ランタン山群・トレッキング(2004)報告<PART2>



42年度工卒 大内 基靖



10月30日
トレッキング2日目、
4:20今日で下山する大森先輩を皆で見送る。
満月、少し寒いが風はない。
一緒に行動できると思っていたのに、
突然の別れ話で何か寂しい気がする。
ここまで出発準備から周到にリードしてくれた先輩に感謝。
しかもフィルム、電池、ポラロイドカメラ、太陽光充電器を貸していただく。
これらが本当に、あとで役に立った。
隊長はツアーリーダーの鹿田さんになった。
夜が明けると山々が見え始め、写真を撮る。
ヒマラヤは本当に大きいと実感する。



朝起きると、ガネッシュ山群を間近に見る(シャブル村のロッジから)。

朝食はおかゆに明太子、のり、漬物が実に旨い。
我々日本人は所詮、国際化されたといっても
伝統的な食事に日本から離れるほど、愛着を感じてしまうようだ。
シャブル村からランタンの谷底へ下り、
吊り橋を渡り対岸の尾根へと登る。
ゆれる橋にはきわめて弱いので、
ダブルストックにしがみついて渡る。
どうも他のメンバーは平気のようで恥ずかしい。
山岳部の頃、岩登りでミシンを踏んだ記憶がよみがえる。
本当は高所恐怖症なのかもしれない。



ランタンコーラに架かる吊り橋


尾根をつめたところでバッティ(茶屋)がありティーを飲む。
女の子3人、男の子1人の子供達と交流する。
笑顔は本当に可愛い。
道は再び下り、ランタンコーラに沿ってバンブー村へ、
午後早く到着。今夜が初のテント泊まり。
渡辺夫人の入れてくれたコーヒーをゆっくり楽しむ。
夜はホテルのストーブでここの子供たちと交流する。
カトマンズの学校へ行っているという女の子は、本当に英語が上手い。
彼女と話していると英語を教えて貰っているようなものだ。
夜半、少雨。テントは快適だ。



バッティーで出会った子供たち


10月31日 5:00起床、7:00出発。
渓谷の道をたどり、ラマホテルまで4時間。微風。
気持ち良く実に幸せで、ビスターリトレッキングだ。
16:00ゴラタベラ村(約3,000m)到着。
U字谷がひらけ、屏風岩、槍ヶ岳をスケールアップしたような
山々の景観の中に、実に立派な滝が落ちている。
テント泊まり。
今日からオキシメーター(血中酸素飽和度測定器)でのチェックが始まり、
全員OK。ダイアモックス(高山病予防薬)を服用開始。
夕食のアップルパイと焼きビーフンは秀逸だ。
寒くなり防寒体制に衣替えする。
よる天を仰ぐと天の川は、星数が多すぎて境目がはっきりしない。
ペガサスは確認。
テント泊。



森林限界を抜けゴラタベラ村に到着。



U字谷の向こうにランタンリルンが見える。


11月1日 6:00起床。
チャパティー(ネパールのホットケーキ)よりも、
おかゆと梅干のほうに手が出る。
8:00出発。好天だが寒い。
毛糸の帽子を180ルピー(日本円で約270円)に値切って買う。
放牧場が多くマウンテン・カウがあちこちにいる。



ポーターが我々の荷物を運んでくれる。


ガンチェンポが見えてきた、すばらしい山だ。
12:00ランタン村(3,370m)着。
昼食のヤクの乳で作ったチーズかけスパゲティーが旨い。
日本から持参したノートや鉛筆、色紙、
サッカーボールなどのプレゼントを村長に贈呈して写真を撮る。
大変喜んでもらえた。
シェルパ達と草原でバレーボールをする。
若くて元気なのにはびっくりする。
こっちはすぐにバテる。
バレーボールは学校で盛んと聞く。皆、本当に好きだ。
ポラロイドで写真を撮りシェルパやポーター達にプレゼントすると、
これまた大人気だ。髪を梳いたり、服を直したりして並ぶ。
ナマステホテルのおばさんも子供たちを連れてきて
ぜひ撮って欲しいというので、撮ると大喜びする。
皆、誰が教えたのか、ポラロイドの画像が出てくるまで印画紙を
振って待つ。写真が見え出すと顔がニコニコしてきて、
仲間と見せ合いうれしそうにする。
写真を撮ってもらうということは、ほとんどないらしい。
こんなに喜んでくれたので、
大森先輩から預かってきてほんとうに良かった。
夕方、急速に冷え込みだす。ストーブにかじりつく。
夜、ホテルで夕食し団欒。
シェルパ達ともだいぶん慣れてきてコミュニケーションが取れだす。
ヤクのマフラーを250から220ルピーに値切って買う。
時間があるので値切るのが面白い。
テント泊まり。寒い。



