”その2”


タダパニからゴラパニへ(4月11日)

いつもの通り6時前にテントを這い出す。今日も快晴だ。
透明な天空に突き刺すように
先鋒鋭い独立峰のマチャプチャレ(6993m)が、
くっきりとした姿で夜明けを迎えようとしていた。
その鋭い頂きの東面稜が、淡い炎の輪に包まれて、
今まさに陽光が降り注ごうとしていた。
太陽は、マチャプチャレの裾野からゆっくりと登り始めた。
鋭い先鋒から東面稜に緩やかに延びる裾野が段々金色に輝いていく。
この場所からこの瞬間の景観は二度と見ることは出来ないのだ。
思わずシャッターを切る。



幻想的なマチャプチャレ(6993m)の黎明

今日は、タダパニ(2725m)からデオラリ(3103m)を経由して
ゴラパニ(2895m)への徒歩約5時間のコースである。
真紅に咲き乱れた石楠花の林をバックに
朝陽を受けて白く輝くアンナプルナ南峰に別れを告げて、
ホテルのロッジ脇を谷筋に向って下っていくことからスタートした。
ゴラパニへは、約150mの高度差を登ればよいのに、
わざわざ下って行くコースに損をしたような気分である。
暗い谷筋を100m以上下ったと思ったら、
又100m以上急坂を登ると言った有様である。
深い谷底を左手に見ながら山の急斜面をトラバースする個所もあった。
吊り橋のある河原で休憩したり、又上り下りを繰り返しながら
沢沿いの谷筋を登り詰めて明るい開けた高台に出た。
デオラリ(3103m)の峠で我々の昼食の場所である。
この高台でも真紅に染まった石楠花が束となって咲き誇っていた。
この峠には数軒の小奇麗なロッジが立っていた。
建物も広々としており、石畳で整然と敷き詰められたレストラン前の広場では、
7,8箇所にテーブルが並べられ、
数十人の外人トレッカーが談笑したり食事をしたりしている。
食事を終えて出発し始めた時、
椅子に座った銀髪の年配ご婦人がカタコトで
「オハヨウゴザイマス。」と言った。
我々を、日本人とすぐ分かるのであろう。
ヒマラヤトレッキングする数は、
ドイツについで日本というのは本当らしい。



デオラリ峠の茶屋で昼食。


デオラリ峠でも石楠花は満開

デオラリ(3103m)からゴラパニ(2895m)ヘのコースは、
一旦尾根筋に取付いて少し登ると、あとは、
ほぼ平坦な尾根道をゴラパニに向って緩やかに下ればよいのである。
山道も石積みの階段から、柔らかい土道に変わりほっとする。
やっとあの懐かしい日本の山道に出会ったのである。
道の両側には、さほど背の高くない石楠花が林立し、
真紅の花のトンネルを作っている。
柔らかい土道は真紅の絨毯になっている場所もあり、
実に快適な遊歩道である。
石楠花の樹林帯が切れて視界のよい広々した高台に出た所で大休止。
その広場には祭祀の為に作られたのか
4,5mの正方形の石積台がある。
隊員もシェルパ達もこの石積台に群がって、
午後の柔らかい陽射しを浴びながら、
夫々思い思いに一時の憩いを楽しんでいる。



デオラリ峠からの尾根筋に不思議な石組がある。
晴れていればダウラギリ連峰が見えるのに残念!




左から太田、作間、徳田、川島、仲田、今川、宍戸(デオラリからの尾根筋にて)

この広々した高台西端から眼下に今日の目的地ゴラパニの集落が見える。
赤や青色をしたおもちゃのような小箱の一塊が
午後の陽光に映えて光っている。
再び急な石段の下り坂を1時間も歩かない内に、
トレッキング中、最大の集落地ゴラパニに到着した。
階段状に点在するホテルやロッジのある中心部には、
石畳が敷かれた長さ50m足らずのメインストリートがある。
通りに面する建物は大半が2階建ての小奇麗な(今迄見た中で)造りである。
ここは、ダウラギリ山脈やアンナプルナ山群の大パノラマを楽しめる
プーンヒル登山の基地となっているからであろう。
ゲストハウスやレストランの看板を掲げている建物は、土産店も兼ねている。
街道筋となっているこの通りを、カランコロンと鈴を鳴らして、
大きな石を背に積んだロバの隊列が、喘ぎながら登っている。

私は、アンナプルナの概要図を求めて一軒の土産店に入ったが、
見張り番の小さい子供がいるだけで、
店の主人を探しに薄暗い店の奥に呼びに行った。
この子の母親と思える女主人は
360ルピーと貼られている定価を見て電卓をはじきながら、
300ルピーにまけると言う。
夕刻この地図を広げてヒマラヤの山々を眺めていた時、
背の高いイスラエル人が、話しかけてきた。
自分は今日ジョムソン経由で来たが同じ地図を100ルピーで買ったと言う。
彼がどこで買ったか知らないが、
私は200ルピー損をしていたのだ。


夕暮れが間近に迫るころ、
幽玄な谷間の大自然の静寂を破って、
大きな爆音を轟かしながら一機のヘリコプターが
我々のいるテントサイトのかなり上部に着陸した。
急病人でも出たのかなと思っていたが、
ヘリコプターは、延べ4回往復した。
日本人のトレッカーをポカラから運んで来たと言う。
日本人はやはり金持ちである。

