パミールをこえた体験記
パキスタンのフンザの体験記

発信者:日覚俊輔(にっかくとしすけ)MHF00276@nifty.com
1958年岡大山岳部に入部、64年医学部卒業

山を愛する諸兄へ、
登山ではありませんが、
パミールをこえる団体たびに参加し、
感銘をうけましたので、
以下に報告します

かって、三蔵法師が、仏典を求めて、こえたパミール
かって、マルコポーロ、交易を求め、こえたパミール



『パミールをこえた体験記
2004年09月』



中国のカシュガル・高度1300米は、
西域の中心、さまざまな顔がある、

バスは一路南へ、
まだ岩石の土漠が主で、山なみは見えない、
両側の防風林を切り倒して、
道路を2車線から、4車線に拡幅中、

約2時間はしり、山岳地帯へ、
ここで1回目の中国側のチックポスト
一人一人を確認して許可、

この付近は、快適な山岳観光道路に改修済、
岡山の鷲羽山の道路よりも快適、

谷間を抜けて、高原のガイズ湖へ、
濃青の空、青い湖面、砂山、雪山だああ、
これがパミールの始まりかと、
感嘆するが、物売りも多数

さらに約1時間走り、カラクリ湖・高度3600米、
ここまでは観光客も多数くる、
正面にムスダークアタ峰・高度7776米がそびえるが、
山容はおだやかで、富士山の印象だな、


ムスターグアタ


また1時間高原地帯を走って、
スバシ峠・高度3950米へ、
ここから下り約3時間で、
今日の宿、タシュクルガン・高度3200米に到着

結局、
カシュガルからタシュクルガン、414キロ、約12時間
翌日、
タシュクルガンから、国境をこえ、パキスタンのフンザへ

中国側のパミール地方は、
東西は100キロ、南北には20キロ
高度3500米〜4000米の岩石の荒れ地、
所々に草が生えてキルギス族の方が、
山羊、ひつじ、馬などを、放牧している風景
両側に、雪と氷河をいだいた、
5000米〜6000米の峰々が十数個、並んでいる、




現地の案内の方に聞くが、
無名峰とのこと
印象は、北側の山が、南よりやや高い印象、
未踏の山々だろうな

現実は、中国時間10時、
タシュクルガンの中国の出入国事務所出頭す、
掲示は10時開始の貼り紙、
10時30分に業務開始へ

体温測定、荷物のレ線検査、パスポートで人間確認、
遅々として進まず、
厳重審査と団体客と個人客を同列で審査。

ここまで来られた個人客はすごい、
4年かけて、自転車で世界一周中のフランスの女性
西チベット高原を、ヒッチハイクで突破してきた、日本男性など面々

やっと11時50分、同行18名の出国許可、
使用のマイクロバスに中国側の兵士がひとり同乗する、
バスは日本のニッサンコースタだが
しっかり走ってくれ、不安なし、

道路は1車線の簡易舗装の道路だが雪どけの土石流ためか、
到るところで、橋は破壊、
再建工事中なのでバスは、
両側の川原を時速約10キロでえんえんと走行、

残念なのは写真撮影は禁止、
高山病で少しぼんやりしたわが頭に、記憶するのみ

途中の草原で、持参の弁当でひるめし、
遊牧の方が遠巻きにみつめる
途中にはむろんトイレはなし、
天地の雄大さを実感しながら放尿する

途中に看板あり、右側の谷に入ると、
ミンタカ峠をこえてアフガンのワハン回廊へ、
これが歴史のパミールの街道、
しかし、今は外国人は通れません。

現在の中国パキスタンの国境はクンジュラブ峠、
標高は記載により、さまざまだか同行の方の高度計では、
4600米の表示

広い開けた斜面を、電光型に、バスは一気に登る、
写真でみた国境の表示の塔が左右に2本あり、
ここでは、みぞれが降り、残雪も残っている。


中国パキスタンの国境はクンジュラブ峠


国境の中国とパキスタンの表示を指でなぞり、
感激にふけるとパキスタンの方が、
記念撮影に招待してくれる、
サラームと挨拶する

国境監視のパキスタンの将校の方も招待してくれる
サンキュ、モアピースと英語ではなすと
両腕でだきしめてくれる、
いい思い出になる

今度は、南側パキスタンへ、
くだる下る、落ちるように、
右は落石帯の大斜面、
左はインダス川の支流・フンザ側の渓谷、
谷間に無名の名峰を見るが、
写真撮影の停止も拒否、


無名峰/フンザから

やっと安全地帯、
パキスタン側は写真撮影はOK、
ここはもう高度3900米、
呼吸が楽になった事を実感す

両側のすばらしい風景に感動す。
ここは国立公園、入門許可が必要です

そして、最奥の村・ススト3300米に到着、
荷物検査、人間検査して
晴れて、パキスタンへ入国、

さらに約3時間、
カラコルムハイウエーを下って、
パキスタンの時間で午後10時に、
アリアバードのホテル到着

結局、中国タシュクルガンから
パキスタンのフンザまで、約13時間だ

この旅は、
中国のカシュガルから、
タシュクルガン経由、
クンジュラブ峠をこえて、

フンザの旅は、
2008年北京のオリンピックの年がよいと思う、
その理由は、中国側の道路は、大改修をしている、
その時には快適な山岳観光道路になる予感がする、
行く価値のある旅と確信し推薦


発信者:日覚俊輔(にっかくとしすけ)MHF00276@nifty.com
1958年岡大山岳部に入部、64年医学部卒業、2000年医師引退
現在は、第二の人生を彷徨中、インタネットで、電子友人と対話楽しむ
ここまで、下手な長文を読んでいただいた、貴殿に感謝。敬具
/E


次へ>>

HOME





 山岳会では、OB諸兄の山行記録をお待ちしています。できる限りこのホームページに掲載していきたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。原稿、写真はホームページ管理人 上野までお送りください。 郵送される場合は、こちらから郵送先をご連絡しますので、郵送される場合は、下記アドレスまでご一報ください。
尚、自薦他薦は問いません。皆様からの寄稿をお待ちしてます。


ホームページ管理人 上野哲男
Email ouac1949@infoseek.jp 


<<HOME