<<HOME
<<前編へ
>>後編へ
カラパタール登頂トレッキング−中編−
岡山大学山岳会 作間 順三


10月28日(土)
快晴 午前6時モーニングティー。
7時朝食。
8時出発。
本日は、高所順応日である。
気分的に気楽に過ごせる1日になりそうである。
高度順応日の行動は、
高度差200m程度の丘にあるアーミーキャンプ及び
国立公園博物館への散策である。
志小田さんが先導して小さな丘を上り始めた。
私は2番手について、志小田さんの歩調に合わせることにした。
彼はゆっくりした歩調で、一歩一歩歩く度に、
周りに聞こえるぐらい大きく吸込んで
ゆっくり吐き出す呼吸法をして進んでいる。
私も彼の歩調、呼吸に合わせて進んだ。
この歩行方法は負担が少なく楽であった。
標高3440mのナムチェバザールは
クーンプ地方の中心で、シェルパ族の故郷といわれている。
3方を丘陵で囲まれ南側が開けた馬蹄形の窪地に、
2階建、3階建の民家やロッジが密集して
青の屋根と白の壁が快晴の朝日に輝いている。
30分弱で360度展望の開けた広々した丘の頂上に着く。
頂上から前方を眺めると
左岸の尾根沿にアマダブラム(6814m)が顔を覗かせている。
その左方から順にヌプチェ(7879m)、エベレスト(8848m)、
ローチェ(8516m)、が碧空の下に白く輝いている。
実にすばらしい大パノラマの眺望である。

丘から目を東方に転じると、
白銀に輝くタムセルク(6618m)が眼下に迫っている。
丘陵のあちこちに塹壕と兵舎があり、
時々兵士の姿を見かける。
雄大な景観と兵舎や塹壕の組み合わせは
なんとなく違和感を感じさせる。
ちっぽけな国立公園博物館を見た後、
ロッジの密集した集落へ下った。
日が高く昇った頃、ストック一本を求める為、
狭い路 地が階段状に密集した商店街に
佐藤さんと同行して もらった。
薄暗くて狭い店で
1500ルピー程度のス トックを買った。
店で私がストックを買っている間に、
佐藤さんとはぐれたので、
更に狭く汚いゴミゴミした 路地を下っていくと
広々した空き地で青空市場のバ ザールが開かれていた。
様々な衣類や米、麦、トウモ ロコシなどの食糧品や
日用品等が少しぬかるんだ
土 の上に敷かれたシート上に無造作に置かれ、
それを買 い求める人々でごったがえしていた。
バザールは毎週土曜日に開かれるという。
売手達は、ヒマラヤを超えてやって来たチベット族や、
ドゥードゥ・コシ下流に住むタマン族、ライ族達で、
買手はナムチェバザールをはじめクムジュン、ターメ、
パンボジエなどの周辺の村から集まったシェルパ族という。



ナムチェ村と西方に聳えるコンデリ(6187m)



毎土曜日に開かれるナムチェのバザール


10月29日(日)
快晴 6時モーニングティー。
7時朝食。
8時出発。
ナムチェバザールはクーンプ地方の中心で、
ここからエベレスト街道、ターメ、ゴウキョへの道が分岐している。



