<<戻る
<<HOME
ネパール、見たり、聞いたり、考えたり
岡山大学山岳会 大森 武生


はじめに
1949年創部された岡山大学山岳部、
そのOB会との合同組織「岡山大学山岳会」は、
地方大学山岳会してはヒマラヤに少しばかり足跡を残してきました。
1967年、学生・磯部広勝が単独でランタン山群、
エベレスト山群を踏査したのに続き、
1973年には山岳会として組織的にガネッシュ山群、
ダウラギリ山群、ランタン山群を踏査した。
これが後の初登頂遠征計画へと発展したのです。

・ 1975年5月 ダウラギリX峰(7618m)初登頂/隊長:楳木栄一
・ 1979年10月 ガネッシュ・ヒマールU峰(7150m)初登頂/隊長:大森武生
・ 1986年10月 トリプラ・ヒウンチュリ(6553m)初登頂/隊長:田中源三郎
・ 1990年7月 ガッシャーブルムT峰(8068m)西陵初登攀/隊長:黒田治久



ダウラギリX峰初登頂(1975.5.1)



しかし、それ以後遠征計画は、10数年間盛り上がらず、
2000年に成って、若手が再度8000m峰への挑戦として、
「2002年ダウラギリT峰遠征計画」が立案された。
私が遠征事務局を担当することとなり、
遠征物資の輸送経費削減の為、
ネパールへのトレッカーに手荷物として運んで貰うために、2000年から
「岡山大学山岳会ヒマラヤトレッキング計画」が計画されたのです。
しかし、2001年ネパール王室で殺人事件が勃発し、
政情不安が広がり、加えてマオイスト(毛沢東主義共産党)によるゲリラ活動が頻発し、
遠征計画は中止せざるを得なくなりました。
既に300Kgの物資はカトマンズに集積が終わった段階での中止は、
山岳会組織に大きなダメージを与えてしまいました。
それに加え、ここ10数年来山岳部に入部する学生が
極端に少なくなり(06年現在2名)、
山岳部そのものが廃部の危機にさらされてきました。

そこで、スタートしたばかりのヒマラヤ・トレッキングだけでもと、
山岳会の事業として継続してきました。
参加者は山岳会員だけに限定せず、
旺盛に活動している市民トレッカーにも解放し、
昨年の「エベレスト街道・トレッキング」で、
2000年から11隊目、延べ人数93名の方々を
「ヒマラヤの未知なる生活体験の旅」へと、ご案内しました。
2000年からトレッキング事業に事務局として関わって来ましたが、
私も70歳を迎え、そろそろ体力の限界も見えてきましたので、
私が担当する最後のトレッキングとして、
世界の最高峰エベレストを眺める旅としてエベレスト街道を選択したのです。


1.政情不安が無くなったネパール
2000年からトレッキング事業を担当して、
いつも困難を感じてきたのは、ネパールの政情不安でした。
毎年観光シーズンの春に、首都カトマンズでゼネストが発生し、
マオイストによる政府機関襲撃事件が勃発し、
それに対抗する軍隊による交通検問が強化されたのです。
2003、2004年計画したランタントレッキングでは、
カトマンズから7〜8時間バスでの移動となるのですが、
7〜8回も軍隊による検問が実施され、
その都度シェルパ達は、持ち物検査、身体検査を実施され、
チャーターバスでも、銃を持った兵士が
車内調査を受ける始末には、閉口した。
検問所、入山事務所には、塹壕が設置されており、
銃口がこちらに向けられている。
2006年5月のゼネストによって王室が政治から撤退し、
マオイストも参加した暫定政府が設立され、
一応政情は静かになった。
これから国際監視団による武器の解放が進めば、
本館的な安定政権となり、
10数年ぶりに世界自然遺産・ヒマラヤ観光立国として
楽しいトレッキングが出来るようになるであろう。