夕食前、はるか西方の嶺峰を覆っていたミルク色の雲から
突然ダウラギリ1峰(8167m)の頭部が、姿を現した。
この場所に来て初めて見えるダウラギリである。
ダウラギリの裾野と思われる所から白い帯の峰となって
東方に連なる山脈は所々にピークを擁きながら
眼前の形を変えたアンナプルナ南峰(7219m)まで繋がっている。
隊員も皆テントより出てきて、雄大なパノラマに見入っている。
コック頭が、ピークの名称を誇らしげに説明している。
ダウラギリ1峰の右よりツクチェ(6920m)その右がニルギリ(7061m)、
雲間に見え隠れするアンナプルナ1峰(8091m)、
眼前に優美な姿を見せているアンナプルナ南峰(7219m)、
その右に手前の山に阻まれて僅かに頭を覗かせているヒウンチュリ(6441m)。
明日は、この大パノラマをプーンヒルの頂きで存分楽しめるのだ。
快晴であることを祈ろう。

夕食事時、鹿田氏より明朝は、
3時半起床4時に出発との指示があった。
このトレッキング中最大の見せ場を、
最高の環境条件で眺望するには、
特別の早起きも、やむおえない。
テントサイトの傾きが、やや気になったが、
持参したリキュル酒を少しばかり飲んで早々とシュラーフに潜り込む。

プーンヒルヘ。ゴラバニ泊(4月12日)
深夜の12時過ぎ、テントサイトの傾きで寝苦しさもあったが、
ウトウトする中で、下腹がぐしぐしする。
ヘッドランプを点けてテント張りの便所に駆け込む。
出てくるのは水ばかり。やられた。明らかに下痢である。
大事を前にして何たる様だ。何たる不運な男。
自虐の前に為すすべはない。
そういえば、昨夕食事を摂った小屋では、
キッチンボーイが、初めてストーブを焚いていた。
高度3000m近いテント場では、
夜間の冷え込みも相当なものであったに違いない。
特別な防護もせず、いつものスタイルで寝袋に潜り込んだ為、
腹を冷やしたにちがいない。
午前3時半起床まで、
下腹の居座り悪さの中でとうとう眠ることは出来なかった。
体調絶不調でも、プーンヒルへの登頂断念は絶対できない。

午前4時、隊員は3名のシェルパと共に暗黒の中を
ヘッドランプを点して高度差約300mのプーンヒル目指して登り始めた。
約1時間の登りという。
私は鹿田氏先導のもと最後尾を歩く。
隊員の倍の時間をかけても絶対登ろう。
歩き始めて10分も経たない内に又ぞろ、下腹がうずき始めた。
道脇の薮でキジ討ちならぬ水打ちを行う。
暗黒の中でヘッドランプを点して行うこの作業はなんとも侘びしい。
体調も気分も絶不調の中でゆっくり歩を進める。
鹿田氏が私の歩調に合わせてくれるのがうれしい。
上方で光っていた隊列のランプの灯かりも
いつの間にか暗闇の中に消えていた。
1時間半かけてプーンヒルの頂きに着くまで
道脇の薮で水打ちの作業をもう一度しなければならなかった。

プーンヒルの頂きに着いた時はもうヘッドランプも必要でなくなっていた。
広々した原っぱの中央には、
まだ人影のない高い展望台が黒々と立っていた。
我が隊員以外には人影の気配は、殆どなく
隊員達は、原っぱの北端寄りに三々五々居所を構え、
底冷えのする薄明の中で撮影チャンスを窺っていた。
多分我が、隊が1番乗りであろう。
手前の山々は、まだ黒い影を落として眠っている。
はるか西方から東方に連なるヒマラヤ山脈の淡い墨を流したような稜線は
薄紫の淡い空との境を作って幽かな輪郭を描きだしている。

眼前にあるアンナプルナ南峰東面稜の空が橙色に輝き始めたとき、
まず最初に、ダウラギリ1峰(8172m)が
東面稜頂上部分から徐々に桃色に染まり出してきた。
陽光の届かない部分は淡い影を造り、
どっしりとしたダウラギリの全容を徐々に立体的に描きだしてきた。
ダウラギリ1峰(8167m)を最初に染めた桃色の帯の峰は、
そこを基点に段々左右に分かれて伸びていった。
西方に位地するダウラギリ2峰(7751メートル)、
ダウラギリ3峰(7715m)、ダウラギリ5峰(7618u)、
ダウラギリ4峰(7661u)へと。
東方に位地するツクチェ(6920m)、ニルギリ(7061m)、
アンナプルナ1峰(8091m)、アンナプルナ南峰(7219m)ヘと。
今まさに高度7千mから8千m級ヒマラヤ連山の大パノラマショウの
幕開きが始まろうとしていた。
嶺峰のピークを中心に細く伸びていた桃色の帯の峰は、
徐々に幅を広げながらやがて白銀の連山となって輝き始めた。
早朝の寒気と静寂を秘めた空間に厳然と光輝いて
静かに横たわる連山は、正に神々の座である。
東西に伸びる雄大で荘厳な景観の全容をカメラに収めることは出来ない。
先ほどまで張付いていた心身の不快感はすっかり消え去り、
無我夢中でシャッターを押し続けた。指先が凍るほど痛い。

