<<HOME
<<戻る
エベレスト・カラパタール登頂 
トレッキング19日間

佐藤 玲子


昨年6月、OHC(岡山ハイキングクラブ)
クリーンハイク(芥子山)で渡辺典江さんより、
“ヒマラヤ・ランタン谷を行く”とゆう冊子を見せていただきました。
これは、2004年10月26日〜11月13日のものでした。
ヒマラヤ山群の美しいこと・・・・・・。
「渡辺さん、良かったですね、凄いですね。」
私は、感動のしまくり。
「佐藤さんも行けるわよ。大森さんが、また来年企画する、
と言っておられたので、そのときは声をかけるわ」
いとも簡単に言われる。そこで、好奇心の大きい私は、
「そうですか、その時はまたよろしくお願いします」。
これでヒマラヤのことは、すっかり頭から無くなっていました。
ところが今年2月
「ヒマラヤトレッキングの説明会が有るそうですよ」
と渡辺さん
「そうですか、興味はあるものの、私にはどうでしょうかね。・・・・・・」
「兎に角、行って聞いてみてごらんなさい。
行くか止めるかは9月頃に判断すればいいことなので・・・・・・」
とのこと。
「そうですね、自分の知らないことを教わることもあるでしょうしね」
と説明会への参加を了承しました。
第一回目は、母が亡くなり雑事に忙殺され、
不参加となりました。
第二回目からは毎回参加しているうちに、
自分もチャレンジしてみようという
気持ちになってきました。
それからというもの、岡山の山、
九重連山、大雪連山、甲斐駒ヶ岳、
仙丈ヶ岳、奥穂高岳、荒島岳、
富士山と都合がつく限り登ってみた。
中でも、富士山に登って、
高山病になればヒマラヤは、だめと心に決めていた。
しかし、さほど高山病らしきものには、ならなかった。
ただし、ヒマラヤの説明会で
教わった高山病予防の6ヵ条を
きっちりと守りながら登ったのですが・・・・・・

10月11日、
大森さんより、龍ノ口八幡宮へ
『登頂祈願』に行くとの連絡を頂き、
何が何でもお参りして、
ヒマラヤ・カラパタール登頂できるように
お祈りしてお守りを頂く。
大森さんの話をきていると
自分も本当に5545mのカラパタールに
登頂出来そうに思えてくるのでした。
未だ見ぬ未知の世界、美しい景色、
人々との出会いなど、楽しみに胸をふくらませる。
でも、一人になると不安が・・・・・・
最初はタンポチェまでで帰るパーティーに予定していたのですが、
川西さんに
「カラパタールまで行こうよ」
と誘って頂いたのと。
「山岳部学生の久下さくらさんが、カラパタールに行くので、
佐藤さんどうですか?テントやホテルも二人で、ちょうどいいのでは」
と言われ、さくらさんを見ると、
笑顔がとても可愛らしくて感じのいいお嬢さんなので、
つい「行く、行く」と言ってしまった。
最終説明会で、健康診断書がいるといわれ病院へ、
結果はあまり良くまかった。
肺に影があり、血液検査では、
胃の腫瘍陽性とのこと。
肺のCTの結果は、
「今のところ様子を見ましょう」.。との事。
胃カメラは、後日ということにして結果待ちということに。
自分の中ではもうだめかなと
諦めかけていたが直前になって“OK“がでた
ヒマラヤに向けて、約9ヶ月なにかにつけて努力してきた。

10月24日
いよいよ今日は出発、
娘に送ってもらって大多羅駅へ、
駅では、石原さんと一緒になったのでほっとした。
岡山駅では、皆が集まっている。
????“さくらちゃんがいない”。
彼女は、急に体調を壊してキャンセルしたとのこと。
“ああ、ショック”
気をとりなおして、新幹線へ乗る。



岡山大学山岳会の方々に見送られて岡山駅を出発

今日は、タイでホテル泊リ。
夕方大森さん他4人で市内を散歩した。
寺院はとても綺麗でしたが、
街はホコリぽくって、痩せた犬や猫を多く見た。



新しくなったバンコク新空港


翌朝カトマンズのラディソン・ホテルヘ、
ここで荷物の入れ替え。
うまく荷物をまとめるのに苦労したが、どうにか収まった。
明日からいよいよトレッキングの始まり、
怪我のないように、
元気で歩けますように、・・・・・・・

