邪のような症状となている。
軽い高度障害と極度の身体的精神的疲労というところか?
とにかく、一刻も早く安全にカトマンズの病院に送り届けたい。
身体を壊してはしまったが、
それだけ辛い思いをしなければ
見られない光景を見てきたのだと、
無事帰国後に思っていただきたい。
私にとっては思いがけず
長いことお世話になったナムチェバザールに別れを告げ、
ロッジのゴンパ部屋で般若心経を読経3回。
お土産に祭壇の仏陀の前においてあった組紐を頂く。
我々はドゥードゥコシ沿いの道をルクラへ向かう。
Fさんは昨日から胃腸を壊して、
頻繁に林の中に入っておられるので気の毒だ。
私のほうは、ヘリの手配や病院の手配で
忙しく動いているうちに直ってしまったらしい。
ナムチェからの急坂を降りる途中で、
Oさん、Mさんを乗せたヘリが
頭上高くを飛び去った。
カトマンズ空港ではラムさんとプラビンさんが
待機してくれているはずだ。
それにしてもナムチェまでの道は遠い。
最後にパグディンからルクラへの登りは、
体力を消耗している場合はかなり辛かったと思う。
AさんとDさんが疲れている。
シェルパメンバーが大勢ついてサポートし、
励ましながらひたすら歩くのみ。
17:00前。小雨が降る中を全員がルクラに到着。
Aさんは感動の涙。
皆、本当に辛い道程だった。
ナワン=ユンデンのロッジに入り、カトマンズと通信。
Oさんはラムさんと病院にいるとのこと。
酸素吸入を止めると症状が悪くなる
(血中酸素飽和濃度が酸素吸入中の
90%台から70%台まで落ちる)ので、
まだ病院からは出られないが
命に別条はないとのこと。
これで一安心。
お別れパーティーは日本・ネパールの歌と踊りで盛り上がった。
ルクラで元気に合流されたTさんを含むトレッキング隊員、
シェルパたち、キッチンメンバー、ポーターや
ヤク使いまで加わって、
全員で歌って踊ってお開き。
パーティーの最初にK会長の要請で
岡山大山岳部歌(六高山岳部歌)を歌ったのだが、
歌詞をすっかり忘れている。
明日はカトマンズフライトで5時起き。
いろいろあって疲労しているのか、
9時には寝てしまった。

<<HOME

2007/11/5 『旅の終わり』
ルクラ発カトマンズ着の予定。
早朝、ルクラより国内線航空機でカトマンズへ。
朝一番シリーズ便の3番目の飛行機であった。
操縦士はルクラに来たときと同じ。
カトマンズ空港への着陸は旋回しながらのアプローチで着陸した。
良い腕である。
マナスルホテルでMさんと合流。
昨日のヘリフライト以降の詳細な報告を頂いた。
本当にありがとうございました。
しばらくしてOさんも合流。
意外と元気そうで安心。
昼ご飯はカトマンズの日本料理店『古都』で
すき焼き定食やカツどんを食べる。
言わずもがなだが・・・美味しい。
その後、ダルバルスクエアから
アサントーレ、タメルを通って歩いてホテルへ帰る。
途中タメルでFさんとバイラジャ一行に
ばったり出くわして、お土産購入。
お酒も考えたが、
ご本人へはトピ(ネパール式帽子)、
奥様にパシュミナという組み合わせで購入。
夕食はネパール料理と民族舞踊。
観客注目の中で1人踊りだすFさんのパワーに度肝を抜かれる。

2007/11/6 『日本へ』
朝からFさんとタメルへ。
今回世話になったバイラジャに参加者皆さんの寸志で
ノースフェースのザックを購入。
寄せ書きと一緒にプレゼントした。
カトマンズ発は滞りなく、
長いフライトとバンコクでの長いトランジットを経て、
11/7早朝に関西国際空港に帰ることができた。

<<HOME