何時の間にか、まばらであったトレッカーの数も増して賑わっている。
外人の若者グループや小さな子供を連れた家族グループ、
若い外人男女のペア、日本人グループも数組いた。
このすばらしい大パノラマの景観に陶酔し歓声をあげたり、
沈黙して静かに見入っている者もいる。
彼らは、眺望のよい原っぱの北端から東端寄りで
黙々とカメラを白銀の連山に向けている。
義兄も三脚台を好位地に据えて身じろぎもせずカメラを覗き込んでいる。



太陽の光は、盟主ダウラギリT峰から当たり始め、周囲の山々を目覚めさせていく。


眼前に広がるヒマラヤ連山の中では、
やはりダウラギリ1峰が全てにおいて群を抜いている。
優美で気品があり威風堂々として貫禄がある。
私は早朝の陽光に映えて刻々と変わるこの雄姿を逃すまいと集中してカメラに収めた。
そして、二度と一緒に訪れることはない記念にと
ダウラギ連山を背景にパサン、カジ、もう一人の若者の3名のシェルパを写真に撮った。



マチャプチャレの後ろから太陽が昇る。               



支援してくれたシェルパ。

荘厳で雄大な景観に陶酔ばかりして
至福の時間をいつまでも堪能することは許されなかった。
下のゴラパニの基地では、キッチンボーイ達が、
我々の為に朝食の準備をして待ってくれている。
隊員全員の記念撮影を終えると
名残惜しい気持ちを抱きながら、プーンヒルを下って行った。

下山後、体は軽くなっていたが
下痢は完全には治まらず終日私の体調は勝れなかった。
椀1杯のうどんと椀1杯のおかゆを食べたことは記憶している。
出された盛り沢山のご馳走には手を付けなかった。
鹿田氏が正露丸の小瓶を渡してくれたし、
女性隊員の一人が抗生物質の丸薬をくれた。
実に有りがたい心使いである。
睡眠不足もあったので、とにかく寝て体力の回復を図ろう。
私は、薬の効能に期待してほぼ終日テントの中で寝るか横になっていた。
幸いのことにプーンヒル下山後の今日は自分にとっては沈殿日であり、
明日からは下山コースである。

ゴラパニからヒレへ(4月13日)
今朝も快晴である。
いつものように6時前にテントを抜け出した。
西方に目をやるとダウラギリ1峰は、
東面の頂き部分が朝陽を浴びて白く輝いている。
東方に目を転じて眼前のアンナプルナ1峰は、
東面の稜線部分の境が光りの線となっているだけでまだ眠っている。
この場から見えるヒマラヤ連山の夜明けは、
西方のダウラギリから始まるのだ。
手前の黒々したまだ眠りから覚めていない山並みの向こうに
乳白色のガスが薄く水平にたなびき、
更にその先に、薄暗い紺色の山並みが水墨画のように霞んで連なっている。
その更なる彼方に朝陽を浴びて
白く光り輝いているヒマヤラ連山の姿は幻想的でさえある。

朝食とストレッチ体操を終えて出発する頃には、
見納めとなるダウラギリ1峰を中心とする大パノラマは、
陽光を全身に帯びて遠くに白く霞んで見えた。
−ダウラギリよ、さようなら、アンナプルナよ、さようなら。−

昨日1日の真面目な節度ある生活態度(絶食)と正露丸のおかげで、
今朝は、通常のキジ討ちができた。
体は多少軽いが、心身はほぼ元に戻っている。
女性隊員の一人から紙パンツの提供を申出されたが、
暖かい心使遣に感謝しつつ丁重にお断り申し上げた。
例え病でも私が、紙パンツをして歩行する姿を
如何様にも想像することは出来なかった。

今日は思い出の地ゴラパニ(2874m)から
ジョムソン街道をヒレ(1500m)に向って
高度差約1400mを6時間かけて下る長いコースである。
テントサイト下のメインストリートの端から街道を下り始めた。
コース自体は往きの急激な登りコースと違って
どちらかと言えばだらだらとした緩やかな長い道程である。

途中馬1頭1頭が夫々に頭に餌袋を吊り下げられて
平等に食事している小屋の前を通り過ぎたり、
日本でも馴染みの黒牛が我が物顔で街道一杯に散らばって
日向ぼっこしているところやら、
5、6頭の水牛が棚田にたむろしている場所などを通り過ぎて、
山の急斜面に開けた台地ウレリに到着した。
昼食の場所である。
旨い紅茶をすすりながら一服していると、
頭に大きな網篭を載せた浅黒い顔をした民族衣装の女性が
急斜面をものともせずゆっくり登ってきている。
この急斜面でも石積みの囲いをして
棚田や果樹園を切り開いている。
7,8才くらいの女の子が山の急斜面の上方に向って
2頭の山羊を追い立てている。女性や山の子供が、
ここでは働き手の中心だ。
働き手の男の姿を殆ど見ないのは、
現金収入を得る為に下の町に出稼ぎにでているからとのことである。
トレッキング中に多くの棚田を見てきたが、
そこには麦やトウモロコシ、じゃがいも等が、主に植えられていた。
石積で囲いされた無数の棚田の農作業も
女性や子供に任されているのであろうか。
学校にもいかず、農作業に従事する小さい子供の身なりは
貧しく裸足が多いが、どの子供の瞳もつぶらで清らかに輝いている。
ヒマラヤの大自然の中で、
何百年以上もの歴史をもって
受継いだ彼らの自給自足の単調な生活様式は、
我々の高度文明消費社会と縁遠いに違いない。



