私のヒマラヤ山麓の旅
作間 順三

”その1”

トレッキング参加へのきっかけ
私のヒマラヤトレッキングの実現は、年1月26日に開催された
岡山大学山岳会総会予餞会に出席したことがきっかけである。
山岳会が過去5,6回海外遠征を行っているが、
その報告書を見るたびに、
羨望と諦めの境地の中で"ヒマラヤ"は遠い存在となって、
いつの間にか30数年が過ぎたのである。
ダウラギリ1峰の遠征計画と共にトレッキングが話題の中心になった。 
本年8月から10月にかけてダウラギ1峰の海外遠征と
隊荷輸送支援の為の最終のヒマラヤトレッキングを
4月上旬に敢行すると聞いて"ひょっとしたら自分も行けるかもしれない"と
ひそかな希望が現実のものとして大きく膨らんだ。
山に関しては、体も心も錆付いてしまった昨今
「白き神々の座」を一生に一度拝めるだけで本望である。

昨年は、ログハウス造りに熱中していたが、
今年は、時間はたっぷりあるし体力もまだ十分ある気がする。
淡い夢を実現する為には、あれこれ考えて迷わずに、
懇親会の席で会員の前で公言することが一番と思い、
大森山岳会遠征隊事務局長に、その場で参加の申し入れをした。
山岳部時代に互いに新人としてしごかれた
岳友大内氏も行けるチャンスがあるときは、
参加すべきであると勧められた。 
ヒマラヤ登山の経験の深い定金先輩(ダウラギX峰の登攀隊長・1975年)、
大森先輩(ガネッシュヒマールU峰の登山隊長・1979年)も4月頃が、
ネパールの国花である石楠花が一番見頃であり、
雨も少ないと、ひとしきり推奨されたし、
現地で雇うシェルパやポーターなどの素朴な人間性を盛んに誉められて、
ますますその気にさせられた。
青春時代から描いていた淡い夢を実現しよう。
後は実行あるのみ。



昨年、独力で建設したログハウス


心構えと体力の準備
こうして、ヒマラヤトレッキング行きが自他ともに確定したのであるが、
出発迄に、2箇月余りしかないことに気付き、少々不安が持ち上がってきた。
それは、ヒマラヤという自分にとって未知な世界での山行で
バテはしないかという不安である。
第1回のヒマラヤトレッキングに参加された大森先輩は、
懇親会の席で会員諸氏を前にして、
バテてロバの世話になったことを面白おかしく公表され、
皆の爆笑を引出されたことを思い出した。
しかし、大森先輩の二の舞はしたくないという気持ちから、
トレッキングに行く前にどのぐらいの歩行トレーニングしたかお尋ねすると、
何とか言う山(山の名前は忘れた)に6回程度登られたとおっしゃった。
そこで私は、我が故郷及び近郊にある一位ガ岳(672m)及び
花尾山(670m)など10回程度登り、
あとは、毎日40分から1時間程度平地の歩行訓練を重ねた。
今回はシルバー中心のトレッキング隊で、私が一番若いとのことである。
隊長の徳田先輩も私より7,8歳年上であり
女性も4名いるとのことで、
私は安心してすっかり不安は消えた。
そこで、ヒマラヤ行き即席トレーニングを早々と終了させることにした。
参加希望の隊員は8名程度で小人数しか集まらず、
ツアーリーダーの鹿田氏から同行者の誘いを依頼されて、
写真キチの義兄(我が愛しきかあちゃんの実兄)に
軽い気持ちで声を掛けて見たまず断られるだろうと思っていたが、
翌日には参加すると回答されてきて驚いた。
写真に対する情熱はすごい。


