<<HOME
<<戻る
中編へ>>
カラパタール登頂トレッキング−前編−
岡山大学山岳会 作間 順三


出発に臨んで
私が、ヒマラヤトレッキングに参加するのは
02年、03年に続いて今回で3回目である。
再度ヒマラヤに行きたいという強い願望が後押しした。
今回が最後という条件で
愛妻の許可を得たことは勿論である。
03年のランタン山群ヤラ・ピーク(5500m)登頂では、
ひどい高山病のため、
途中のテイキャプサカルカ宿営地(4400m)で断念し、
一人下山した苦い経験があるにもかかわらず、
今回のトレッキング参加への熱望を
抑えることはできなかった。
白銀を抱くヒマラヤ山群の壮大な景観の
魅力にとりつかれたのであろう。
又、ヤラ・ピーク登頂の失敗を取り戻す
絶好の機会と捉え、世界最高峰のエベレストを
目近に見られる今回のカラパタール登頂(5545m)を
是非実現したかったのも事実である。

私が今回のトレッキングツアーに参加するに臨んで、
最も怖れたことは高山病を原因とした敗退である。
極度の食欲不振、下痢嘔吐、
睡眠不足等による体力衰退である。
02年のダウラギリ、アンナプルナ山群トレッキングでは、
プーンヒル(3200m)登頂の前夜に
何度も下痢でテント張のトイレに駆け込み、
登頂の当日には、隊列から私一人が遅れ、
登山中にツアーリーダーの鹿田氏を待たせて、
暗闇の茂みに駆け込み、
ヘッドランプをつけて数回キジ討ちした苦い経験がある。
03年のランタントレッキングでは、
キャンジンゴンパ上部の高所順応登山途中、
サブツアーリーダーの黒田氏を待たせて、
下痢で岩陰に駆け込んだ経験や
テイキャプサカルカ宿営地(4400m)から
上部の高所順応登山では、
定金先輩に最後尾で同行してもらったが、
途中の岩陰でキジ討ちをしたり、
歩きながら嘔吐した苦い経験がある。
高山病は、本人の体の一番弱い処に出てくる。
私は30数年来十二指腸潰瘍を持病として温存していたので、
下痢嘔吐等の高山病症状は
当然起り得るべくして起ったのであろう。
アフリカ大陸の最高峰キリマンジャロ登頂の
経験者で前回のランタントレッキングで
ヤラ・ピーク(5,500m)登頂に成功した隊員が
私に言った言葉“作間さん、高所登山は精神力、
体力、技術等の総合力だよ”は正解であろう。
今回のトレッキング参加に臨んで、
平田先輩から助言を受けた
十二指腸潰瘍の原因となっているピロル菌を
除去すべく1箇月前に病院で
抗生物質による薬剤処置をしたが、
ピロル菌が除去できたかどうか
確認できないまま不安を抱えて出発した。
高山病による極度の食欲不振に陥った場合に備えて、
ランタントレッキングで、定金先輩から頂いた
飲みやすい液状のチュウブ入りカロリー補強剤を
薬品スーパーで10個程度入手した。
カロリーメイトやエネルギアー等である。
脚力の筋力を少しでも補強し、
歩調を安定する呼吸法を身に付けるため
出発2箇月前から近隣にある700m弱の山に
ほぼ40日間連続で登山訓練を行った。
連日、5時間以上の歩行に耐える脚力は
どうしても必要と考えた。
いずれにしても泥縄式準備には変わりない。
私は、事前準備不足で、脚力、
体調の不安を抱えながらの出発となった。                       



トレーニングした近隣の頂上


10月24日(火)
私は、前日岡山ビジネスホテルに宿泊し、
岡大山岳会の先輩である大森さん、川西さん、
芦立さん、他一般参加者のグループと
午前7時に岡山駅で合流した。
早朝にもかかわらず武田前会長と徳田現会長が
見送りに来ていた。お二人とも相変わらず礼儀正しい紳士である。
お二人とも私の2回のヒマラヤトレッキングに
夫々同行したこともあって、
“私のヒマラヤでの敗者”をよくご存知で、
にこにこ笑いながら“頑張ってこいよ”
と声を掛けられたが、
“ご期待に沿うよう頑張ってきます”と回答した。
今回の一般参加者の中には、
前回(03年)参加者の佐藤さん、
井下夫妻、田淵さん兄弟が参加されている。
私と同様に彼らも又ヒマラヤの
魅力にとりつかれた方々であろう。
前回のトレッキングでヤラ・ピーク(5500m)を
制覇された佐藤さんは、
日本百名山を完全制覇されており、
もう70才近い高齢な方でありながら、
その登山実力には驚く他ない。
又、田淵兄弟の弟さんである田淵徹さんも
ヤラ・ピークを制覇された一人であり、
その強靭な体力、精神力には敬意を払わざるを得ない。
今回のヒマラヤトレッキングで
私と3回目の同行となる
アルパインツアーリーダーの鹿田さん、
8000m級の高峰登頂を2回実現され、
ヒマラヤ滞在年間300日以上と言われる大ベテラン志小田さん、
それに東京から参加された藤田先輩など
全員が関西空港で合流した。
タイ航空623便は時間通り11時45分に
今晩の宿泊地タイの首都バンコクに向けて飛び立った。
午後6時半頃(現地時間マイナス2時間)に
今晩宿泊するラデイソンホテルバンコクに到着した。
高級ホテルの窓からバンコクの市街を眺めると、
高層ビルが立ち並んでおり、
眼下にはよく舗装された道路を車が
途切れることなく往来している。
雑然としたネパールの首都カトマンズの市街とは
大きな違いである。 タイの首都バンコックは
人口約700万人といわれ、
一方のネパールの首都カトマンズの人口は
約28万人と聞いている。
世界中でも最貧国であるネパールとの大きな格差が良く分る。