10月26日
今朝は天気もよいので飛行機は飛ぶだろう。
それぞれに話しているのが聞こえてくる。
無事ルクラに到着。
しばらくして、マイポーターを紹介される。
15歳の笑顔の可愛い「ウッタム」とゆう少年だった。
孫と同じ歳なのにこれから14日間も
他人の荷物を持って歩くのか・・・・・
自分の孫だったらどうだろうか、
あどけない笑顔が、いとおしく思えてくる。
「よろしく、お願いします」といったら、
笑いながら首を横に倒した。
???日本語がわかると聞いていたのに。 
まあ、いいか!
いよいよトレッキング開始。
ルクラはすでに2、800mと教えられていた、
高山病予防対策の十分な水分補給、
深呼吸、ゆっくり、ゆっくり、
自分をチッェクしながら歩く。
今日は、一日目パクディン(2,610m)泊まり。
初めてシュラフを使うことになったが、
入るときは“みの虫”を創造して一人笑い。
なかなか眠れなかったが、
いつの間にか朝になっていた。



15歳のマイポーター「ウッタム君」、
婆ちゃんと孫のコンビです。



10月27日
6時起床、シュラフを袋に入れるのが慣れない私には大変、
またダッフルバックのファースナーを閉めるのに大格闘。
この事を知ってか隣の部屋の佐藤さんが
「シュラフが袋にはいりましたか?」
と声をかけてくださった。
「何とか、入りました。」と今は、まだ元気で答える。
心配してくださっている。
“ありがたい”ことと“感謝、感謝“
配られて来たモーニングティーの紅茶がおいしい。
洗面器一杯のお湯で洗面を済ませ、
7時朝食、8時出発、今日も元気だ。
思ったよりも体が軽い。
谷沿いの道は心地良く、
遥か前方にも他のパーティが、歩いている。
私達のパーティの前後にはゾッキョやヤクが
重い荷物を背中に乗せて歩いている。



ゾッキョは、人間3人分の荷物を運ぶようだ


足音がしたので、振り返ると、
シェルパの人達だった。
道を譲って見送った。
だが、背負っている荷物を見て、びっくり!
背丈ほどの荷物を、さほど大きくもない人達(女性も含む)が登って行く。
しかも、私達よりも、速くて、
足取りもしっかりしている。
どれほどの重さなのだろうか、重そうに見える。
足に履いているものは、ゴムぞうり、
良くて破れかけたズック、中には裸足の人もいる。
・・・・思わず、マイポーターの足元を見る。
“ああ、良かったスニーカーをはいている。
”でも素足だった。未だ15歳とゆうのに・・・・
これから2週間この子と旅をするのだ。
あらためて
「ウッタムくん、よろしく。マイ、ネイムイズ、レイコ、サトウ」
片言で言うと、彼は「OK!」と笑った。
笑顔の可愛いこと。
彼の笑顔に癒される。
川原で一休みしてから、“ナムチェ”へ向かった。
行けども、行けども今日の宿泊地、ナムチェは見えない。
時計を見るともう4時過ぎている。
予定だと、到着しても良い頃なのに・・・・
しばらく行くと、丘の上に集落が見えてきた。
『ああ、見えてきた、見えてきた』と、
数人の声が聞こえている。
リーダーが、「ここで、最後の休憩を取って行きます」と言った。
こんな所で休憩取らなくても、
すぐ目の前なのに、早く行ったほうが・・・・・と思った。
10分ほどで出発30分程で先ほどの村にはいった。
今日のロッジは何所だろうか?
・・・・ところがこの村を通り過ぎてしまった。
「えっ!この村ではないのですか?」
「あの出っ張った所を過ぎたら見えるから」
とリィーダーは、あっさり言ってのけた。
まだまだ、歩くのか・・・・他の人達もやや、疲れている様子。
どのくらい歩いたのだろうか。
もう陽は、とっぷり暮れていた。
重い足をひきすりながら、
坂道と階段を繰り替えしながら登って行く。
まだか、まだかと、
キャップライトを頼りに・・・・やっと着いた。
一番上の右奥だった。
“やれ、やれ着いた”6時だった。
今日は10時間の歩行。
間もなく、夕食になったが、食欲がない。
周りを見回して見ると、
どうやら大山さんが高山病らしい。
凄く元気だったのに。
・・・・・人事ではない。
自分も気を付けなくては、
あらためて高山病予防にチッェクして、
自分に言い聞かせる。
湯タンポをもらって、寝袋へ。“お休み”

