山を愛する貴兄へ、
登山ではありませんが、
中国の西域から国境をこえて、
パキスタンのフンザへの団体たびに参加、
その体験記です


『パキスタンのフンザの体験記
2004年09月』


フンザの紹介、
パキスタンの北部の桃源郷、
長寿村などの伝承あり

フンザという村はなく、
これは地域の名称で、
丁度香川県のごとく

パキスタンの北部で、
千年以上も、続いた王国の、
地域の名称です

具体的には、
北から、街道にそって南に、ススト村、グルミット村
ガニッシュ、アリアバード、チャルトと、続いている、

その中心はアリアバードで、
おもなホテルはこの地区にあって、
高級なホテルから、低価格の木賃宿まで、
さまざまにあり観光の中心の地域です

地形は、インダス河の支流
フンザ川の西の段丘に広がり、人口3万

西には、ウルタル7388米、
東にはラカポシ7788米が聳える



左:ウルタルU峰/右:ウルタル主峰


ラカボシと氷河


空は濃青、氷河と雪の峰々、褐色の岩壁、
そして、氷河で灌漑した大麦畑と果樹園など、
スイス以上の風景、
期待以上で、大満足する


ラカボシと農村


そして、この地の人達はやさしい、
子供達は英語でむこうから話しかけてくる、
小学校から英語教育をしているのだ、

12才の生徒のノートをみせてもらったが、
きれいな文字、日本の高校レベルだな

驚いたのは、地元のガイドの方、
28才の男性、自宅を案内します

自宅は旧家で、19世紀の城砦が昔の家、
かれは村の名士の子孫だ

今の居住の家、居間に招待される、
とっても、美しい上品な奥様が
約十数名の子供さんと
挨拶にびっくりして、紅茶をいただていると
60代の日本婦人が現地の方の服装で挨拶、
50代始めに国際結婚して、当地に居住して、
いまは、この一族の保育園の園長の仕事を
しておられる様子、

なおガイドの方の子供さんは3人、
他の子供は一族の他の家族の子供さん達です。
外に出ると、背広にネクタイの紳士と
有力者風の方が多数おられ、
日本人の旅行者への感謝と歓迎の挨拶を
英語でゆっくり話される、
村の発展のため日本に期待する

もうひとつ伝えたい、
登山家長谷川恒夫さんが、
1991年にこのフンザの西側の
ウルタル峰7388米の登山中に雪崩で、遭難死亡

登山家の奥様・長谷川昌美さまが、
山麓に学校を建設し寄付される
現在も、長谷川学校として、
当地のエリート校、教育の内容も高く
約500人の生徒が、
小中高校の一貫教育を、
受けておられる現状

まことに、すばらい日本人、
それも女性とは、
驚きと感動しました


・個人で、この地を訪問するには、

関西空港からエミレーツ航空で
ドバイ経由、パキスタンのイスラマバード、
そして空路キルギット
キルギットから、陸路で約3時間でフンザ着、
7日位滞在して如何
そして、1日約8千円、
運転手つきのジープをチャータできる様子

対岸のヒスパー村へ行き、
その奥のヒスパー氷河の探訪、
街道の奥バツラー氷河の探訪など、
7千米峰を見ながら、ジープの旅は素敵だろうなと、
次回の夢を、あたためています。

読んでいただき感謝

発信者:日覚俊輔(にっかくとしすけ)MHF00276@nifty.com
1958年岡大山岳部に入部、64年医学部卒業、2000年引退
現在は、第二の人生を彷徨中、インタネットで電子友人と対話楽む
/E


<<戻る

HOME



 山岳会では、OB諸兄の山行記録をお待ちしています。できる限りこのホームページに掲載していきたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。原稿、写真はホームページ管理人 上野までお送りください。 郵送される場合は、こちらから郵送先をご連絡しますので、郵送される場合は、下記アドレスまでご一報ください。
尚、自薦他薦は問いません。皆様からの寄稿をお待ちしてます。


ホームページ管理人 上野哲男
Email ouac1949@infoseek.jp 


<<HOME