20年ぶりのネパールを訪ねて

徳田耕一


我々岡山大学山岳会が、本格的海外遠征隊を出したのは、1975年でした。
その目標とした山が、当時未踏峰だったダウラギリX峰(7618m)でした。
そして無事初登頂に成功した。
この遠征は、岡山大学国際交流文化振興会の主催で
学術・登山が計画され山岳会が、登山に参加したものです。

その後1979年には、山岳会独自遠征として、
未踏峰ガネッシュヒマールU峰への遠征を実施し、初登頂に成功しました。
その時の登山隊長が、今回の事務局を担当してくれている大森君です。

1981年、岡山大学で地学を学んだ卒業生で組織している地学研究会で、
逸見理学部教授を総隊長、沼野教育学部教授を隊長に、
ネパールヒマラヤ巡検隊を組織し、37名がネパールの旅を楽しみました。
その時が私の初めてのネパールとの出会いです。
そのコースは、ポカラからヤンザ、スイケット、ノーダラ、ルムレ、
チャンドラコット、ビレッタンティーまでの往復でした。
総隊長、隊長とも故人となられましたが、
その遺徳をしのび、ご冥福を祈るためにも、今回のトレッキングに参加したのです。

20年を経て再び訪れたネパールの感想を思いつくままに記します。

まず、ネパール・カトマンズまでの経路ですが、
20年前は、大阪伊丹空港からマニラ経由バンコクで1泊、
ニューデリーで1泊し、カトマンズに入りました。
今は、関西空港から直行便です。
カトマンズ空港の施設も立派になっていました。

カトマンズの市街も綺麗になっていました。
道幅も広く舗装の道路も多くなっています。
しかし、バイクや自動車が多く、信号機の少ない街は歩きにくくなっていました。
街中の活気は、以前と同様活気があって、
益々都市に人が集まっているようです。

カトマンズからポカラへの移動は、
今回は国内航空を利用出来、1時間弱で移動できました。
以前は、バスで一日がかりの移動でした。
また、道路も山の中まで延びて、以前歩いた街道も立派な道路が出来てきて、
二日がかりで歩いたルムレまでも、1時間で移動出来ました。
今、この街道沿いの集落の人々の暮らしがどうなっているのか気になります。
チャンドラコットの20年前は、商店やホテルもあり、活気があったが、
今は道路から外れ、人通りも少なく寂れてしまっていました。

前回は、年末から年始の冬の旅でしたが、
その時見た石楠花の大木の花が見たくて、春の旅を希望しました。
しかし、標高1500mまでは、もう花の時期は終わり、
遅れ花がわずかにあるだけで残念!! 
それと毎日のように午後は雲がわき雷鳴が聞かれた。
シャウレバザールを過ぎたところでは、雹も降ってきた。
綺麗なマチャプチャレやアンナプルナサウスの姿も見えない。
それだけに、朝夕の晴れ間に見る山々は美しい。
前半石楠花に失望していたが、
標高2500mを超えるころから、だんだんと咲いていた。
しかし、20mもの大木で、花は上の方で、
林に入って見上げてもなかなか見えない。
だが、山の斜面が赤く見えるのが花だった。

ガンドルンやタダパニの風景は20年前の景色と変わらない(電気があることを除けば)。そこには、ビスタリ、ビスタリの暮らしがある。
今回の旅でのクライマックスは、やはりゴラパニ、
プーンヒルからのダウラギリとアンナプルナ山群のパノラマでした。
しっかり堪能させてもらいました。

ゴラパニでは、3回もヘリコプターがやって来た。
翌日プーンヒルに登ると、
そこには70歳代と思われる日本人パーティーに出会った。
ポカラからヘリコプターでやって来たことに唖然とした。

今回のメンバーは、男性3名、女性4名の7名いずれも60歳代、
しかもこのトレッキング中に誕生日を迎える者が2名いた。
その一人が私。
テント生活初日にバースディー・ケーキを作って祝ってくれた。
もう一人が、佐久間さん。
4月16日でしたが、
繰り上げてテント生活最後のヒレでのお別れパーティーと共に祝ってくれた。

サーダーは、遠征に予定しているアンプルパの息子パサン・キダル君24歳だ。
彼は、エベレスト4回、チョーユー3回、
マナスル、K2(いずれも8000m峰)にも行ったという。
シェルパとして17歳から遠征に参加している。
今回も、シェルパ、キッチンスタッフ、ポーターをよくまとめていた。

コック長は、ツェリン・タマン。
日本人好みの料理をよく作ってくれた。天ぷらは最高に美味しかった。

20年前のテント生活との違いは、トイレだった。
前回は、毎朝暗いうちに畑の陰で済ましたが、
今回はトイレテントが付いていた。

ネパールは、今、戒厳令下にあり政情に不安を抱えています。
カトマンズ空港でも軍隊が警備に当たっておりチェックも厳しい。
街中の銀行やホテルにもガードマンがついている。
国民生活水準も徐々に上がり、
インターネット等で世界の情報が自由な入るようになると、
古い王政からの脱皮が必要となって来るだろう。
これからネパールは維新を迎えることになるだろう。

ツァーリーダーの鹿田さんには、いろいろ気遣いをしてもらい
楽しいトレッキングが出来たことを感謝します。
ポカラでの湖畔の食事やカトマンズでの宮廷料理や
ショーを経験できたことは、大変楽しかった。
カトマンズに用意されていたダッフルバックも助かりました。

何よりも、予定通り、全員元気でトレッキングを終えることが出来たことがうれしい。



午後は毎日、天気が悪く山々は見えない。
ガンドルンで夕暮れ時、突然雲が切れ
マチャプチャレが姿を見せてくれた。



ガンドルンから1時間ほど登ったところに学校があった。
校庭に机を出して勉強している。



徳田隊長が用意してきた鉛筆、ノートを先生に贈呈した。



石楠花の大木の樹林帯で、現地人が薪を作っていた。
この林が永久に保存されることを祈る。



プーンヒルからのダウラギリとアンナプルナ山群のパノラマ。


<<戻る

<<HOME