ヒレに向かって、
4000段を超える石段を下るジョムソン街道は、
物流の幹線でもある。


暗緑色に染まった滝壷に
真っ白な清流が音を響かせて流れ落ちる谷間の脇道を通ったり、
3、40mの吊橋がある集落を通過したり、
石積み壁のバラック建民家のある急斜面の台地で
竹篭を持った中年女性が働いている姿など、
のんびりした風景を楽しみながら、
大きな荷を背負って喘ぎながら登ってくるロバ隊や
馬隊を幾組も交わしながら、
今日の宿泊目的地ヒレに到着した。
ヒレは、このトレッキングの最終宿泊地である。
明日は我々の為に献身的に尽くしてきたシェルパやコック、
キッチンボーイ、ポーターともお別れである。
彼らは、皆人なつこく素朴である。
言葉は通じなくとも歩行中も休憩中も食事時も身振り手振りで
心の通じた対話は十分できた。
トレッキングに行く前に定金先輩や大森先輩がおっしゃった通りであった。
名残惜しい。
念願のパサンのサインも出発前に
「Sardar Pasang KidarSherpa 13.4.2002」と貰っており思い残すことはない。

夕食前に、鹿田氏から彼らの為に、
何かプレゼントするものを竹篭に入れて置くようにとの伝達があった。
私は、何にすべきか迷ったが、
防寒の予備として持ってきたジャンパーと夏用のポロシャツ、
テントサイト用のスリッパ、それに長年愛用してきた
ナイフ、ホーク、スプーンの3点セット付きを提供することにした。
日本から1カートン持参した愛用のたばこ
"マイルドセブンスーパーライト"は、体調を崩したこともあって
一昨日たばこを吸うシェルパ頭パサンに4箱提供した。

ヒマラヤ最後の夕食がロッジの食堂で始まった。
私は持参した殆ど飲んでいない
"またたび酒(リキュウル酒)"を提供した。
次々に運ばれてくるご馳走の食卓に突然、
徳田隊長の誕生日に出されたと同じバースディーケーキが運ばれてきた。
私の誕生日はまだ2日後である。
カトマンズで迎える予定であった。
否、政情不安でトレッキングの出発日程が5日延期されなければ、
帰着後に迎えるはずであった。実に運がよい。
ヒマラヤトレッキングの最終日の晩餐に
ヒマラヤ山中でお祝いをしてくれるとは、感激の至りである。
記念すべき思い出となるに違いない。
りっぱなケーキを作ってくれたコック達は勿論のこと、
徳田隊長や鹿田ツアーリーダー、隊員諸氏に深く感謝しなければならない。



お別れパーティーでマドラのリズムにのってシェルパダンス。


一段と賑やかな夕食後に、ホテル横の小さな広場で、
ツアーに参加した全ての人々 ―隊員、シェルパ、コック、
キッチンボーイ、ポーターによるお別れパーティーが開かれた。
我々隊員のお礼の挨拶に始まって、
シェルパ達による伝統的民族音楽の歌声に合わせた踊りが展開された。
軽快なリズムに乗って手足や腰を、
こ気味よく揺らして踊っている。
義兄のカメラザックを担いだ控えめなシェルパのカジさんが、
今日は、余興の中心になって
細長いつつみ太鼓(名前は忘れた)を打ち鳴らして
歌と踊りを盛り上げている。
単調で独特のリズムと音感を持った歌と踊りは何回も繰返された。
彼らの陶酔が高まってくると、
椅子に座って手拍子していた我々隊員の一人一人を
この踊りの輪の中にそれとなく引っ張りだした。
でんと構えていたシェルパ頭パサンもコック頭も
この踊りの輪に加わった。
歌と踊りが最高潮になってくると女性隊員の主導で
日本の踊り・炭坑節他幾つかを披露することになった。
日本の歌と踊りが、彼らに理解できたかどうかは分からないが、
日ネの親交に役立ったことは確かである。

この歌と踊りの宴はかなり遅く(午後9時前か)まで続いた。
終わってからも徳田隊長と鹿田氏が、
シェルパのパサンらと夜遅くまで酒を酌み交わしたと言っていたが、
私が日本から持参した酒"またたび酒"の宣伝を
徳田隊長が盛んにしている声をウトウトしながら
寝袋の中で微かに聞いていた。
体調の不良で飲みそびれた"またたび酒"であるが、
日ネの親善に役立ったのならば幸いである。