今日はナムチェ滞在、高所順応日。
村はずれの国立公園博物館往復、
途中でアマダブラム、タムセルク、
奥のほうに、エベレストの頭が少し見えた。
「あれが、エベレストですか?」
「そうじゃ、あの山が、“ドン”と目の前に見える所まで行くよ」
と大森さんの声
「そうなんだ」
自分の勉強不足が恥ずかしい。
昼食後、バザールに行って、
雪用の手首の長い手袋を買った。
値切る楽しさも味わった。
でもなかなか負けてくれない。
・・・・軒を連ねる店には、
山に必要な物は、揃いそうだった。
中古品もかなり有る。



毎土曜日バザールが開かれる。
平地の少ないナムチェでは狭い道端に
商品と人がごちゃごちゃ



翌朝、体は、思ったより回復していた。
タムセルク、アマダブラム、
エベレストなどを、眺めながら、
ほぼ平坦なトラバース道をテシンガ(3,450m)へ。
ここから、いったん谷底のプンキ(3,200m)へ下り、
“ああ、もったいない”谷底を見て溜め息をついた。
昼食は、プンキで取る。
スパゲティと丸ポテトのフライだったが食べたくない。
紅茶を飲んで、ポテト2個とスパゲティを一口食べた。
もう食べられない。
もったいないと思いながらも残した。
古川君の体調が悪くなっていると聞いたが、
自分自身が、精一杯。
昼食後、再び高度差600mの坂道を登り返す。
腰が痛い。ウエストポーチをしているのも辛いので、
ポーターさんに預けた。
彼も、快く持ってくれたので助かった。
今日は、急坂が長い。しんどい。
やっとの思いで、タンポチェ(3.870m)へ到着。
大きな寺院がある。
もう私達のテントは張られていた。
いよいよ今夜からテント泊。
よそのツアーのテントも沢山張られている。
あっと言う間に陽が暮れた。
食事のロッジ、トイレいずれも、
テントから離れている。
おまけに、トイレの前には“ヤク”が数頭、陣取っている。
暗いので、ぶつかると大変。
風が、ヒュウ、ヒュウと鳴っている。
ちょっと怖い・・・夕食も食べたくない。
少し下痢ぎみ、紅茶と味噌汁を飲んだだけ。
ユタンポをもらって、すぐにテントに帰る。
疲れがひどい、早く寝ることに
・・・・2時間ほど眠った頃、腰の痛みで目が覚めた。
寝返りをしたとたんに、
「ああ・・・・・・・・・・」
もう、パニック状態。
凄い下痢!どうしよう、
動くとまた大変。
自分の意識なしにでてしまう。
動けない・・・・・・・・・・・。
大きなナイロン袋で、簡易トイレを作り、
朝を待つことに。一人のテントで良かった。

今日は、再び高所順応日。
朝食の声を掛けられるが、
それどころではない状態が続いている。
お湯は命の水と思い飲むことにした。
目の前の山に訓練で登るよ。
と言われたが、目も開けられない。
リーダーの鹿田さんが、薬を持って来て下さった。
早急に回復することを、ねがいながら、
ゴックン、早く良くなれ。
テントの側で、大森さんと、誰かが話しをしている。
他のパーティの男性、この人も下痢をしている様子。
大森さんと明日帰ると相談している。
“私も、帰ろう”と思った。
「佐藤さん、寝るばっかりじゃなく、外に、出てごらん。
エベレストが良く見えるよ」
と大森さんの声に元気ずけられて、
「はい」と返事をしたものの、
フラ、フラして気持ちが悪い。
がんばれ!!気合をいれて外に出る。
本当だ! 大森さんに誘われてテントから出ると、
快晴の空の下エベレスト、ローチェが輝いていた
青い空、雪をかぶった白い山、やさしい風が全身を、
清めてくれるように思える。





「ああ、きれい・・・」
太陽がまぶしい。
感動にひたるまもなく、
またも下痢。
「大森さん、私も明日、連れて帰ってください」
とお願いしたが、
「急いで、結論出さんでも、明日の朝でええ、明日は良くなる」
と言われる
「・・・・」。
この調子では、皆と一緒に行動できない。
困ったなあ・・・・大森さんが
「佐藤さんエベレストを背にして、写真を写そうや」
と誘ってくれる。
私は、生気のない顔だろうと思ったが、
これも記念と思い、パチリ。





夕方、またもしつこく、
「大森さん、ほおって帰らないでよ。」
とお願いする。
「大丈夫、いざとなったら、ヘリコプターを呼んであげる、
そのために保険も掛けているんだから・・・・。
鹿田がリーダーでおるから大丈夫。
彼は、そんじょそこらのリーダーとは違うよ。
いろいろと経験を積んでいるから、
彼に、命を預けるつもりで行っておいで。
それに、佐藤さんは、高所順応は、
しっかり出来とるから」
と言われる。
「・・・・・」私も、この話には、反論できない。