個人装備
個人装備の点検に着手する。ここでまた不安が頭を出した。
最近ハヤリの登山着スタイルはどんなものだろうか。
私の登山着やザック、靴などの装備は、
今もって大学山岳部以来伝統のバンカラ調で変わりなく、
お古物で済ましてしてきたのである。
中高年の登山ブーム到来で、山の会組織も活発で数もたくさんあるだろう。
流行の格好よい登山着スタイルは定着しているに違いない。
あれこれ考えた末、
参加するメンバーに迷惑をかけないような登山着スタイルを確保するため、
思い切って個人装備を新調することにした。
我が家から1時間半かけて宇部市にある登山用品専門店を訪れた。
手持ち金は少ないが、質のよいものはないかと勝手のよい注文をつけて捜して貰った。海外物で少し流行遅れで定価の半額という(事実かどうか不明)登山靴、
ヤッケ、スラックス、長袖シャツ、半袖シャツ、
肌着、懐中電灯、小型ザック、ステッキ、パスポート入れを購入した。
締めて6万円ちょっと、この投資額が大きいか小さいか現在のところ不明である。
これからの登山回数や登山方法のあり方で判明するだろう。

事前準備完了
ヒマラヤトレッキングの脚力訓練は終了した。
また個人装備の準備も大半は完了した。
これでヒマラヤの山旅も半ば成功したような大きな気分になった。
童心に返って遠足に出発する前の心境である。
大森事務局長が、タイミングよくこまめに提供される〈トレッキング情報〉が、
このウキウキした心境に拍車をかける。
大森局長に質問した。
「なぜこのような雑事を為されるのか」と。
「好きでやっているのだ」とおっしゃった。
私は、この時事務局長の為されようとすることを全て理解した。
つまり、ヒマラヤトレッキングは、
何も現地に足を入れた時から始まるのではなく、
既に準備段階から始まっていたのである。
個人装備の準備、旅の行程表、同行するシェルパやコック、
キッチンボーイ、ポーターへの対応の仕方、
現地の風土、おみやげの買い方まで、
微に入り細に入り、出発日時の近接にタイミングよく合わせて
情報提供し隊員に理解を深めさせて、より楽しい旅に終わらせようと、
隊員の意識高揚に努力されていたのである。
大森先輩は、責任感の強い優れた演出家である。


関西空港からカトマンズへ(4月7日)
義兄と一緒に天王寺駅で「はるか13号」に乗車。
支援物資を飛行機に積む為
わざわざ同行された大森事務局長を含めた岡山組4名と合流。
関西空港10時3分到着。
ほどなくして、体格のがっしりした多少髭面の好青年が、
我々がたむろしていたロビーにやって来た。
今から我々をヒマラヤへと案内してくれるツアーリーダーの鹿田氏である。
それから30分も経たない内に名古屋組の二人の女性も合流した。
これで隊員全員が揃ったことになる。
航空機に積み込む荷物検査を済ませば、いよいよ全て準備完了、出発である。

12時30分。
我々を乗せたロイヤルネパール航空412便は一路、
人口36万人の天空の古都カトマンズに向けて飛び立った。
途中上海に給油の為、立ち寄ったが滞空時間は7〜8時間とのことである。
初めての海外旅行が、ヒマラヤトレッキングの旅とは、また因縁深いものである。
この旅のためにパスポートを初めて取ったが、
私の知人の話しによると、
今時パスポートを所持したことのない人間は"化石"と呼ばれるらしい。
そう言えば、高齢な母もドラ息子二人も海外旅行経験は確かにある。
持っていなかったのは、女房と私だけであった。
この旅で私は"化石"から"旧人類"に格上げされることになる。
この次は、愛する"おかあちゃん"に是非海外旅行に出てもらおう。
カトマンズ空港へは、明るい内に到着した。
(到着時間は忘れたが現地時間の午後4時過ぎか?)
現地では何しろ時差が3時間15分あり、
時計の針を時差分逆戻りさせなければならない。
カトマンズ空港から、今夜泊まるシェルパホテルへは、
現地の迎えの案内人がきており、
鹿田氏の手慣れた会話と段取りでシェルパホテルへ無事到着。
この日は、兎にかく、疲れた。
窮屈な姿勢での長時間滞空と一日を余計に3時間15分過ごしたのだから。
ホテルで初めてネパール食の夕食を摂ったが、
どんなものを食べたか思い出せない。