ヒレからナヤプルヘ(4月14日)
最終トレッキングの朝を迎えた。
広大な山腹の斜面に天空に向って延びる段々畑とその周辺に点在する集落
 ―見慣れた風景― とは今日でお別れである。
今日は、昨日下ってきたジョムソン街道を更に下り、
トレッキングの最終地点ナヤプル迄の約3時間行程のコースである。
チャンドラコットを基点にプーンヒルの登頂を含めて
延べ約60km近くを1週間かけて歩行したことになる。
最後の歩行だ。気を引き締めて転ばぬよう下ろう。

テントサイトから少し下った広場で、
原住民と思われる3,4人が煙をあげながら
羊一頭丸焼きをしている。
そう言えばシェルパが、今日はネパールの新年だと言っていた。
新年のご馳走を準備しているのであろう。

かなり下界に近づいたと思われ、景観も変わってきた。
明るく開けて広々した畑で、
水牛が2頭のんびりと草を食んでいる。
石段の下り勾配も緩くなって歩行も軽快である。
隊員も最後のトレッキングを楽しんでいるかの如く
気ままに隊列を崩してゆっくり下っている。
今頃になって、やっとピスタリを実践しているのだろう。
時々、見慣れた風景、
鈴を鳴らして登ってくるロバ隊、
大きな荷を背にして喘ぎながら登ってくる馬の隊列、
外人トレッカー、頭に紐で吊るして大きな荷物を背負った姿で
ゴム草履か裸足で登ってくる原住民など
ーの中に時々奇麗な民族衣装を身に纏い、
化粧を施して着飾った東洋系やインド系の若い娘達が行き交うのに出会う。
新年のお祝いで、どこに出かけているのだろう。

新緑を、かき分けるように狭まった谷間の岩肌から
真っ白い清流が紺碧の滝壷に落ちて三段の瀧となっている場所に出た。
今迄と違った景観がよく見える場所で2回目の大休止をする。
パサンがあと40分程度で昼食を摂る場所に着くと言った。

ジョムソン街道を下る峰と対岸の峰が
下方で合流する(モディ・コーラの合流点)前方に、
高く聳えて山上がなだらかな形をした山が見える地点に下りて来た。
隊列の先頭を誘導していたシェルパが
「前方の頂上付近に小さく微かに見える集落が、出発基点のチャンドラゴットだ。」と
指差して言う。
我々はチャンドラゴットを基点にモディ・コーラを横切り
ヒマラヤ山麓の嶺峰を登り下りしながら左周りに回廊したのである。
ひとしおの感慨が湧いてくる。

しかし我々は広大なヒマラヤ山脈のほんの一部の山麓をトレッキングしたに過ぎない。

ほどなく歩行を進めていくと
土産店も多い大きな集落地ビレンタンテイに到着。
ここは我々が、下ってきたジョムソン街道筋の峡谷を
流れる清流と氷河を削って
黄土色に混濁したモデイ峡谷の河が合流する地点である。
この河にかかる鋼鉄製の長い橋を渡り
少し下って明るく開けた台地にある茶店で昼食。

毎日、我々の三度三度の食事に気を遣いながら、
沢山の日本食を織込んで、
熱意を込めて作ってくれたコック、キッチンボーイとは、ここでお別れだ。
実に名残惜しい。
彼らは、又次ぎの仕事が入っており、
ヒレまで折り返すそうである。
河沿いにある広々した草地でのんびりした昼食後の一時を過ごしたあと、
いよいよ彼らとお別れである。
名残惜しく一人一人固く握手して、
我々は後幾らの距離もないトレッキング最後の終点ナヤプルに向けて歩き出した。

ポカラ泊(4月14日)
我々を乗せたオンボロ専用車は、
ナヤプルからルムレ峠を通り
ギイギイと肝を冷やすような大きなブレーキ音を立てながら、
登って来たジグザグコースを反対に下って、
今日宿泊するポカラのストウーバホテルに無事に到着した。
パサン始めシェルパ、ポーターとここでお別れすることになった。
仕事が入っておりヒレに舞い戻るそうである。
7日間行動を共にしたパサンらシェルパとは特別に名残惜しい。
もう二度と彼らと会う機会はないだろう。
そう言えば、専用バスの私の前の席に座っていた若いポーターは、
昨日提供した愛用のポロシャツを早速身に付けていた。
このシャツともお別れだ。

7日ぶりに体中の垢をホテルのシャワーで洗い落とした後、
鹿田氏の先導で市内観光に出かけた。
メインストリートの両側にはホテルや土産店が軒を連ねている。
店も小奇麗とは言えず、どちらかと言えば路地裏にある商店のようで薄暗い。
道路は様々な衣装で、様々な顔付をした人や自転車、
バイクなどが渾然と行き交いしている。
舗道一杯に陣取って寝そべっている牛もいる。
義兄と話しながら舗道を歩いていると、
真新しい牛の糞を踏んずけてしまった。
腹が立つのに、怒りの持っていきようがない。
注意して歩かない自分が悪いのである。
人間と同等の権利を主張している牛達は、全く傍若無人である。

メインストリートが切れる所を右に折れて
美しい佇まいをみせているペワ湖畔にでた。
暗緑色に澄み切った静かな湖面と周囲を取り巻く新緑の林の背景は、
美しく映えてロマンチックな気分にさせる。
この静かな湖面上を何艘もの観光用ボートが静かに滑っている。
また来る機会があれば、
この広々した美しい湖畔で一日のんびり過ごしたいなと
思わせるよなペワ湖であった。



