<<HOME
<<中編へ
カラパタール登頂トレッキング−後編−
岡山大学山岳会 作間 順三


11月2日(木)
曇 6時朝食。
食欲不振。おかゆを少し流し込む。
7時出発。
隊列について無言でひたすら歩く。
周りの景観は観察していない。
11時前にトウクラ(4620m)に到着。
午後3時過ぎに最終宿営地ロブチエ(4930m)に到着。
途中クーンプ氷河のエンドモレーン(堆石)のある急坂を
登ったりしたはずであるが記憶にはない。
ひたすら足元だけを見て黙々と隊列について行った。
道中の景観を写すゆとりもなかったのであろう。
11月2日の記録写真は1枚もない。
やっと5千m近くまで辿りついたのだ。
前回のランタントレッキングでは
最終宿営地ヤルカルカ(4700m)まで行くことができず、
テイキャプサカルカの宿営地(4400m)の
上部約200m程度までが、
私の最高到達点である。
テイキャプサカルカから、
最後の宿営地ヤルカルカ(4700m)で
出発間際に、テント内のシート一杯に真っ黒い嘔吐をした。
鹿田リーダーにその旨伝えると
“作間さん、これ以上の高度を上げると
体に負荷が増えることはあっても、減ることはない”と言ったので、
下山を決断し、一人ポーターを連れて
ランタン村方面に下ることになった苦い経験がある。
明日は、朝が早く、最終目的地カラパタール登頂の日である。
夕食後、湯タンポをもらい、
持参した枕で早々とシュラーフに潜り込む。