カトマンズからポカラへ。
長い旅疲れも熟睡ですっかり取れて気分は快調である。
ホテルから一路、例の専用バスでカトマンズ空港へ向って飛ばす。
対抗車線のない土埃の道を、何十年も昔に日本にもあったオンボロ小型車や、
オート三輪自動車、自転車が遠慮なく突進してくる。
往来の激しい中を、民族衣装を纏った人々や、
敬虔がられて威張っている牛達が周りを気にすることもなく
漫然と横断し行き交っている。
実に巧みな運転さばきであっという間に空港へ到着。

カトマンズ国内空港は、国際空港と違って古ぼけてうす汚い
巨大な倉庫とも言うべき建物であった。
広大な盆地の中にある空港はいつも朝霧が発生するとのことで
一番機も飛んでいなかった。
いつ出発するの分からないらしい。
インド系やネパール系、チベット系など
様々な人種の顔と様々な民族衣装を身に纏った人で、
倉庫の中は混雑していた。
汚いトイレの便座が余りに高いのに閉口した。
私より背の低い人や子供達はどうするのだろう。

到着後一時間余りもすると霧が晴れて、
ポカラ行小型機に搭乗することになった。
搭乗前に手荷物の検査があるという。
隊員の最後尾に並んで荷物検査を受けた私は
サブザックのポケットからライターを係官に発見された。
政情不安で空港検閲が、厳しいと鹿田氏より事前に注意されて
調べていたはずなのに残念。
係官は、訳の分からない言葉でしゃべりかけながら
私のボデイチェックを始めた。
私の前に並んでいた人は、皆すんなりと通過したのに
何か私一人が罪人になったような心境である。
運のいいことに、私の後ろに並んでいたシェルパ頭パサンが、
係官にネパール語で事情を説明したらしくすぐ解放してくれた。
しかしライターは没収された。
ポカラ行きの小型機は本当に小さい。
背の低い私でも天井に頭がつかえるほどである。
横幅は1.5m程度で通路は、人一人がやっと通れる程度である。
飛行機が飛べなくて車でポカラまで行く場合には6,7時間かかるそうである。
オンボロ車でデコボコ道を6,7時間も我慢をするのは御免だ。
窮屈な姿勢でも少しだけ我慢する方が余程ましである。

心なし不安がよぎる有視界飛行の小型機は、
雲の上を40分ばかり飛んでポカラ空港に無事着陸し安堵した。
機上の中から待望のヒマラヤ山脈の頂きの一部が
雲の合間から姿をみせたが、雲か山か判別出来ないほど淡く
遠望しかできなかったのは、いささか期待はずれであった。

ポカラからルムレへ
金網で囲いされた土埃の空港は、
小銃を手にした兵士があちこちの要所で警戒に当たっていた。
空港の外で待機していたオンボロの専用バスに、
大型荷物と我々隊員及びシェルパ達を積み込むと
バスはいよいよトレッキングスタート基点ルムレを目指して走り出した。
このバスの性能から言って全力疾走である。
相変わらず、車線と信号のない土埃の道路を対向の小型車両、
オート三輪、自転車、人、牛など渾然と行き交い横切るのを物ともしないで、
ガタガタと大きな音を立てながら飛ばしに飛ばす。
乗っている最初の内は、車か牛に接触するのではないかとヒヤヒヤしていたが、
暫くするうちに馴れてきた。

道路沿いの民家は皆同じようなバラック建の窓の少ない木造平屋建が多い。
石組みか煉瓦の積み上げた造りもかなりある。
建物の薄暗い入り口の石段には大抵2〜3人の現地人が、
何をするのでもなく座り込んでたむろしている。
舗道とも言えない土埃の道を、
引切り無しに色黒い大人の男達が手ぶらで行き交いしている。
何の仕事をしているのだろう。
道路沿いの草地は牛が、
点々と歩きながらのんびりと草を食んでおり、
この情景は延々と続く。
河沿いに広がる畑は、家畜進入防止のため
全て1mぐらいの高さの石垣に囲まれており、
河岸沿いに延々と続くこの車窓からの情景も
幾何学模様を造り出して美しい。
ポカラの標高は886mである。
今日宿泊するチャンドラゴットの標高は、1572mである。
その標高差は約700mあり、
バスは石積で囲いされた棚田の続く山の急斜面を
幾重ものジグザグを繰り返しながらルムレの峠へと登り詰める。