ポカラのペア湖は天気がいいと
湖面にアンナプルナ連山を写し出す。


帰り道徳田隊長は、
山岳会宛のダウラギリのネーム入りTシャツを買う為に
仕立屋を兼ねた土産店に立寄った。
夕刻迄には、仕上がるそうである。
夕暮れ時、この湖畔の公園内で夕食をとることになった。
園内にテーブルが次々に並べられ
多くの観光客や現地の住民と思われる家族連れや、
カップルでテーブルはすぐ満杯になった。
湖畔での夕食―現地産のビールとネパール食―は、
周りの景観とマッチして心地よい雰囲気を醸し出し快適な場となった。
その内、すぐ側にあるホテルかレストランに設置された舞台で、
若い男女の伝統的民族舞踏が、
鼓と歌に合わせて始まった。
それは若い女性グループだけの場合もあり、
男女混合で行う場合もあった。
どこの民族か分からないが何れも美男美女であった。
手先や腰をうねうねと揺らす踊りは、
うっとりするほど艶めかしい。
この見飽きないセクシャルな舞踏を1時間程度堪能すると
今夜宿泊するストウーバホテルへ帰る時間となっていた。
ストウーバホテルでは、
土の上に敷かれたテントマットの野宿生活から8日振りの
柔らかい快適なベッドが待っている。

カトマンズ(4月15日)
翌朝、例の小型機でポカラ空港から飛び立ち
古ぼけた巨大倉庫のカトマンズ空港に降り立った。
背の高いネパール人のスチュウアデスは
乗客が降りる時、天井が低く狭い機内の昇降口で、
首を真横に折り曲げて挨拶していた。
今日は、カトマンズ泊りである。
8日振りに戻ってきたシェルパホテルで、
荷物の整理を済ますと
鹿田氏の案内で今日1日市内観光と買物を目的に出かけることになった。
出発前に市内の概略図を鹿田氏から渡された。
複雑に入組んでおり、じっくり見ないと分からない。

北に向って、現王宮正門に続くメインストリートに出ると、
人、車の往来は極めて激しい。
さすが人口36万人の大都市である。
信号のない道路を現地の人々は車の流れにまかせてすいすいと渡って行く。
鹿田氏は、車の往来の激しい道路の横切り方を指導する。
まず後方から来る車に注意しながら道路の中央迄進み、
今度は前方から来る車の流れを見計らって素早く反対側の舗道に辿り着く。
王宮正門前を西(左)に折れてカトマンズ最大の繁華街に至る迄
もう一度この危険な行動をとらなければならなかった。
日本の様に安全に一気に渡りきることは不可能である。
王宮を取巻く高い塀の前にある舗装道路を
小銃を肩に掛けた兵士達が巡回している。
繁華街に至る舗道は、民族衣装をきた様々な人相の人の群れが
ひっきりなしに行き交いしている。
舗道上では露店を開いて我々観光客に向って盛んに声を掛けている。
我々はその声を無視し、前方だけを見る様にして通り過ぎることにした。

商店を中心とした繁華街は、
人や自転車オートバイでごったがえしていた。
この混雑の中を、オンボロの中古小型車が、
次から次ぎへと平然と割込んでくる。
商店街の入り口から100m足らずの所にある小さな広場から
北に進路をとり更に少し行った所を西に向い、
更に少し歩いた所を今度は南に下る。
4m足らずの道路の両サイドにはチベット絨毯、
鋳造仏像、仏画、トルコ石、民族服、ネパール紅茶など
様々な専門店が犇めき合っている。
大型の店舗はなく皆間口の狭い商店の集合体である。
店の中はどちらかと言えば薄暗い。
先程南に少し下った所を更に南に下がり、
日本食の店「古都」の2階で昼食を摂る。
様々な日本色メニュがあった。
徳田隊長は300ルピー以上するものを注文していたが、
どんなものか忘れてしまった。
女性隊員は、おかゆを、注文していた。
私は190ルピーのチキンの照焼きを注文したが、
付いてくる品数も多く旨かった。
日本円で換算すれば、約330円である。
現地での金銭感覚からすれば高価なものに違いない。

昼食後、鹿田氏お勧めのネパール紅茶店で
土産用として1個100ルピーから200ルピーの紅茶を数個買った。
同行した隊員もかなり買込んでおり、
鹿田氏は、この店の売上に随分貢献している。
店主から感謝されたに違いない。
買物に余り興味を持たない私や義兄、徳田隊長は、
午後の早い内にホテルに引上げた。
夕食は、ネワール族の男性ガイド(名前は忘れた)の案内で、
旧王宮が使用していたと言う場所(現在は高級レストラン)で
伝統的舞踏を見ながら宮廷料理を楽しむことになった。
この丸顔の明るいガイドは、流暢な日本語を話している。
その品格のある建物の二階で、
敷かれたチベット絨毯に我々は座して
次々運ばれて来る宮廷料理を
この上ない高級な気分で味わうことになった。
そのうち目の前で独特の民族衣装を着飾った美しい女性や男性が
次々に現れては優美な艶めかしい踊りを
音楽と鼓の音に合わせて展開し
食事の宴も盛り上がった。
徳田隊長も気分が、大変よろしいと見えて
盛んに手拍子をしている。
出されたラム酒と地酒(名前は忘れた)の旨さが後押ししたのであろう。
気分のよさにつれられて、
ガイドの男性に向って
「酒をのんでも、飲まれるな」と言う日本の駄洒落を
一所懸命説明をしている。
その朗らかなガイドは、その意味を理解できないらしいので、
私が隊長の空になった杯に
「もう一杯ラム酒を満たして飲めば、その意味の状態が分かりますよ。」と
ガイドに言ったら、隊長は、私を指差して
「HE IS NEPARIANN」とこのガイドに言った。
そこで私は「チベットの女性からCHIBETTANNと言われている。」と切替えした。
2時間足らずの楽しい饗宴を終えて
心地よい気分に浸りながら専用車で我々は、ホテルに帰って行った。