村長と校長に学用品のプレゼント



村長に昨年の隊員が撮影した写真をプレゼント


11月2日8:20出発。好天。
12:00キャンジンゴンパ村(3,840m)到着。
イェティゲストハウスの庭にキャンプ。
昼食後、荷物のかたずけ、着替え、物干し、散歩とゆっくりする。
一人、ランタンリルンの見える丘に立つと、
突然、何かこみ上げてきて感激の涙が出る。
山岳部へ入部して以来、
40数年間抱いてきた夢のヒマラヤへついに来たぞと実感する。
夕方、ホテルの衛星携帯電話で日本に電話する。
愛犬も家族、会社も変わったこともないとの事で安心する。
これで350ルピーは安い。
テント泊まり。



ランタン・リルン



キャンジンゴンパ村の全景


11月3日8:30出発。好天が続く。
今日は高所順応日。タルチョピーク4,250mに登る。
富士山の標高をはるかに越える。
ゆっくり歩き、意識して大きく呼吸をする。
腹式呼吸も立ち止まってする。
おかげで体調は順調だ。
ランタンリルンの氷壁、氷河がすごい迫力ですばらしい。
頂上でケルト人のトレッカーと写真を撮る。
乾電池がなくなりカメラが動かないとのことだ。
後でテントに訪ねてきたので、電池を提供して大いに喜ばれる。
太陽光充電器を感心して見ていく。



タルチョピーク頂上(4350m)



タルチョピーク頂上より目標の山ヤラ・ピークを望む


夕食に珍しく肉の塊がステーキで出てくる。
水牛の肉とのことで、雪豹に殺されたので
地区の人たちが分配した物だそうだ。
牛を殺してまで食べることは宗教上しないとのことで、
たまに死んだ物を分け合って食べるらしい。
それにしても久しぶりに肉の塊を食べると、
旨いし元気が出る気がする。
シェルパやポーターも「食った食った」と満足そうにしていた。
皆、たまには食べたいのだ。

11月4日8:00出発。
川を横切り、ツェルゴ・リから下りてくる尾根を登る。
ランタン山群が徐々に大きく広がって見えてくる。
山腹の大トラバース道をゆっくり進む。
まわりは一面の草原で、ヤクがゆっくりと草を食む。
11:30ディキャプサ・カルカ着。
かなりきつい傾斜地に石積みがあり、分散してテントを設営する。
ここからの眺めは最高で、
皆で散歩やスケッチして、写真を撮って楽しむ。
夕方、陽が沈むと急速に冷え込む。
メンバーの一人が不調。ヤラ・ピークのアタックの打合せをする。
体調を考慮してメンバーが決定される。
鹿田隊長、船越、大内とシェルパのラクパ、オンチューの5人で
ヤラ・ピークをアタックすることになる。
他のメンバーはツェルゴ・リをアタックすることに決定する。



ティキャプサ・カルカ(4400m)全景。


11月5日8:30出発。
毎日、好天。
ランタンリルンに雲が少しまとわりついているのが、
風に流れて実に美しい。
ランタンコーラがどんどん深く切れ込んでいく。
メンバーの大村さんが体調を崩し遅れる。
サーダー、シェルパ達数人で担ぎ上げるようにして、
ヤラ・カルカ4,750mへやっと到着する。
しかし、状況は良くなく、眠るようにして意識がはっきりしない様子。
鹿田隊長の判断で緊急用の衛星携帯電話により、
カトマンズにヘリコプターを要請する。
テント用地を整備して臨時のヘリポートを作る。
13:30ヘリコプターが到着し、一気に病人を乗せて飛び去っていく。
これで隊員は4人になってしまい、正直なところ心細く寂しくなる。
しかし、明日はアタックなので気持ちを変えて、
装備、衣服の最終準備、パッキングをする。
夕食を17:00にして早々と就寝する。
緊張のせいか、なかなか寝付かれない。