6時からお寺で、お経が始まると聞き、
帰るにしても、行くにしても、
もう少し元気にならなくてはと思い、
皆と一緒にお参りして、体調の回復をお祈りする。
夕食はお茶だけにして寝ることにした。



タンボチェ僧院にお参りする


10月31日
いよいよ、大森さん達が帰路につく。
お別れの記念写真を撮った。
全員とタンポチェで帰る組とカラパタール行き
「お〜い、佐藤さんは、こっち、こっち」
とカラパタール行きのほうへ連れていかれる。
「大森さん、連れて帰ってもらえないんだ・・・・」、
「大丈夫だから、昨日言ったように・・・・行っておいで!!」
と言い残して、帰って行く、帰りたい、
淋しい・・・・
頼りにしていた井下さんの奥さんも、帰って行く。
女性は、たった一人になってしまった。
この体調でどうしようか・・・・・・

残った人達を見ると、田淵さん兄弟、
石原さん、川西さん、今日まで皆励ましてくれた人達がおられる。
特に、川西さんは、マッサージをして下さったり、
介護用おしめも沢山もらった。
「全員の登頂を目指している」
と言っておられた。
そう言えば、ナムチェでも、大山さんに
マッサージをしてあげているのを見たな。
川西さんも、疲れておられるでしょうに・・・・・
おかげで、昨日よりも少し良くなっている。
ありがたかった。
“そうだ。もう行くしかない。
何所までいけるか、やるだけやる。
自分へのチャレンジ”
と心に決める。
なんとか、遅れながらも付いていける。
2時間半ほど歩いた所で、
リーダーから皆に相談があるので近くにきてください。
「今日はディンポチェ(4,343m)に泊まり、
翌日は順応日の予定でしたが、
体調の悪い人が多いので、
1つ手前のオルチョに泊まることにしたらどうでしょうか? 
皆も賛成したので、オルチョで昼食、
夕食まで時間が有るが、
高山病予防のためにも、
眠らないように、とのことでした。
夕食は、おかゆを1/3ほど食べて、テントに帰る。
明日は元気になりますように。

11月1日
今日も天気は良い。
6時起床、7時朝食、8時出発、
もうこのリズムが出来てきた。
しかし、今も下痢は止まらないが、
回数が少し減ってきた。
水分はしっかり取ろう。
昨日、途中泊まりだったので、
今日は早くディンポチェ(4.343m)に着いた。
体がだるい。
家にいたら何もしないで、
病院へ行き、寝ているに違いない。
明日はもっと高度が上がっていく、
体力を、とりもどさなくてはと思い、
砂を噛む思いはするものの、
お粥と味噌汁を飲む。
今夜は、冷える、ユタンポを2つもらった。
明日も無事に歩けますように。

11月2日
今朝は、少し気分がいい。
川原から斜面に取り付き、
ク−ンプ氷河のエンドモレーン(堆石丘)の
末端にあるトゥクラ(4.620m)へ。
それから、高度差約300mのモレーン(堆石)の丘の急坂を登り、
その後、平坦な道をロブチェ(4.930)へ。
体は、しんどいが、景色が癒してくれる。
青い空、真白な雪の山群、
広々とした広野を秋風が気持ちよい。
エベレストがキラキラと光ってかっている。
夕食を半分ほど食べて、外に出た。
雪をかぶった山々が、月に照らされて
青白く、星も一段と大きく、キラキラと輝いている。
空気も澄みきっている。静かだ。
この世のものとは思えないほど綺麗。
来て良かった!!明日は、いよいよカラパタール登頂。
登れるだろうか、“不安”でも早く寝ることにしよう。