カトマンズからいよいよ帰国の日(4月16日)
この日は、午前中、専用車による現地ガイドの案内で
大きな寺院を中心とした市内観光で
午後は、夜の出発まで自由行動となっている。
現地ガイドの男性は、小柄で日本人らしい顔付きをしているが、
彼もネワール族と言っていたが、日本語が達者である。

まず、最初に行ったのは、
ホテルから専用車で北東約30分のボードナート(別名目玉寺)であった。
周囲を建物の要壁で丸く囲まれた中央には
高さ約20m以上はあろうかと思われるドームを持つ
世界一大きなストウパ(仏舎利塔)があり、
その丸くて白い巨大な建造物には圧倒された。
要壁となっている建物の周りには主に仏具の店がぐるりと並んでいる。
信者や観光客も多く、
ストウパの周囲や2階の屋根状の石段に座ったり歩いたりしている。
ストウパの周りを腹這いになって尺取虫のように進んでいる信者もいた。
2階にある修養道場では、若い信者の数十名が読教していた。
二階の上部に登って眺めると、
このストウパの周囲には信者の為のホテルと思われる建物や
寺院らしき建物が林立し、赤や黄色の色を染めて朝日に輝いていた。



ボダナート(世界最大のストゥーパ・仏舎利)
塀沿いにはマニ車があり1回廻すと、
1回お経を唱えたことになる。


次に訪れたのは、
ボードナートの南に車で30分程度走った所にあるパシュパテイナートであった。
ガイドは「この寺はシバ神を祭ったヒンズー教の寺で、
本院にはヒンズー教徒以外立ち入り禁止となっている」と話してくれた。
我々は、小さな川(バグマテイ川)の対岸から眺めたが、
4層になっている白の屋根部分と
朱色の壁面を支えている焦茶色の柱を備えた大きな建物を中心に、
周囲を取り囲むように鮮やかな朱色や白一色に装うた寺院が
かなりの数で林立していた。
ヒンズー教徒が、本院前の階段にたむろしていたり、
分院の中の石段をぞろぞろ上り下りしている。
何か神秘的でもあり不気味でもある。
バグマテイ川対岸の石段の上には死者が白い布に包まれて安置してある。
その近くの石段上部では、
その死者を荼毘に付す薪の準備が為されていた。
死者の灰はこのバグマテイ川に流すのがヒンズー教の習わしらしい。
我々が、対岸を眺めたその上の高台には、
シバ神を象徴する男性器と女性器の合体した彫像が
連続したアーム状の中に祭られていた。



死者を火葬にする準備がされていた。
(パシュパティナートにて)


次に行ったのは、スワヤンブナートである。
カトマンズで一番古い仏教、ラマ教の寺院である。
かなり高い所まで車で登り、
後は、階段を登るとカトマンズ市内が見下ろせる高台にでた。
頂上には高い尖塔を持った寺院や
丸くて白いドームの上に猿の顔が刻み込まれた四角の壁面と
その上に丸い尖塔がある何とも奇妙な建造物があった。
別名モンキーテンプルと名称がつけられているという。
日本のお寺に近い二層屋根の寺院もその近くに建っていた。
宗教や建築様式に造詣が深い人ならば、
さぞかし興味を引きつける建造物群であろう。
残念ながらそのような知識や能力を持たない
我々は単なる一般観光客であった。

そして最後となる観光地は、
途中国立博物館の側を通って暫く行った所にある旧王宮と
その周辺の寺の総称をいうハヌマンドカであった。
旧王宮広場に至る道路は、大変な人込みで混雑していた。
様々な人種の様々な装いをしたものすごい人の流れである。
更にこの人込み中を自転車やバイクが、平然と走りぬける。
広場の周りには二層、三層の屋根を持った寺院やドーム状の寺院、
屋根を支える多数の柱に仏像が様々な形で彫刻された細長い寺院など
正に寺院の展示場の如くであった。
壁面や柱は、全般に朱色に染められて全体の景観として異様に写る。
壁や窓枠、柱など木の部分は実に繊細な模様彫刻がほどこされている。
2千年の歴史を秘めたカトマンズの古都を忍ばせる情景である。

最後に、少女の生神様がいるという
煉瓦造りの古い三階建て建造物の中庭に案内された。
その生神様は、年に数回しか建物から外にでることを許されないと言う。
我々のガイドが、三階に向けてこの少女の名前を呼んだら、
ほんの1分程度窓から姿を見せてすぐ引っ込んだ。
ちらと見ただけであるが、何か神々しくかわいい少女のように思えた。