以前には、方々に塹壕があった。


2.エベレスト街道の起点ルクラ
エベレスト街道の起点はルクラです。
この町には傾斜地を利用した山岳飛行場が出来ている。
つい3年前まで、自然を切り開いた空港でしたが、
現在は舗装されている。
カトマンズ空港では航空会社が10社にも及ぶようで、
カトマンズ〜ルクラ便は、10数年使い込んだ18人乗りのセスナ機が
10数分間隔で運行している。
ルクラの町には、ロッジ、商店もたくさんあり、
登山用品ならば、カトマンズより豊富である。
今回もシェルパ達は、ルクラに集結しており、
食料もルクラで調達したようでした。
ルクラから始まるエベレスト街道は、
世界中から多くのトレッカーが集まっており、
今まで経験したどのトレッキングルートより村々が裕福だ。
感心したことは、粗末ながらトイレが方々に設置されていたことです。
ある村では、本格的な水洗トイレにも出会った。
また、ナムチェまでは視線に民家が途切れることがなく、
畑には日本と同じ、チンゲンサイ、キャベツ、ブロッコリー、
菜の花、サヤエンドウ、人参などなどが栽培されていた。



傾斜を利用した滑走路の短いルクラ飛行場


3.「滅私奉公」のシェルパ達
景色の良いトレッキング適地は、
ヨーロッパアルプス、カナディアンロッキー、
アフリカ、等など全世界に存在する。
しかし、問題は我々トレッカーを案内したり、
世話をする組織と、そのコストです。
私はネパール以外のトレッキングをしたことはないが、
経験者の話を聞くと、ネパールのシェルパ組織が最高のように思える。
ネパールの国教は「ヒンドゥー教」、
これが「身分制度(カースト制度)」の大元だ。
シェルパ達は最底辺の身分だ。
おまけにイギリス人によって作られた「シェルパ学校」は、
イギリスの植民地的要素が色濃く残っている。
即ち、トレッカーである「我々は旦那様」。
シェルパ達は「召使い」なのです。
今回のトレッキングでも、
メンバー16名に対して約40数名のシェルパ、ポーターの支援で
「未知なる生活体験の旅」が可能になった。
コスト面から考えると「日本円」と
「ネパール・ルピー」との交換レートは、1ルピー/約1.7円、
シェルパ、ポーターの日当も300〜500円。
それでもネパール人の都市生活者より高い収入を得ている。


シェルパのエピソード
2003年ランタン山群のトレッキングに参加した佐藤氏は「カメキチ君」
いつも数台のカメラと大型三脚を持参する。
そのカメラを担いだのが、当時15際のダワ・タシ君。
今回もカメラを担ぐマイポーターを依頼されていたので、
佐藤氏をビックリさせてやろうと、
カトマンズのエージェントにメールを送り、
ダワ・タシ君を手配するよう依頼した。
しかし、現地からの返事では
「ダワ・タシ」と云うポーターはいないとの報告で諦めていた。
ところが、ルクラでシェルパと合流してみると
ダワ・タシ君がいるではないか。
早速、佐藤氏に紹介、2人は懐かしの対面となったのです
(詳しくは、佐藤氏のエッセイを読んでください)





左が成長したダワ・タシ、シェルパ、
右2人が今回の佐藤、大森のマイポーター


佐藤さんのマイポーター
今回の参加メンバー16名のうち
山岳部学生・古川君を除く
15名の平均年齢は65.8歳。
肉体的衰えをマイポーターで補うため
7名の方々がマイポーターを雇った。
女性2名中、1人佐藤玲子さんも予約した。
トレッキングの起点ルクラでシェルパと合流した。
その時彼女が紹介されたのが最年少の「ウッタム君」。
ご自分にも15歳の孫がいる。
最初頼りなげに思っていたようですが、
彼の笑顔に癒されたという。
(この項、佐藤玲子さんのエッセイを読んでください)。