ルムレからチャンドラゴットへ(4月8日。チャンドラゴット泊)
薄暗いバラック建の土産店が数軒並んでいるルムレ峠に着いた。
今日宿泊するチャンドラゴットへの道程は、
石畳の街道を30分程度歩いた所にあると聞き、気が楽になった。
「WELCOME TO CHANDRAKOT」の看板が立っている所で、
徳田隊長と義兄の記念写真を撮る。





ルムレでバスを下り、いよいよトレッキングが始まる


石畳の街道を快適な気分で進んでいると、
いつの間にか5,6人のチベット系の日本人と変わりない顔つきをした
若い女性達が寄り添うように我々隊員の側にぴったり付いて来て、
盛んに片言の日本語で語りかけてくる。
下のルムレにあった土産店の女性達らしい。
女性の中でも一番年増の浅黒いおばさんが、私の側を離れない。
私のことが余程気にいったらしい。
私に向って「あなたはchibettanね」とかなんとかのたまう。
キャンプサイトに間もなく到着する頃には、
道側にあった石楠花の花を二輪摘んできて、私に手渡した。
チャンドラゴットのテントサイトまで同行してきた彼女らは、
到着するとすぐに布シートを広げてみやげ物の商売を始めた。
〈トレッキング情報〉にあった場面が、展開したのである。
隊員の何人かは、彼女達との面白い価格交渉の駆引きの中で
勝ったか負けたか知らないが、買物に付き合わされたらしい。
私も石楠花二輪の花のおかげで300ルピー付合わされた。
どうもあの一番年増の浅黒いおばさんは、
最初から私にターゲットを絞って接近したらしい。



チペッタンのおばちゃんによる、
おみやげビジネスの展開が始まる。


テントサイトでは、既にテント5張と
男用便所と女用便所のテント2張が準備されていた。
それに食事用の大型テントも張られていた。
到着するとすぐ紅茶が出された。実にうまい。

実質的トレッキングの初日は、
チベット人女性達による賑やかな露店ビジネスもあったが、
後はヒマラヤ大自然の静寂につつまれた
午後の一時を実にゆったりした気分で過ごした。
晴れてさえすれば、このキャンプサイトから
アンナプルナ南峰(7219m)やマチャプチャレ(6993m)の眺望が得られるのに、
ミルク色の雨雲がそれらを覆い隠している。残念だ。

夕刻になる少し前に、天は私たちの願いを聞いてくれたのか、
黒々と折り重さなる山々のはるか彼方に
覆い被さっていた雲の塊の上部から
天空に向けてそそり立つ両雄が姿を現した。
これが初めて見るヒマラヤだ。
尊厳と畏怖の念を抱かせて白く光る姿は正に神々の座である。
思わずカメラを取り出しシャッターを押す。
しかし、雄姿を見せてくれたのも束の間であった。
またミルク色の重い雨雲が瞬く間に覆い隠してしまった。
あせることはない。トレッキングは今始まったばかりである。
明日からのヒマラヤの山旅に期待しよう。

午後6時頃、夕食は大型のダイニングテントの中で始まった。
山の夕暮れは早く外は、すっかり暗くなっている。
今迄見たこともない圧力ポンプの照明燈が1台テーブルに置かれた。
結構明るく全隊員の顔や表情まで識別できる明るさである。
夕食の中身は忘れたが、
ネパール食の中心であるフライドポテトや
ジャガイモ料理、スープ等はあったと思う。
違和感はなく結構美味しくいただいた。

突然テーブルに「HAPPY BIRTHDAY」とクリームかチョコレイトで
赤く縁取られた大きなバースデイケーキが運ばれてきた。
今日は、徳田隊長の記念すべき誕生日だったのである。
鹿田ツアーリーダーが、皆の前で私の誕生日も4月16日と報告する。
7名の隊員の内2名まで、記念すべきヒマラヤトレッキング中に
誕生日を迎えるのは奇遇だ。
鹿田氏が、このヒマラヤの山旅を企画する時点で、
このイベントをセットしていたに違いない。心憎いばかりの配意である。
このような高所で、よく手の込んだ旨いケーキをコックが作ったものだ。
その腕前に感心した。
徳田隊長は、感激してそのケーキを皆で食する前に撮影した。
トレッキングの山の最初の一日はこうして明るい話題を提供した、
陽気な雰囲気の中で終了したのであった。