サナサの道路標識

右手に深い渓谷を見ながら、
山容の中腹に沿って緩やかに延びている平坦な街道を
志小田さんが先頭で隊列はゆっくりと進む。
歩行隊列は快調である。
左側前方の山上に建物が幽かに見える。
ホテルエレベストビュー(3720m)という。
この上からはエベレストがよく見えるのであろう。
街道の途中にあるチョルテンのある場所で休憩。
碧空の下、先鋒鋭いアマダブラム(6814m)が顔を覗かせている。
その左側にはローチェ(8516m)、ヌプツェ(7855m)が見え、
その向こうにエベレスト(8848m)が微かにのぞいている。
アマダブラム(6814m)は、
シェルパ族が信仰している山で
登山禁止がされており、未踏峰であるという。
名前の意味は“母の首飾り”という。
この美しい独立峰は、街道のどの場所からもよく見える。
平坦な街道はやがて谷底にある
ブンキの集落(3200m)へ下り始めた。
ナムチェバザールから高度差約250mの下りである。
今迄高度を稼いできたのに何とももったいない道程である。
川音が聞こえ始めて、かなり谷底に近づいた頃、
キッチンスタッフが数人、
クッキーと薬缶に入れた紅茶を運んで来た。
ここで休憩。
乾いた喉、疲れた体に温かい紅茶が体中に染み渡り旨い。
そこから暫く下って谷底にある
ブンキの集落(3200m)で昼食、
すでに午後1時前であった。
ブンキより大きな吊橋を渡り、
登りは急坂となった。
この登りは延々と続く。
本日の宿営地タンボチェ(3870m)に近づいた頃、
先導する志小田さんが、
もうすぐと言ったので息切れする体に気合をいれて歩を進める。
しかし、樹林帯の中に延びる急坂の街道は
一向に終着点が見えない。
息も絶え絶えになりはじめた頃、
突然樹林帯がなくなって、
見晴らしのよい広大な丘に出た。
前方には巨大な伽藍堂(ゴンパ)がある。
やっと到着したのだ。
本日から宿営はテントである。
ポーターが運んできたダッフルバックと
個人装備を整理するとほっとした。
夕食時、志小田さんから高山病の予防留意点を述べられた。
夜間水分補給を充分すること、
充分水分をとること、
そしてトイレに最低3回は行くようにと。
私は志小田さんの言われたことを守って、
目覚める度に水分補給を行い。
トイレに立った。
数回トイレに行ったが、
ついに水のような大便が出た。
下痢にやられたのだ。
とうとう心配していた高山病の症状に間違いない。
ここは富士山より約100m高い高所である。



ナムチェからタンボチェへは、左からエベレスト、
ローチェ、アマダブラムを眺めながら歩く


10月30日(月)
快晴 胃腸を壊して朝食は、
殆ど食べられなかった。
胃腸が全く受け付けない。
ランタン谷のキャンジンゴンパの宿営地や
テイキャプサカルカの宿営地の食事時と
全く同様の症状である。
今後の行程にいやな予感が走る。
本日は、高所順応日である。
志小田さんから、高所順応登山(高度差200m程度)に
行かない人は行かなくてよいと言われたのでほっとする。
私はキャンジンゴンパや
テイキャプサカルカ上部の高所訓練の苦い経験があるため、
疲れた体をゆっくり休養させることを決め
行かないことにした。
テントに残ったのは、私と大森さん、
女性隊員の佐藤玲子さんの3人である。
高所順応登山をする隊員達は
ゴンパの向い側に位置する小高い丘を1周するという。
1時間程度で帰って来るのではないかと思っていたが、
3時間以上かかって、昼食時前に降りてきた。
隊員が周遊する間、快晴の下、
開けたなだらかな台地をゆったり散策しながら
雄大なヒマラヤの嶺峰を眺望した。
今、まさにヒマラヤの奥深い山中にいる実感を肌で感じる。
のどやかな、晴天の下、顔馴染みのバイジャラさんと一緒に
見晴らしの良い丘の周辺を散策する。
大森さんは、テントの側に椅子を持出して、
日本人のトレッカーと長い間談笑していた。
佐藤玲子さんはテントの中から出てこなかった。
高山病で体調を崩したのであろうか。
東方に目を転じると、
碧空の下、
白銀を抱いたアマダブラム(6814m)が目近に見える。
その左方には、真っ白く輝いている大きな山脈の塊が見える。
ヌプツエやローツェ等である。
ゴンパ本堂の周辺には
赤色の屋根を葺いた細長い平屋建てが並んでいる。
僧侶達の宿舎であろうか。
ゴンパはクーンプ地方のチベット仏教の
総本山的地位を占めているという。
夕刻前ゴンパ本堂に藤田さんや
芦立さんらともに入る。
数十人の僧侶達が経文を読教していた。
ヒマラヤの奥深い高所にこのような巨大な建造物があり、
そこで、修行して生活している僧侶達がいること自体
信じられないことであった。