ヒマラヤ襞の美しいガンチェンポ(6387m)


11月6日2:30起床。
おにぎりときつねうどんで腹ごしらえする。
非常食、行動食を分配される。
3:40出発。
ヘッドランプをたよりに、ガラバをかなりのピッチで登っていく。
息が苦しい。何度も大きい息をしてついていく。
トレッキングのビスターリとは、まるで違うペースだ。
先頭のラクパはどんどん先へ行く。
2番目の隊長が我々のペースをチェックして少しダウンしてくれる。
このペースではとてももたないと思っていると、休憩になる。
我々、ロートル隊員の年齢と体力を考慮してくれたのか、
2ピッチ目からスローダウンしてくれ、やれやれだ。
鹿田隊長は関西大学山岳部出身で、まだ30歳そこそこだ。
現役とあまり変わらないのだと、ぶつぶつ文句を言う。
あたりが次第に明るくなり、やがて山々が朝日に輝き始めると、
なんとも知れず高揚した気分になる。
誇らしいというか、うれしいというか、
ヒマラヤのピークを目指して歩いている自分を、
外側から映画のように眺めているような気がする。
8:30万年雪の氷河尾根の取り付きの台地(5,300m)着。



出発して3時間、目前にヤラ・ピーク(5520m)が迫ってきた。


急な雪面にシェルパがルート工作をして、フィックスロープをセットする。
青い空と白い雪とのコントラストが登攀意欲をそそる。
下から眺めていると実に軽快で、さすがに手際よい。
アイゼンを装着し右手にピッケルを握る。
ハーネスにロープをセットしてフィックスロープを左手で握り、
いよいよ雪面を登る。上でラクパ、下でオンチューが確保してくれる。
雪は上がグズグズと柔らかく、下はカチンカチンに固い。
アイゼンを蹴りこむがあまり効いていない。
ピッケルも利いていない。
急斜面でステップも大股なので、
ついついフィックスロープに頼り力が入る。
息があがり苦しい。何度も立ち止まり深呼吸する。
まったく余裕なしで、必死に上をひたすら目指す。
やっとのおもいでラクパの所までたどり着く。
ここからはなだらかな雪面で、アンザイレンしてゆっくり登る。



ランタンリルンに朝日が当たり出す。



氷河を登攀開始。


やっと周辺の山々を観賞できる。
しかし、クレバスがあるので慎重に行動する。
覗き込むとかなり深い。落ち込むと大変なことになりそうだ。
斜面が急になりアイゼンが効いて、かかとをいっぱいに曲げる。
岩場に到達。再びシェルパ2人がルート工作を始める。
ラクパが先頭でどんどん浮石を谷へ捨てる。かなり岩が脆い。
オンチューは、なんと靴を脱いで裸足になって岩場を登り下りする。
フィックスセット完了。
待っている間、急斜面にピッケルでやっと立っているので、
なさけないがオンチューにアイゼンをはずしてもらう。
足が張る。上でラクパが、下でオンチューが確保してくれて
一番目に岩へ取り付く。
岩登りといえば格好が良いが、
上下から引っ張り、上げ押し上げてもらい、なんとか登る。
岩は脆いし、息は苦しいし必死だ。
やっとラクパのところへたどり着く。
その先の少し広い岩陰に疲れてへたり込む。
ラクパにそこでじっと動かず待てと指示される。
11:00後続のメンバーも無事到着。
するとここが最終地点だと教えられる。
5,520m。そうか、ついにやったぞと喜びがこみ上げ涙が出る。
万歳。握手。写真。山頂の小石を数個、ザックに入れる。
そして、腹が減ったので昼食。実に旨かった。
シシャパンマ(中国領の8013m峰)も見え、眺めは最高だ。



頂上にて



頂上よりシシャパンマ(8013m)を望む。


30分程して下山開始。慎重に下る。実に長い下りだ。
くたくたになってBC近くに下ってくると、
下から薬缶を提げてキッチンポーターが上ってくる。
うれしいことに暖かい飲み物が、BCへ着く前に飲ませてもらえた。
16:15BC着。
13時間近い行動が無事終了した。
サーダー以下、渡辺夫妻等の出迎えを受ける。
労いと祝福の言葉をかけてもらい、再度、涙が出る。
また、写真を撮る。ぜんざいが出され食べる。至福の時だ。
夜、なかなか疲れているのに眠れない。
気分は高揚したままで冷め切らない。