日本語ガイドのバイジャラ君中心に、それぞれのマイポーター



タンボチェ隊(後列左から誉美、井下奥さん、大森、井下)と
前列左からアルパイン志小田、
サーダー・ペンバギャルチェン(2人は8000峰登頂経験者)、
ガイド・バイラジャ、アルパインツアー・鹿田。



4.ネパールの子供達
エベレスト街道で、学校訪問をしたいと考えて、
文房具などプレゼントも用意していたのですが、
10月はお祭りが多く、
特に「ティハール(ヒンドゥー教の秋祭り)」は、
祭りが終わっても学校はしばらく休みになるため
往路では学校訪問は出来なかった。
したがって村々では、家で遊んでいる子供達と毎日出会う。
たいていの子供は「ナマステ(ネパール語のコンニチワ)」と挨拶してくれるが、
日本人と見ると「コンニチワ、サヨウナラ」と声がけしたり、
欧米人達には「ハロー」と声がけしたり、
なかなかたいしたものです。
世界でも最貧国ネパールの子供達は、
殆どが「着たきり雀」服装は防寒のみが目的のようです。
どの村でも、子供の数は多く、お母さんの背中や、
軒先で寝かされている子供達を沢山見た。
ネパールには、日本のような「少子化」の心配はないようだ。



11月2日、カトマンズに下山して、
カトマンズの東方30Kmの景勝地ナガルコットへ行く途中、
公立の小中学校を訪問した。
丁度昼休みでしたが、先生にお願いして、
最年少組の教室に児童を集まって貰い、
しばしのコミニケーションを図る。
言葉は全く通じませんでしたが、
ポラロイドカメラで一緒に写真を撮り、写真を渡す。
誰に教えて貰ったのか、
渡されたフィルムを振っていたのが可笑しかった。


陽だまりで髪を洗ってもらう赤ちゃん。






学校に通っている子供達は、
こざっぱりした制服を着ている。
家庭で遊んでいる子供達とは別人の様にさえ見える。
ネパール全体では就学率は50%に満たないようです。
聞くところによると、制服が用意することが出来ないため
学校に行けないとのことです。
ですが、出会った子供達の目は「キラキラ」と輝いています。
物質的には、何不自由のない現在の日本の子供達と較べ、
生活力、生きる力は、逞しいのではないかと思われます。



登校している子供たち、何キロ歩くのだろう。


5.トレッキングを経験した山岳部学生、古川君
エベレスト・トレッキングの参加メンバーに
山岳部学生が2名参加する予定でしたが、
1名は出発1週間前に急病にかかり、
彼一人の学生参加、彼を除けば
15名の平均年齢65.8歳のシニアー隊です。
ヒマラヤ・トレッキングは
「未知なる生活体験」がコンセプトですから、
彼には特に一般メンバーが経験できない体験のプログラムを用意した。
ネパールは近代化されたとはいえ、
まだまだ「カースト制(身分制度)」が残っており、
イギリス登山家が作った「シェルパ学校」にも植民地的要素が強い。
従って、メンバーは「紳士」、シェルパは「召使い」の関係が必要であり、
あまり友達関係を作れない。
若い古川君ならば問題ないので、
シェルパ達、村人達と交流するよう配慮、
彼にも積極的に共同生活するよう指示した。
トレッキング中、我々メンバーが
キッチン小屋へ立ち入る事はないが、
古川君にはキッチン小屋に入り込み、
コック、キッチンスタッフと交流するように指示した。
歩くときにもメンバーとではなく
シェルパと話しながら歩くよう指示した。
彼には10月28日「最初の高山病調整日」に
シェルパ達と協力して「おでん」を作ってもらいメンバーを驚かせた。
サーダー(シェルパの親分)と連れだって
買い出しにも行って貰った。
単三電池10本を持たせ「物々交換」も体験して貰った。
定価という概念が無いネパールでは
「いったが値段」、「買ったが値段」ですから、
3回は値切らないとまともな買い物が出来ない実情も経験して貰った。