タンボチェ(3780m)から東方を眺めると
左からエベレスト、ローチェ、 アマダブラムが望まれ、
広場にはチベット仏教の大僧院が建っていた。


私は、極度の食欲不振に陥っていたので
朝食も昼食も殆ど口にしていない。
川西さんから、コカコーラは
300キロカロリーのエネルギーがあるということを聞いて、
早速売店から250ルピーで買い求めた。
確かに飲みやすい。
夕食もコカコーラで済ますしかあるまい。
午後の長い休憩で、
隊員達とゴンパ下の丘に腰を下ろしていると
盛んに眠気が襲ってくる。
高山病の影響であることは間違いない。

10月31日(火)
薄曇 タンボチェ隊の大森さん、
同行するバイジャラさん、井下夫妻、誉美さんと此処で別れる。
ここから下山されるのである。
我々カラパタール本隊は石楠花の樹林帯を下り、
アマダブラムを仰ぎ見ながら、
なだらかな登りを最奥定住村デイボンチエ(3980m)へ向う。
石楠花の樹林帯を進んでいる道中、
佐藤玲子さんや藤田さんが
長いトイレに行った様子であるが、
体調を崩されたかもしれない。
前日、芦立さんも胃腸を壊したと言っておられた。
10時45分バンボチエ(3980m)の集落に着く。
バンボチエはエベレスト街道最奥常住村で、
ゴンパを中心とした上村と、
イムジャコーラの水辺近くの段丘上に
居住を構えた下村との2つの村からなるという。
このコースの記録や写真はないが、
広大な台地を歩行した微かな記憶はある。
左手側に深く落ち込んだイムジャコーラがあり、
河原は広々しており帰路は
ここを通ると志小田さんが言っていた。
長い道程を経て到着時間は不明であるが、
デイボンチエ(4343m)ヘ着いた。
夕食前、ロッジで川西さんが、
隊員2、3人にマッサージを行っていた。
長旅の疲れと高山病で疲弊した隊員の体の疲労回復を図っている。
深夜何度か目をさまし、水をのみ、
牛が数頭いる囲いの中に掘られたトイレに何度か行った。
その内、大便を催したので起き上がろうとした時、
起き上がる前に水便が出てしまった。
極寒の中、パンツからズボン下、登山ズボンまで
全て着替えをしなければならなかった。
実に侘びしい気持ちになる。
下着のパンツは5、6枚準備してきたが
あと予備はあと1枚しか残っていない。
準備不足で失敗だったが後の祭りである。

11月1日(水)
薄曇 本日は高所順応日である。
広々としたイムジャコーラの河原には、
放牧の牛が出ないようにする
石積の防御柵が数多くある。
牛達がその中に囲われている。
当日の計画では、
ビブレ(4570m)またはチュクン(4730m)方面、
またはナンガゾン小ピーク(5075m)を往復となっているが、
隊員の疲れもあって、自由行動となった。
テントから出てみると、眼前にアマダブラム(6814m)が、
沸き上がった雲から半分姿を見せている。
その左手には、高い曇り空の下、
5千mから6千m級の山々が雪を抱いている。
石積の防御柵の間を一人散策していると、
小高い丘の上に大きなドーム状のチョルテンが建っている。
その上部には更に巨大なチョルテンが建っている。
小高い丘の上まで散策してみようと
登っていくと、人影が見える。
上部の巨大なチョルテン付近にいたのは
田淵さん兄弟と佐藤さんであった。
上部の巨大なチョルテンまで辿り着き合流した。
ドーム状の先端の棒からタルチョが風にはためいている。
チョルテンは悪霊よけのために建立されたという。
上部の丘から眺めると、
イムジャコーラの河原は広大で上流に延びている。
そこには沢山の牧舎が上流まで点在している。
夕食前、川西さんがマッサージをしてやるという。
お願いすることにした。
20分程度、肩背中から腰にかけてマッサージをほどこしてくれた。
実に気持ちがよい。疲れきった体が軽くなった。
まさにプロの技術である。
川西さんがこのような特殊な技術を
身につけていることは驚くべきことである。
いつどこで身につけられたのであろうか。


>>後編へ
<<前編へ
<<HOME