チャンドラゴットよりガンドルンへ(4月9日)
旅の疲れで昨夜は熟睡した。
6時前にテントを出る。快晴だ。
しかしアンナプルナ南峰もマチャプチャレも
嶺峰の谷底から湧きあがるガスに覆われ
て姿を見せてくれない。
草むらに即席で組立てられたオープンテーブルで快適な朝食を摂る。



トレッキング初めての朝食


鹿田氏指導のストレッチ体操を終えて
8時前にテントサイトを出立する頃になって、
アンナプルナ南峰が、突然上体半分を現した。
義兄も私もこの時を逃すまいとカメラを構える。
義兄のカメラバッグを背負うのはシェルパのカジさんである。
義兄は、英語が達者であるから不自由はしないだろう。
今日の行程は、モデイ峡谷を目指して約250m下り、
ガンドルン(1950m)ヘ至るのに約600mの高度差をあげなければならない。
歩行時間も約6時間とトレッキングコース中一番難所である。
よもやこの後半登りコースで自分がバテルとは想定だにしていなかった。
しかし今は、体調は良好であり、気分も爽快。
石畳の急な階段をテンポよく下っていく足取りも軽快であった。



初めてヒマラヤの山々が見えてきた

小一時間下った見晴らしのよい棚田で大休止。
ヒルにやられたと騒ぎ出した隊員が現れた。
私も腰をおろして一服したが、ヒルが取り付いている気配は、全く無かった。
ヒルは、多分美味しそうな血を持った人を嗅ぎ分けて取付いたのだろう。

朝陽に映された段々畑が縞模様の影を
横一列に作って山頂に向って広がっている姿は、
いかにものんびりと穏やかで美しい。
遥か下方に淡い緑の草原をかき分けるように
モデイ峡谷のゴツゴツして茶色がかった河原が上流に向って延びている。
対岸の河原の縁に沿うように1本の線となった細い道が、
上流の河岸に沿って延び、周りに米粒ほどの集落が点在している。
今日の下り行程の完了も、もう目の前だ。
急な石段や平坦な街道筋に
伝統的歴史を秘めた数軒の古めかしい民家を後ろに追いやりながら、
モデイ峡谷の縁に到達した。
モデイ峡谷の吊り橋を渡って暫く行った所にある、
先程見下ろした集落の茶店で大休止。
子猿が1匹天蓋のある木造りのテラスに繋がれている。
裸足の5、6才の男の子と女の子3、4人が
この子猿とキャ、キャと屈託ない笑い声をあげて飽きることなく長い間戯れている。
遊び道具を持たない原住民子供達の生きた玩具であろう。
単純で素朴な風景が微笑ましい。
ここから30分程度緩やかな石畳の階段を
登り詰めた集落(シャウレバザールか)で昼食。
陽射しが暑く薄暗い建物(多分ホテル)の食堂で
焼きソバ、チャパテイ、チーズ、野菜サラダなど、盛り沢山のご馳走に満足。
ティー(紅茶)は、毎食事時には必ず出るが、旨い。



