登山便り



“山と蝶” 04山行記録
寄稿者: 藤田 信


今年は八ヶ岳に4回も行きました。

5/3 阿弥陀岳の御小屋尾根2,296mピークまで。(ヒメギフチョウ)

7/3 赤岳の進教寺尾根の牛首山(2,280m)。(ヒメシロチョウ)

7/24 硫黄岳(2,760m)。(タカネヒカゲ)

8/11 権現岳(2,715m)。(クモマベニヒカゲ)

です。いづれの山行も、
“山と蝶”をテーマにした写真撮影がてらです。
上記の(・・・・)は、そのとき期待したチョウの
名前(何れも高山蝶)です。
これぞと思った場所では、
チョウが良いポイントに止まってくれる
まで2〜3時間は粘ります。
ですから目的の山頂まで行けない時もあります。
今年は幸か不幸か8/11のクモマベニヒカゲ以外は、
目的のチョウは蝶影すらなく、
お陰でゆっくりと登れました。
写真は8/11の分が2枚と、8/16の大菩薩嶺(2,057m、ヤマキチョウ)1枚です。














その他の行は、
南ア・入笠山(1,955m)、湯の丸山(2,101m、浅間山の西10km)、
黒岳(1,988m)・破魔射場丸(ハマイバマルと読む、1,752m。
何れも大菩薩峠の南10km)
岡山に較べると、こちらは高い山が
近くて申し訳ないくらいです。
ちょっと登るにはとても便利です。
都内に限っても最高峰は、
雲取山(2,017mもある)です。
私の家(東京都三鷹市)からは
奥多摩の山(2,000m級が沢山在る)は勿論、
八ヶ岳にも近く、中央道経由・約2.5時間で
林道の最奥まで行けます。
2:00自宅出発20:00帰宅と言ったところです。
来年は小屋泊り2泊3日位で、
タカネヒカゲを狙って硫黄岳から横岳(2,829m)
更には赤岳(2,889m)まで行けるといいなあと思っています。


<<HOME