10月25日(水)
午前6時バイキングの朝食。
7時半ホテルをチェックアウト。
巨大でよく整備されたタイ国際空港へ
ホテル手配のバスで向う。
午前10時半、天空の首都カトマンズ(1300m)へ向けて
タイ国際航空で飛び立つ。
午後3時50分カトマンズ、ラデイソンホテルに到着。
ホテルのロビーには、カトマンズ、エーゼントの
ラム社長が出迎えてくれた。

10月26日(木)
快晴 モーニングコール午前4時。
朝食午前4時40分。
本日は、トレッキングの基点ルクラに向けて
出発する日である。気持ちが自然と引き締まる。
様々な人種で込み合う3年前と
少しも変わらない薄汚いネパール国内線空港から、
我々トレッキング隊をぎゅうぎゅう詰めに
積み込んだ小型のセスナ機は
登山基地ルクラ(2800m)に向けて飛び立った。
4年前に観光遊覧飛行を経験済みなので、
小型機でも不安はない。
約1時間程度の飛行時間で谷間にある山の傾斜を利用した
短い滑走路に無事着地した。ほっと安堵する。



トレッキングの基点ルクラ空港


我々がトレッキングするエベレスト街道の基点は、
カトマンズよりバス便の場合は、
ジリから1日かけて歩かなければならない。
高齢者で構成されている我々の隊は
余分な労力を軽減するためにも、
オンボロの軽飛行機でも大変あり難い。
ルクラ飛行場のすぐ近くの街道の両側に
密集してロッジや商店が
建ち並んでいる中のホリデイロッジに入る。
帰路の宿舎になる所である。
ここで、シェルパやポーター、コックの紹介があった。
シェルパ頭(サーダー)はペンバギャルツエンと紹介された。
若くて華奢な風情の青年である。
この時点で、この人物がカラパタールの登りで、
衰弱しきった私がお世話になるとは
この時点で予測だにしなかった。
ロッジに入った時、軽飛行機の中に
長年愛用してきた登山帽を紛失したことに気がついた。
これから先の旅の不吉な予感を感じて
不安が頭をもちあがる。
藤田先輩と同行し、
数多くの出店が並ぶ通りのある店で
星印のついた登山帽子を数百ルピーで買い求めた。
我々の隊は、午前9時にホリデイロッジを後にして
エベレスト街道のスタートについた。
歩行途中チベット仏教の経典を記した
巨大な経文石に度々出くわした。
何故か聞き漏らしたが、
経文石の左側を歩かなければならないという。
又、眼前に聳える尖って雪を抱いた美しい山容は
クスムガングール(6870m)である。
パクデインまでの約4時間行程の平坦な街道で、
途中クンプビュウロッジや、
タドコシロッジなどで休憩をとりながら
午後2時過ぎに本日の宿営地パクデイン(2610m)に到着した。



チベット仏教の経文を彫り込んだメンダン

我々の隊は2800mのルクラから2610mのパクデインまで
高度差約200m下って、損失した気分になる。


10月27日(金) 
快晴 6時30分朝食。
午前7時30分の出発までの余裕時間帯に戸外に出る。
外は霧が立ち込めている。
階段状に立ち並ぶロッジの間に石を敷き詰めた街道に、
牛達が運搬荷物を待っている。
ポーター達は食糧等を詰め込むため
白い袋に手際よくパッキングしている。
パクデインからドウードウ・コシ(ミルクの川)の
右岸の自然林のなかの高巻道を、縫うように進む。
細い道で、上部は岩壁、
足元は目もくらむような断崖絶壁となっている。
対岸までの幅は100mほどしかない。
9時半頃、ベンカーゲストハウスで休憩。
霧も晴れ今は快晴である。
澄み渡った青空の下、前方の山並みの間に
白銀に輝くどっしりとした山容が見える。 
タムセルクウエスト(6618m)である。
ドウードウ・コシ川の右岸沿に位置するベンカールの
小さな集落を通りすぎ、
午前11時前にモンジョ集落(2800m)の
ゲストハウスで昼食を摂る。
数百m下の渓谷を眼下に見ながら、
右岸沿の街道を進みジョサレの集落を通り過ぎて
聖なる川ドウードウ・コシに掛かる高い吊り橋を渡って
左岸沿の街道を今夜の宿営地であるナムチェバザール(3440m)ヘ
向って歩を進める。
人気スポットのエベレスト街道は、
世界各国からのトレッカーが多く、
食料等生活物資の重たい荷物を載せた
牛の集団が下ってくる度に、
山側に避けて立ち止まることが度々あった。
日本人グループにも度々出会った。
ヒマラヤに旅慣れした外人のトレッカーのなかには、
“ナマステ”と挨拶を交わしていく人も数多くいた。
ナムチェバザールに近づくにつれて、
街道の勾配は急坂になってきた。
この頃から、私の歩行速度は隊列から遅れを取り始めた。
呼吸がやや苦しく歩幅と呼吸が合わないのだ。
建物が密集する集落に着く頃には、
日もとっくり暮れて薄闇の中を
鹿田氏の後にやっとついていく有様であった。
鹿田氏から、途中、歩幅の取り方が悪いと注意された。
ナムチェバザールの宿舎に到着したのは、
日も暮れた午後6時頃であった。
今日は、2610mのパクデインから、
3440mのナムチェバザールまで、
高度差約850mを稼いだことになる。



中編へ>>
<<戻る
<<HOME