11月3日(金)
曇 午前2時30分モーニングテイ。
鹿田ツアーリーダーがパルスオキシメーターで
血中酸素濃度を測るも、メモリーに出てこない。
サーダーのペンバギャルツェンが
右手の人差し指をこすってみても、数字が出てこない。
一時的に50台の数字がでてきた。
血中酸素濃度が極端に低いことは間違いない。
高山病による肺浮腫が起らないか不安が頭をよぎる。
午前3時30分出発。
真っ暗な暗闇の中ヘッドランプを灯して隊列は進む。
私は最後尾を鹿田ツアーリーダーが先導し、
私の後ろにサーダーのペンバギャルツェンが
補佐して歩行を進める。
鹿田リーダーの後をついて暗闇の登りに歩を進めるが、
違った方向に行くとすぐサーダーが親切に修正してくれる。
暗闇の中をどういうふうに歩行したか、
歩調が乱れていたかどうか記憶にはない。
先行する隊列の灯すヘッドランプの灯かりも見えず、
隊列のずっと後方にいたことは確かである。
日が明るくなった頃、モレーン(堆石)の岩場を
幾度も乗り越えた記憶はある。
正午頃、ゴロゴロした岩場の丘を越え
ゴラクシェブ小屋(5100m)に着いたとき、
先行した隊員は食事中であった。
この時点で私の体力は極端に衰弱していたことは確かである。
高山病にやられここ2、3日殆どまともな
食事を摂っていない私にとっては、
体力維持の限界にいたことは確かであろう。
隊列が出発した後、食事のうどん(?)も
全く受け付けなかった。サーダーのペンバが、
私が持参していたカロリーメイトを
コンロで暖めて飲ましてくれたが、
その場で全て吐き出してしまった。
私の高山病による極度の体調不良を
心配した鹿田氏とサーダーのペンバは、
帰路、馬を使うことを話合った。
私は乗馬代に1500ルピー支払った。
カラパタールの急な登りに取付いた。
ペンバは、私が断わったが私の個人ザックを
持つというので、預けた。
鹿田ツアーリーダーは、ゆっくりとした足取りで私を先導する。
サーダーのペンバは私の歩行を見守ってくれる。
幾度か休憩をとりながら、
無限に上部に延びる急な岩場の登りを、
何も考えずに1歩、また1歩足元のみ見つめて歩を進める。
この繰返しである。
休憩して腰をおろすと急に眠気が襲ってくる。
鹿田リーダーは、“作間さん眠ってはだめだ、
大きな呼吸をしなさい”と注意する。
急斜面の岩場の登りを喘ぎながら進んでいると、
大便の尿意を感じたので、
大きな岩場の陰に駆け込むが何も出てこなかった。
オーバーズボンのチャックを閉めようとするも、
体が重くて難行した。
無限に続く難行の歩行を重ねて行く中、
上部に多くのタルチョのはためく景観が
目に飛び込んできた。目的地はもうすぐだ。
気を震い立たせて歩行を続ける。
しかし上部の稜線が絶えず見えるけれども
一向に近づいた様子は見えない。
体力も限界に近づいた頃やっと稜線に辿りついた。
私が座り込んでいると、サーダーのペンバが、
私のザックからカメラを取り出して、
記念写真を2枚撮ってくれた。
その時点では、記念写真を撮ろうとする意欲も
失せていたほど体も精神力も消耗しきっていたのだ。
暫く休憩して、カラパタールの稜線から下り始めた。
体力もやや回復したのか、足取りも順調に進む。
ゴラクシェップ小屋まで約1時間程度で一気に下り降りた。
小屋の下の丘は雪が少し積もっていた。
手配してあった馬に乗って、下ることになった。
鹿田さんも待機していた。
福田さんも後から馬に乗って下るという。
ゴラクシェッブ(5100m)から
30分程度行った所で隊列に出会う。
何か隊員達に対して申しわけない気持ちがする。
左岸の谷が深く落ち込んでいる。
馬からころげ落ちないように
前と後ろの握り紐をしっかり握り締める。
下方の河原に下る途中、
人が引いていない雌馬が1頭登ってきた。
私の乗っている雄馬は興奮して、
雌馬を追いかけはじめた。
左手側は深い谷底である。
私は思わず、手綱を強く握りしめる。
馬が尻を跳ねあげたら一貫の終わりである。
そこで、二人の御者が馬から下りるように言われた。
雄馬は、御者から手綱を振り切って、
雌馬を追いかけ始めた。
御者が下の河原で雄馬をやっと制御するまで、
私は歩いて下るはめになった。
ロブチェ(4930m)へ続く広々したイムジャコーラの平坦な河原を
長い時間をかけて到着したのは午後4時過ぎであった。
夕食時、カラパタール全員登頂の簡単な祝宴が行われた。
この席で志小田さんが、
挨拶の中で、私のことに触れられた。
“作間さんがカラパタール登頂に成功したのは、
作間さんと鹿田さんの執念で実現されたのだ”と。
二人の引率者は、私のことを真に心配していたのだ。
再度“ヒマラヤの敗者”にならずに済んだのは、
彼らのおかげである。



サーダーのペンバが撮影してくれた頂上での写真


11月4日(土)
快晴 午前8時30分、ロブチェの宿営地を後にする。
この日は記録も写真もない。
前日の難行登山で疲れきっていたのであろう。
高山病も峠を越して、歩行は順調に進んだ。
しかし、食欲不振はいまだに続いていた。
午後4時頃、本日の宿営地ベルチエ(4280m)に到着。

11月5日(日
快晴 快晴の下、午前8時30分頃ベルチェの宿営地を後にする。
左岸沿の緩やかで長い下りの街道を
かなり歩行した後、樹林帯の急坂を下る。
嶺峰の先に白銀を抱いた稜線から真っ白い白雲が沸き上がって、
紺碧の空とのコントラストが美しい。
更に下ると、山名は分らないが、
樹林帯から真っ白く雪を抱いた山塊が目近に見える。
午後4時頃、本日の宿営地バンボチェ(3980m)に到着