翌日、ルクラからタンボチェまでに、
彼は体調を崩してしまった。
特に昼食後からタンボチェまで殆ど記憶が無いようだ。
それでも着実に一歩一歩と歩き、
最後テントが見えるとへたり込み
メンバーに抱えられてテントに収容された。
日本を出発したときは、自分が遙かな最年少。
しかし、トレッキングが始まってみれば
自分と同年配がバリバリと働いている、
ポーターの中には15、16歳も含まれている。
彼にとっては、かなりカルチャーショクだったようです。
私は山岳会事務局を担当していますから、
古川君とは交流が多いが、
あまり積極的ではないと思っていましたが、
今回の3週間のトレッキングから帰って来た彼と話をしてみて
「大きく成長したな」と感じた。
2003年にも山岳部4名でヒマラヤへ行かせた。
その時リーダーを務めた上野君もしかりだ。
やはり「未知なる生活体験」は人間を成長させる。
言葉の壁を乗り越え、異文化の人々と交わることで、
本来の生活自然治癒力が沸々と湧いてくるのものだと考えられる。
この項、古川君のエッセイを読んでください。



サーダー、ペンバギャルチェンとは仲良くなった。





6.生活点描
上の写真を見てください。
何気ない写真ですがネパールらしさが出ています。
左のおじさんが衣料品の行商人です。
右のおじさんが手回しミシン縫製職人。
多分2人がペアーを組んで商売しているのでしょうから
衣服生活は何でも解決できる。
売上や利益追求ではない、
自然と共有した安らかな生活を創り出す商売ではないかと思う。



上の写真はナガルコットへの道程で見つけた「そば畑」です。
「そば」は中央アジア原産ですが、
ネパールにはあまり普及していない。
多分日本人が種を持ち込んだものと思われる。



この写真は、「カラシナ」、「アブラナ」です。
ナガルコットの丘は、カトマンズまで20Km程度、
消費地近隣農業が成立出来そうだ。
将来、この地で「炭焼き事業」を
現地指導して行きたいと考えている。
後進国援助は、彼ら自身でリサイクル出来ることが必要だ。
その点「竹炭」ならば、原料の竹は生育が早く熱量も高い。
彼らの現金収入に寄与できるのではと考えているのです。


7.ネパールの祈り
日々の生活が、あつい信仰心なしには考えられないネパール。
カトマンズには住んでいる人間より多くの神がまつられているという。
国の宗教は、インドから入ってきたヒンドゥー教です。




カトマンズ最大の
ヒンドゥー教寺院パシュパティナートでは、
毎日火葬が行われている。


チベットに近い北部では、チベット仏教が広まっている。
今回のエベレスト街道ではチベット仏教が殆どでした。
特にダンボチェ(3870m)にあるタンボチェ僧院は、
この標高、その壮大さから見て、クーンブ地方の本山的存在なのであろう。




タンボチェ僧院と内部。
朝5時30分にはドラが響き渡り
読経が始まる。




カトマンズの街中の土産物屋の店頭にも、
宗教に関わる品物が多く並べられいた。



8.今後のネパール
政治の不安定状態が続いていたネパールも、
2006年4月、市民による大規模なゼネストが起こり、
全権限を集約していた王家が政治から撤退し、
マオイストも参加した暫定政権が発足し一応平和になった。
現在、国際監視団によって武器の解放、
選挙による本格政府の確立、新憲法制定に向けて動いている。

5000mを超える「神々の座」、
14座しかない地球の究極の高み「8000m峰」。
すべてヒマラヤに集中しています。
そして、登山・トレッカー支援組織シェルパ制度があるのは、ネパールだけです。
都会生活で疲れた我々トレッカーが、こころ癒される景観と、
暖かく迎えてくれる村人に出会えることは、本当に嬉しい。
いつも平和で、いつまでも友人でいて欲しい。



日本語ガイド、バイラジャ一家



<<戻る
<<HOME