モディーコーラの吊り橋


シャウリバザール村で布を織る女性

ここからの街道筋の石畳の登りは、段々傾斜を増してくる。
キムチェ(1638m)にさしかかる頃、氷まじりの大粒の雨が降り出した。
英国人が、寄付したという小さな建物
(元学校、今は使われていないという)で雨宿りをする。
全員雨具を着て様子見しながら暫く待ったが、
小雨を見計らって再び急激な坂道を登り始める。
時々カランコロンと鈴を鳴らしながら下ってくるロバの隊列と行き交う。
異国の山地を歩いている実感がしみじみとする。
もうここまで登ってくると、
昨夜チャンドラゴットの宿泊地(1572m)より高い所を歩いていることになる。
街道の石畳の階段は、上部に登り詰めるほど傾斜を増し、
片方の足を上の石段に運ぶたびに息が切れる。
着ている雨カッパも暑苦しく重く感ずる。
今迄使ったこともないステッキも歩行テンポの呼吸を乱す。
最後尾を歩いていた私は、ともすれば遅れがちになる。
しかし、私より歳の行った男女の隊員諸氏は、
相変わらず同じ歩行速度で隊列を乱さず着々歩を進めている。
お年寄りに負けてはならじと気が焦せれば焦るほど、
呼吸は乱れ息苦しさが増す。私はバテたのだ。
ツアーリーダーの鹿田氏が、出発前のホテルで言った
「ピスタリ(自分に合った歩調でゆったり歩く)」を皆は守っていないのではないか。
健脚を競いにヒマラヤまで来たのではない。
雄大なヒマラヤの大自然をゆったりとした気分で楽しみにきたのだ。
あれこれ自分や他人を責めながら、
今日の宿泊地ガンドルン(1950m)に着くまで、
息切れと鉛のような腰の重さを引きずって
重荷を背負ったロバのように喘ぎながら登って行った。

夕食前、徳田隊長のテントの中から、
何かブツブツお経を唱える声がしている。
よく聞いてみると般若心経である。
ヒマラヤ聖地の中に身を置かれたことで、
信仰心が高揚されたのであろう。
隊長に一段の御利益あらんことを祈ろう。

ガンドルンからの眺望はチャンドラゴットより良いはずであるが、
ガスが遠方の山々をスッポリ覆い隠しており、
マチャプチャリの優美な姿を一瞬目にしただけで
ヒマラヤ眺望のご馳走はお預けになった。
明日に期待しよう。



ガンドルへの登りで、バテてしまった。


ガンドルンの宿営地では、
ガスがかかって山々は見えない。



ガンドルンよりタダバニヘ(4月10日)
5時半過ぎテントを這い出す。快晴だ。
テントサイトの前方に広がる早朝の雄大な景観は、
ヒンヤリとした大気に触れて心地よい。
まだ眠りから覚めていない黒々した山並の彼方に
白いアンナプルナ山群の稜線が淡い空にくっきりと描きだされて美しい。
まもなく、この白銀の嶺峰に朝日が当たるだろう。
突然アンナプルナ南峰の白い東斜面が薄桃色に輝き始めた。
その光輝く薄桃色の幅は、徐々に拡大している。
私はこの一瞬を待っていたのだ。
無我夢中でシャッターを押しまくる。
白き神々の座が目を覚まし、
我々に微笑みかけているのだ。
心地よい清澄な大気の中に身を委ねながら、
静寂で雄大な大自然に包まれて至福のひとときを楽しむ。
義兄も三脚台を持出して撮影場所のポイントを捜していたが、
我々テントサイトのもう一段低いテント場で三脚台の位置を固定し、
身じろぎもせず目標にレンズを向けている。
各隊員も黙々とカメラを目標に向けて集中している。
暗い影を落として眠っていた手前の山々の峰に
朝日が当たり出す頃、アンナプルナ山群は、
全身に陽光を帯びて稜線の境がわからないほど白く輝いている。
下のテント場でキャンプした銀髪の大柄な外人が、
このすばらし光景に感動して私に話しかけてきた。
しゃべっていることをよく理解できなかったが
持っているカメラは日本製のカメラという。
彼は、感動を一人占めにして抑えておくことが出来なかったのに違いない。

いつものように、6時にキッチンボーイが、
顔洗水と紅茶を持ってテントを回り、7時に朝食。
ストレッチ体操後7時45分に出発することになっているが、
今日もいつもの、このスケジュールをこなして出発。



ガンドルンの夜明け。
目前に圧倒的な大きさでアンナプルナサウス(7219m)が聳えている

今日の行程は、4時間程度のゆるい登りの歩行であるが、
高度差にして約800mある。
ガンドルからタダバニ(2725m)へのコースは、
今まで北上していたコースを西方よりに巻きながら進むコースである。
晴れて条件がよければ当然にアンナプルナ南峰やヒウンチュリを間近に、
正面から眺めることになる。期待が持てそうだ。
石段の急な坂道街道をロバ、
馬の隊列や民族衣装を纏った現地民族や
外人トレッカーのグループが「ナマステ」と挨拶を交わしながら下ってくる。