スワヤンプナート(別名モンキーテンプル)              


生き神様の館・クマーリ寺院

旧王宮広場の少し先から
カトマンズの銀座ニュウロードと呼ばれる奇麗に舗装されて広々した道路を、
東方に向って進むと現王宮前のメインストリートに繋がっている。
ニュウロードの側には高級な専門店が立ち並んでいるが、
我々は鹿田氏の案内でネパール紅茶店を訪れた。
ここでも殆どの隊員が土産用の紅茶を大量に購入した。
鹿田氏は、トレッキングの名ガイドであるばかりでなく観光名ガイドであり、
カトマンズ経済の発展に随分貢献していると思われる。

昼食は、昨日と同じパクナイジョイ地区にある「古都」で摂った。
隊員諸氏誰もが別のネパール食堂へ行って
異国料理を食べてみたいという要望を述べる人もなかった。
隊員諸氏全員日本食が一番よいらしい。
私は、チキンの照焼き料理の味が忘れられなく
今日も190ルピー支払った。

昼食後は、自由行動となったので、
義兄と二人で、地図やヒマラヤの写真を売っている小奇麗な店に入り、
ダウラギリの地図とプーンヒルで眺望した
大パノラマが写っている約1mの細長写真を買った。

次ぎに行ったのが絵画を売っている店である。
写真だけでは物足らず、
鮮烈に焼付いたヒマラヤ連山の映像を
少しでも思い出させてくれる味のある絵画が欲しかったのである。
アンナプルナ南峰、アンナプルナ1峰、ヒウンチュリを背景に
民家と原住民の女性が描かれている
のどやかな風景画を買うことに決めた。
布に描かれたこの縦40cm、横35cmの風景画の値段を
若い男性の店員に尋ねると8000ルピーと言う。
値段交渉が、英語でうまく折衝できないので
義兄に依頼して交渉して貰った。
電卓を弾きながら5500ルピーという。
財布の中にはルピー紙幣は無くなっていたので
日本円で支払うことにした。
11,000円で、1ルピー2円として計算されていた。
高い買物であるかどうかわからないが、
自分にとっては、価値ある記念品である。

土産や記念品の購入によって
今日の午後のスケジュールを消化し早々とホテルに引上げた。
これで、私の10日間のヒマラヤトレッキングの行動日程は、
全部完了させたことになる。
後はホテルで夕食を済ませ、
23時45分発ロイヤルネパール航空機に搭乗するだけでよい。


ヒマラヤ山麓旅の終わりに
こうして、私の実質的ヒマラヤトレッキングはナヤプル迄の歩行で終わり、
最後2日間はポカラやカトマンズの市内見物や買物で、
山旅の疲れを癒す休息と思い出を締めくくる記念観光であった。

私自身、このトレッキングで多少のトラブル(バテたこと、下痢)があったが、
実動1週間のヒマラヤ山麓の旅は、初めて目にするものや、
初めて体験するものばかりで、感動の連続であった。
7,8千m級のヒマラヤを一度だけでも、
この目で見てみたいと言う願望の為に始まったトレッキングの1日1日が、
非日常的で異質な世界に溶け込んだ体験であった。
ヒマラヤ山脈のスケールも桁外れで、
その美しさも言葉で表現できないほど神秘的であった。
天空に向って延びる広大な段々畑も
桁外れの規模と幾何学的模様を鏤めた
異国情緒豊かな情景であった。
何百年以上もの歴史を持った石畳の街道や集落も、
その道を行き交いする多民族やロバ、
馬の隊列も異質の文化に触れた情景であった。
真紅に咲き乱れる石楠花原生林のスケールの大きさと華やかさも、
日本では見ることの出来ない想像を超えた景観であった。

今回のヒマラヤトレッキングは、
天候にも恵まれ大成功だった。
この成功の裏には、鹿田氏のツアーリーダーとしての実力と
並々ならぬ努力があったことと思う。
チャンドラゴットで彼と話しをしていたとき、
彼の所属するアルパインツアーサービス(株)の会長は吉野満彦と言っていた。
彼は、吉野氏は、両足指を失っているとも言った。
私は、聞いたことがある名前と思って後日調べてみたら、
以前読んだことのある「新山靴の音」
(平成4年3月25日初版出版。発行所東京新聞出版局)
の著者であった。
紹介欄に「日本人として始めてマッターホルン北壁を登攀し、
アルプスの岩壁への先鞭をつけた人」と記されている。
登ったヨーロッパアルプスやヒマラヤ山行も数しれず、
日本で初の「海外トレッキング会社」を
創設された一人であると著書に書かれている。
彼が、この名門のツアー会社に入った動機は聞いていないが、
アルパインツアーサービス(株)の創設者であり、
且つ著名なアルピニストでもあり、
この魅力的人物である吉野満彦氏に惹かれて入社したことは確かであろう。
彼自身、現在日本山岳会会員であり、
ヨーロッパアルプスやエレベスト街道など多くのツアーを体験しており、
将来名ガイドになることは請け合いである。
又そう願う一人である。



<<戻る

<<HOME