11月6日(月)
快晴 午前8時30分頃、バンボチエの宿営地を後にする。
右岸沿の山腹になだらかに延びる平坦な街道を
歩調のテンポよく歩を進める。
通ってきた街道から背後を振り返ると、
アマダブラムやローツェ、ヌプツェなどの嶺峰が
碧空の下に白く輝いている。
この景観ともお別れである。
山腹を横切る平坦な街道から外れて、
チョウチョの愛好家である藤田さんが、
網を持って追っかけている姿を何度も見かけた。
ヒマラヤでは動植物の採取が禁じられているはずであり、
いつか監視人に見つけられることは請け合いである。
俗にいう“がらにもない”学者風情のない藤田さんが、
蝶々を愛好するとは今もって不思議である。
タンボチェ(3870m)を通過し、
樹林帯の中、谷底のブンキ(3200m)への急坂を下る。
下からひきも切らず、大きな荷物を背負った牛の集団が
息をきらしながら、砂煙をけちらしながら登ってくる。
体を山側の斜面に避けるのも一苦労である。
谷底のブンキから今度は高度差250mの
テシンガ(3450m)ヘの急坂の登りに入る。
藤田さんが、私の個人ザックを持とうと言ったので、
一旦断わったが、敬意を表して預けた。
藤田さんは個人シェルパを雇っており、
手ぶらであるが、元気である。
急な登り坂が終わるころ個人ザックを受取った。
山腹を横切る平坦な街道をゆったりした歩調で進み、
隊列は午前9時40分頃ナムチエ(3440m)に到着。ここで休憩。
ナムチェからモンジョに下る樹林帯から遠望すると、
白銀を抱いた山塊に白い雲が湧きあがって、
碧空とのコントラストが美しい。
午後3時頃、本日の宿営地モンジョ(2840m)に到着。

11月7日(火曜)
快晴 午前8時30分頃、モンジョ出発。
ドウトードウ・コシ川を左手に見ながら、
ゆるやかな下り道を進み、
午前10時30分頃パクデイン(2610m)に到着ここで休憩。
更に歩を進めて急坂を下り、
川沿にあるナルニン(2492m)のロッジで昼食。
小さな吊橋を左岸に渡り、小さな上り下りを繰返しながら
一路トレッキング基点ルクラに向けて快調に進む。
帰路であるから隊列は自由気ままな歩調で、ばらばらである。
志小田さんの先行隊グループは3、4人ではるか先を飛ばして行っているが、
その後を私と佐藤さんと佐藤さんの個人ポーター3人が続く。
ルクラへの緩やかな登りがダラダラと続いて、
緩やかな山の斜面に人家がぼつぼつ見え始め、
軽飛行機の音がこだましてきた。
トレッキングの終わりはもうすぐである。
まさに感慨ひとしおである。
午後3時20分頃トレッキング基地ルクラ(2800m)に到着。
ロッジや店の密集した石畳の街道を通り、
今晩の宿舎ホリデイロッジ入る。
夕刻、シェルパやコック、ポーター達とのお別れパーテイが行われた。
酒宴が盛り上がってくると、日本の山の歌や民謡も飛び出す。
今度はシェルパ達も現地の唄を次々繰り出してきた。
終わり頃にはシェルパダンスも飛び出して
元気のある隊員が一緒になって踊りだした。
こうして、長いヒマラヤトレッキングはなんとか隊員全員無事で、
長旅の幕を綴じたのである。

11月8日(水)
晴 早朝、一部のシェルパやポーターの一の見送りを受けて、
我々隊員を乗せた軽飛行機はルクラ飛行場を後にして
一路カトマンズ空港へ向けて飛び立った。

11月9日(木)
終日ホテルで過ごす。

11月10日(金)
午後2時5分カトマンズ空港からバンコクへ。
午後11時55分バンコク空港から一路帰国の途へ。

11月11日(日)
午前7時10分関西空港へ到着。
私のヒマラヤ最後の旅は終わった。


<<中編へ
<<HOME