この頃から日中は天候が崩れてきた


11月3日
AM3時40分出発、
キャップライトを付けてゆるやかな山道を進み、
チャングリ氷河の末端のガラ場を横断して、
ゴラクシェップ(5.100m)へ到着。
ここまでは、未だ大丈夫だった。
余分な荷物を置いて休憩の後出発。
途中半分ぐらいまでは付いて行けたが、
だんだん遅れていく。
頂上は、すぐそこに見えているに、足が前に出ない。
しんどい、しんどい。
覚悟はしていたものの、
・・・・・・・やっとの思いで、頂上へたどりついた。
ここは、カラパタールの頂上(5.545m)、
風が強く、曇っている。
エベレストが見えない。残念!
先に着いた人達が、
「寒い、早く写真を撮るぞ」
と声がかかる。
やっと仲間入り。“記念撮影”吹き飛ばされそう。
それにしても、登頂の感動がない。
どうしてだろうか。
「下に見える雪の多い所が、エベレストのベースキャンプ、」
等々、説明してくれているのですが、
風が強く声が聞こえない。
ゆっくり見る時間もなく下山にかかる。
喉が痛い、声が出ない、頭も痛い。
マスクを掛けて、うがいもしているのに
・・・・・昼食は、ゴラクシェップで取ることに。
うどんを少しと巻寿司を一切れ食べた。
雪が降ってきたので休憩もそこそこで帰路につく。
ガレ場を歩いているのに、
足が上がらない。気力がない。
こんな所でころんで、足でも捻挫したら大変、
しっかりしなくては・・・・体が、重い、足が上がらない、
前の人達とは、どん、どん、離れていく。
幸いに、田淵さん(お兄ちゃん)と、一緒になった。
話をしようにも、声が出ない。
このままでは、日が暮れてしまう。
雪が凍って滑るかもしれない。
頑張らなくては・・・・・でも足が動かない。
疲れた。「ぁぁ・・・・・・」消え入りそう。
そんな時、生前父が言っていた言葉を、思い出した。
『ぎりぎりの、極限に立った時、
どの様に行動するかで、人間の価値が決まる。』
と・・・・そうだ、迷惑かけない様に頑張らなくては。
気持ちが有っても、足が・・・・
「お父さん、お母さん、お姉ちゃん、
“帰る力を、下さい”お願いします」
と何度も、繰り返しているうちに、リズムができて、
足が軽くなったような気がする。
一生懸命に歩いた。離れていた人達が、
休憩している所に追いついた。
ああ、追いついたうれしい。ほっとする。
「佐藤さん、速く来たなあ、田淵君が、まだだよ!」
石原さんが言った。
振り返ると、一緒にいた田淵さんが、
マイポーターと二人後ろの方にいる。
???どうにか、ロブチェに帰り着いた。
待っていてくださった人達が、
「荷物を、置いたら、お茶を」、
と言われたが、
「有難うございます。」
・・・・が、とりあえず、自分のテントの中へ入る。
急に涙が、こみ上げてきた。
苦しかったけど、行って帰れた。
「お父さん、お母さん、お姉ちゃんありがとう」
今頃になって、感動しているのか、涙が止まらない。
タンポチェで帰らないで、頑張って来て、良かった。
「大森さん、背中を押して下さり、有難う。
そして皆さん、有難う。」
心の中でお礼を言った。

翌朝は、雪であたりは、白くなっている。
登頂が、「今日でなくて良かったな」
誰か の声がする。
下りは、楽でした。4日間 かけて、ルクラに帰り着いた。
その日、 ネパールのスタッフのみんなで、
全員登頂 の祝杯を挙げる。
体調は良くないが、気 分は良い。
ネパールの人達が明るくて、 元気がよい、
ウッタム君も元気だ。
うれしい、皆さんに、感謝、感謝!



シェルパ達とのお別れ会で石原さんと歌った


11月11日
関西空港に到着、ほっとする。
下痢は、まだ止まらない。
何と6kgも痩せていたが、気分は、元気、元気。
大森さんに、無事帰ったこと、
タンポチェで勇気づけてもらったこと等、
お礼の電話をかけると、
ご一緒した皆さんも体調が悪く、
入院した人もいらっしゃる、と聞いてびっくりした。
未だに、誰にも、お見舞いの
電話もしていない自分を、恥じている。
特に、川西さんと田淵のお兄ちゃんには、
お世話になりっぱなしで・・・・・本当にごめんなさい。
“エベレスト・カラパタール登頂トレッキング”
今までにない数々の体験と、
人々との出会いに、感謝、感謝そして、
“ありがとう、ありがとう、ありがとう”



12人のメンバーの中、一番歩行が合った田淵のお兄ちゃん、
お世話になりました。



ルクラ出発時、ガイドのバイジャラさんを囲んでマイポーターと対面した。


※ トレッキング中は、“こんなに、しんどい思いは、もう、二度としたくない”
と、思っていたのに・・・・近頃、日々思い出すのは、
あの美しい星、月、白い山、澄みきった空気、青白い夜空は、
言葉では表現できない、幻想的な景色。本当に綺麗だった。
機会が有れば、
“もう一度、チャレンジしてみたい”と、
思うようになって来るのは、私だけでしょうか・・・・。
それほど、私にとっては、いろいろな意味で、
魅力のある、トレッキングでした。



<<戻る
<<HOME