ヒマラヤで見た幻夢


執筆者/定金司郎

1975年のダウラギリ5峰(7,618m)遠征から
26年の時が流れていた。
夢また夢の最果てのヒマラヤへの想いが実現した強烈な感動は、
その後の人生の大きな支えとなり,
私の脳裏から消えることはなかった。
もう一度訪れてみたい気持ちはあったが,
年を重ねた今ではその実現は不可能とあきらめていた。
そんなとき来年の岡山大学山岳会遠征の
支援を兼ねてのトレッキングが計画され,
再訪決断のチャンスとなった。
来年の隊長を引き受けてくださった
平田先輩を御案内することを私の任務と心得,
今回はできるだけ身軽に気負わないで行動することに心がけた。
このことがかえってネパ−ルを客観的に,
ヒマラヤを奥深く味わうことができたような気がする。


カトマンズ・ポカラの辺りまでは日本の感覚を引きずって,
なかなかネパ−ルに来たという実感がわいてこなかった。
私は最初のキャンプ地であるチャンドラコット部落の
突端にある展望台風の茶店の椅子に腰掛け,
人なつこいロキ・シミン君という男の子と話していた。
夕闇が民家の軒下の石畳を灰色に包みはじめると,
家の土間からネパ−ル独特の香料の匂いが鼻をつき,
谷底からみずみずしい風が,
あの覚えのある土と草の香りを乗せて私の頬を撫でてきた。
この瞬間体の底から26年前のヒマラヤが
どくどくと噴き出してきた。
ネパ−ルに来ている自分に気がついた。
昔も今も全く変わらないネパ−ルの風景と人々の真心に
私の体は熱くなってきた。



チャンドラコットのロキ・シミン君

アンナプルナ山群が見え隠れするガンドルンへの道では,
身も心もヒマラヤにどっぷりと浸かりながら歩いた。
最後まで荷物の片づけをして40Kg近い荷物を頭で担いだ
キッチンスタッフとポーター達は、
威勢良く「ビスタリ−ね(ゆっくりね)」と言って
私達を追い越していく。
15・6才と思える年頃のコックやキチンボ−イは
炊事道具を担いで走るように飛んでいった。
私達が昼食プレイスに着くと、もう食事の用意が整い,
誠心誠意の笑顔と態度でお茶や給仕をしてくれる。
シェルパはメンバ−1人1人に目を配り,
目立たないようにサポ−トしている。


そして道で行き交う村人は、
私達に心を開き必ずあいさつをする。
人々の生活は決して豊かでない。
確かに手を出す子どももいる。
しかし,本質的なネパ−ルの人々の寛容さ,
謙虚さ,勤勉さはどのようにして育まれるのか。
豊かな国の日本の子ども達を思った。自分自身を振り返った。
どちらが立派で,どちらが幸せなのだろうか。
私は悲しく恥ずかしく思った。
・・・日本の子ども達にこの姿を見せてやりたい。
・・・そうだ,いつかトレッキングに連れてきてやろう。
これこそ教師をした私の務めではないか。
・・・そんなことを空想しながら最後尾を歩いていたら
ガンドルンのキャンプ地に着いていた。


シャクナゲの大木の生い茂る森を抜けると
高台の傾斜地に十数軒の家が階段状に
建ち並ぶタダパニ部落が現れた。
まわりが木々に囲まれているのと
今にも降りそうな天候のためか,
この部落には奥深い秘境の雰囲気が漂っている。
部落の入り口付近にはみやげ屋が並んでいたがお客もなく,
静かなこの部落に私はよけいに寂寥感を持ちながら
石段を上がっていった。
そのとき上から降りてくる女性と出会った。
長身でチベッタンの長い服がよく似合っていた。
声をかけると,つつましやかで,
何か淋しげな笑顔が返ってきた。
すれ違って私はドキッとした。
そのときの様子がどこか,
いつか遠い昔に経験したような気がする。
私はしばらく過去に想いを巡らせた。
10年前に亡くなった家内が闘病中に時々みせた
申し訳なさそうな,さびしそうな表情と
さっきの女性がかもし出す雰囲気とが重なった。
もしかしたらと思わず振り返ったが
その女性の姿はすでに見えなかった。
・・・これは明らかに幻覚である。
・・・しかし,もしかしたら私達父子に会いに来たのかも知れない。
・・・いや,いや,これは勝手な妄想である。・・・
もしかしたらこんな辺境の地で暮らしていたのだろうか・・・
しかし,ここはあまりにも遠く,さびし過ぎる。
・・・もしかして・・・私の頭は混乱し空回りするばかりだった。・・・
夜になって激しい雨になった。
うとうとして外に出るとアンナプルナサウスが月光に照らされ,
タダパニの部落は静まり返っていた。
神々しい光景であった。
私はさびしさとなつかしさに身が震えた。


プ−ンヒルでは,26年ぶりにダウラギリ5峰にも会えた。
苦闘した南東尾根が頂上に向かって伸び,
頂上からは3峰と4峰へと主稜線が羽を拡げた白鷹のようで,
遠くから観てもすばらしい山であった。
一緒に来た皆さんにもダウラギリ山群の
モルゲンロ−ドに接してもらうことができた。
ダウラギリ5峰に遠征したとき小学校1年生だった長男が
同行してくれたことも私にとってこの上ない幸せであった。



プーンヒル3194mで坂川さんと黎明を待つ


ポカラ上空から眼下に広がるヒマラヤ山麓の山,
家々が点在し,道が縦横に走っている。
あの部落もあの道も歩いてみたい。
近い将来,数年間ネパ−ルに滞在し,
地質調査も兼ねてあちこち踏破できたら・・・
そうすると,日本から来た子ども達をトレッキングに
案内してやれるかも知れない。
幻の女性にまたどこかで会えるかも知れない。
そんな幻想に耽りながら今回のトレッキングは終わった。




<<戻る

<<HOME