広々した敷地を持つ学校のある場所に出た。大休止。
徳田隊長は元学校の先生だけあって、
周りの風景には目もくれず、早速校舎の方に向って歩き出した。
そして戸外で数人の生徒が勉強している場所に近づいて
盛んに先生や子供に話しかけている。
青く澄み切った空をバックに真っ白に輝くアンナプルナ南峰(7219m)と
ヒウンチュリ(6993m)が眼前にどっしりと広がっている。

私と言えば、何はともあれ、この快晴の条件で
間近に見えるこのすばらしい風景を見逃すわけにはいかない。
広々した校庭の端でこの秀麗な景観を背景に
義兄とそれぞれ記念写真を撮り合う。

昨夜もぐっすり寝て、昨日の疲れはない。
歩行に邪魔になったステッキは大型バックに仕舞い込んだ。
今日からは、自分のペースで歩行と呼吸のタイミングをうまく図ろう。

石畳の街道が、山腹を並行に横切っている所や
急に登り坂になったりする所をうねうねと辿りながら進み
石楠花の樹林帯がちらほら現れる頃、
数軒の土産店のある台地に出た。ここで昼食。

女性隊員の一人がシェルパ頭(サーダー)のパサンから紙にサインを貰っている。
本来ならこのトレッキングは
父親のパサンが引率するはずであったが、
息子のパサンに任せたと言う。
体格のがっしりした大柄な彼は、
どちらかと言えば無口な感じを受けるが、
いつも落着いていて、シェルパやポーター、
我々隊員の動きに絶えず目配り気配りをしている様子で、
いかにも頼もしい24才の若者である。
エレベストには4回シェルパとして参加したと言う。
私も山旅が終わるまでには、サインを貰おう。

昼食を摂ったここから先は背の高い石楠花の樹林帯が続く。
真紅の花は7〜8mもあろうかと思われる樹の上部に纏まって咲いているが、
話しに聞いて想像していたヒマラヤの石楠花とはイメージが大分違う。
昔訪れた大分県の犬が岳(1131m)の尾根筋に群生している石楠花は
背は2m程度で低いが、
白やピンクの花を鏤めて豪華さにおいて勝っている。
いささか落胆した。
しかし、幹の直形が20cm以上もあろうかと思われる巨木の群生が、
果てしなく林立している風景は異様でもあり壮観である。
石楠花以外の他の樹木が殆ど見られないのは、
村人達が燃料として伐採した為と隊員の一人が言っていたが、
本当のところは現地の村人に聞いてみないと分からない。
真紅に咲き乱れている石楠花の林に囲まれた広々としたテントサイトに到着。
今日のの目的地タダパニ(2725m)である。
先ほど見た石楠花の巨木群とは全然様子が違う。
高所に咲いている石楠花は今が満開なのだ。
真紅の丸い束が幾重にも折り重なって
豪華絢爛に咲き誇り我々を気持ちよく迎えてくれた。
噂どおりの情景である。






ネパールの国花・石楠花の大木、
大きすぎて花をみるには、仰ぎ見る必要がある。


夕食は、強い風が吹けば、いまにも崩壊しそうな
木造造りの2階の展望台(ロッジの食堂らしい)で、
隊長の要望により今回初めてアルコール(ビールと地酒)を注文した。
地酒は特にうまい。
隊長も気分がよいらしく饒舌である。
しかし、食前のこの饗宴も1時間もしないうちに
強い雨と風のお見舞いを受け平屋建ロッジの食堂に移る。
その食堂では、銀髪の若い女性と東洋系の若い男性が
ノートとペンを持って盛んに会話している。
何の勉強をしているのだろうか。
我々の食事中の会話は、出された料理の話しやら、
写真、カメラの話しやら、子供の教育の話しやらなど長々と続いた。
今までより長めの食事を終えると、
暗闇の雨の中を走り抜けてテントに潜り込む。

”その2”へつづく

<<戻る/次へ>>

<<HOME