13時間の苦闘の末BCに帰着した。 



支援してくれたシェルパ、ラクパとオンチュー


11月7日
ヤラ・ピークに別れを告げる。
周りの山々と比べると決して高くもなく、難しくない山かもしれないが、
あの頂上に立ったということで特別に愛着が湧く。
写真をもう一度撮り、満足して一気に下る。快適だ。
12:10キャンジンゴンパ村着。ツボルグビールで乾杯。
7日間も禁酒したのは近年ない。旨い。
夕方、日本へ電話し無事登れたことを報告する。
妻に誕生日の祝いを言う。パーティーをささやかにするとのこと。
お互いにハッピーだ。
ホテル泊まり。



頂上よりチベットとの国境稜線ペンタンカルボ・リ(6830m)を望む。


11月8日8:30出発。
下りは快適そのものだ。
ストゥーパ(仏塔)、メンダン(仏教遺跡)、タルチョ(祈りの旗)等や、
子供達の写真を撮ったりする。
16:40ラマホテル(地名)着。
呼吸が本当に楽になる。2,435m。
テント泊まりだが、のんびりホテルの食堂でストーブを囲んで、
ビール、ロキシーを飲む。満足。






チベット仏教遺跡メンダンと石に彫られている仏画






日だまりで、一人勉強する少女、元気な男の子。


11月9日7:30出発。
道端に、花々が次々に見られる。トレッカーも増えて来る。
アップダウンに少し疲れる。ヒマラヤ桜が満開だ。
15:00シャブルベンシの町に到着。1,430m。暖かい。
ホテルの庭にザックを下ろし、ツボルグビールで乾杯。
トレッキングは終わった。





夕食にはビールにチキンフライやスパゲティー風ヌードル、
オクラ、味噌汁等のご馳走が並んだ。
渡辺夫人のバースデーケーキも出されて、皆で祝う。
「ハッピーバースデー・トゥーユー」と歌い始めると、
周りの外国人も参加して大合唱になり盛り上がった。
ピッケルへ一緒に登頂したラクパ、オンチュー、
鹿田隊長、船越さんのサインをしてもらう。
このピッケルはカトマンズで買った物で、
記念品として持ち帰り大切にしてもう使うことはない。
19:20から庭でサーダー以下全員が集合して、
ファイナルパーティーが始まる。
拙い英語で御礼のスピーチを、代表としてさせていただく。
「皆さんの卓越した技術と暖かいサポートで無事に登頂ができたし、
すばらしいトレッキングが出来た。
今後もネパールが環境保護を継続し、
多くのトレッカーやクライマーが世界中から訪れて、
皆さんのビジネスが益々発展して家族が
幸せに暮らせるように祈っている。ダンネバート」。
そんな内容のことを喋ると、
サーダーがネパール語に翻訳して皆に伝えてくれた。拍手。感謝。
ロキシーで乾杯し、パーティーが始まる。
歌、太鼓に踊り。隊員も皆、踊りの輪に入り大いに楽しむ。
実に気分の良い夜だ。



ファイナルパーティーで、感謝の挨拶をする。


11月10日
バスに揺られて、埃まみれになってカトマンズ着。
途中で食べた現地の食堂のカレーは、本当に旨かった。
シェルパ、ポーター等と名残惜しいがホテル前で別れる。
改めて感謝。



満開のヒマラヤ桜



定員40名に80名ほどと荷物をのせる殺人バス。


11月11日
ヒマラヤン・フライトを楽しむ。
エベレストも見たが、やはりランタン・リルンが気になる。
また来るぞ!!

11月12日
バンコク経由で帰国の途に着く。
サーダーが別れの挨拶にホテルへきてくれ、
現地の習慣らしく白いマフラーのような布(現地名カタ)を
首にかけてくれ、帰路の安全を祈ってくれる。
うれしい別れだ。
空港に着くと、今頃になって下痢が始まり苦しむ。
ロキシーの飲み過ぎかもしれない。

11月13日朝、関空着。
鹿田さん、本当にお世話になりました。
岡山駅には大森先輩等が出迎えてくれる。
がっちり握手。皆さん、本当にありがとうございました。
ダンネバート。



岡山駅に無事到着。


<終>
<<戻る

 HOME